2009年 02月 24日
Joe CubaとPin~on
2/15にJoe Cubaが亡くなった。Cubaなんて芸名つけてたけど、NY生まれのプエルトリカン、本名ヒルベルト・ミゲル・カルデロン。

b0015362_16201299.jpg
もともとジョー・パナマっていうパナマ人のバンドにいて、リーダーの引退で、そのバンド名を受け継ぎ、キューバ人のプロモーターの意向で「ジョー・クーバ」に改名したカルデロン。

音はちっともクーバなんかじゃなくて、ビブラフォン入れて、R&Bのノリで、そしてプエルトリカンらしいセンティミエントで、ブガルーの世界に突き進んだ。コンガ叩けば音はでっかいし、おしゃべりで、サービス精神たっぷりで、酒飲みで、食いしん坊でと、人間的でボリクアな人だった。


彼の"El Pito"、"Bang bang"などのブガルーのナンバーは「ラテン」ってことを意識しないで耳にしたのが最初だった気がします。

英語の曲だと思ってたような。NYで彼が大人気になったのは、やはりあの英語又は英語交じりの歌詞の曲、そのリズムとロマンチックな(時にエッチな)歌、そしてビブラフォンのサンド。

「ジョー・クーバの音って、なんかニューヨークのあこがれみたいなもんだったよな」と、60年代に小学生だったプエルトリカンの友人が話してくれたことがある。マンボのビッグ・バンドとは明らかに違う、小編成のかっこよさもあったって。

b0015362_16212815.jpg
YouTubeでJoe Cuba Sextet"Bang Bang"を見る。オリジナル・メンバーの再開のTV番組



b0015362_1622416.jpg
Joe Cubaって、ブガルー時代の大活躍の後、ファニア全盛の時代にはなんだか割食った感じがするけど、彼のヒットはNYであろうと、PRであろうとしっかり聴かれてた。例えば、1962年のアルバム"Steppin' Out"からのヒットの一つ"Cachondea"。

”~Como que te cachondea vagabundo, como que te cachondea~”

YouTubeでJoe Cuba Sextet"Cachondea"を聴く。ジョー・クーバの映像は無し


この曲、チェオ・フェリシアーノの作品だけあって、同じアルバム中の曲に比べ、NYのビルの光より、街角の不良っぽさが前に出てる。

そう、マルビン・サンティアゴが好きな人はピンと来るかも。
マルビンの大ヒット、1979年の"Fuego a la Jicotea"のソネオにはこの"Cachondea"のフレーズが織り込まれている。

"como que te cachondea jicotea, como que te cachondea viene a verla~"

b0015362_16232685.jpg
YouTubeでMarvin Santiago"Fuego a la Jicotea"を聴く。


マルビンは当時まだ15才。プエルトリコ/サンファンのサントゥルセからネメシオ・カナレスのカセリオに引っ越してワルガキだったころ。

→マルビンを知らない人はこちらをどうぞ。

◆マルビン・サンティアゴ逝く
◆ラティーナ誌に書いた記事1
◆ラティーナ誌に書いた記事2

◆◆◆

b0015362_16244344.jpg
ジョー・クーバの悲報を知って、彼の作品を聴き直している中で1976年の"Cocinando la Salsa"に手が止まった。

くいしんぼなプエルトリカンに相応しいタイトルだけど、「じゃ今回は俺がサルサを材料に料理してやるか」という気持ちも感じる作品。


そうだ、彼の追悼に、週末はプエルトリコ料理を作ろう。
丁度、2週間前に入手したプラタノがいい具合に熟している。
ということでピニョン(Pin~on)を作りました。

◆◆◆


b0015362_16252524.jpg
1. プラタノは外は黄色く/黒く変わり、中は熟してやわらかめ、甘酸っぱくなったもの、つまり熟したものを用意。皮をむき、縦に4枚程度に切ります。厚さは、お好みよって薄くも厚くもどっちでもあり。









b0015362_1626483.jpg
2. サラダ油、またはラードで揚げます。軽く色づいて火が通ったらOK。引き揚げて油を切り、耐熱の容器に敷きます。










b0015362_16264436.jpg
3. 1、2と用意しながらにフィリングを作ります。牛ひき肉(好みにより合挽きも可)500gをフライパンで塩少々を振りつつ、ソフリートまたはレカイート、アチョーテ、オレガノなどの調味料を加え、軽く炒め、ピーマン(緑、赤)、玉ねぎ、シラントロ、ゆでいんげん等をみじん切りにしたものを入れて合わせ炒めます。オリーブ(タネ抜き&赤ピーマン詰めのグリーン・オリーブ)を入れる人も多い。今回は入れました。






b0015362_16271630.jpg
また、かたゆでたまごのみじん切りやレーズンやケイパーを入れる人もいます。ハムのさいの目切りを入れる人もいます。キューバ料理の"ピカディージョ"っぽい作り方でもOK。(って、説明になってないか。ピカディージョ、分かる人も限られるかもねぇ・・・。ティト・プエンテも曲にしてるぐらいなんですが)







b0015362_16281025.jpg
4. 2. の上に卵4個をよく泡立てたものを半分かぶせ、3のフィリングをのせ、プラタノをのせ、またフィリングをのせ、またプラタノを乗せて、最後に残りの卵をかけます。卵はつなぎです。









これをオーブンで焼きます。プラタノの上にチーズを乗せる人もいます。これは伝統的ではないけど、ラザニア風にして出すレストランもあり。モッアレラならほとんどプラタノの風味の邪魔をしないからいいでしょう。今回は乗せてみました。

b0015362_16292235.jpg
5. 容器にアルミ・フォイルをかぶせ、オーブンを180°Cくらいに設定して25分程度熱して出来上がり。








◆◆◆

b0015362_16295447.jpg
さていただきます。付け合わせにPollo asadoのサラダも用意しました。
あー、まずまずの出来だわ。プラタノの熟し具合も大変よろしい。








b0015362_16305759.jpg
BGMはジョーの"WANTED DEAD OR ALIVE"をかけました。

60年代初めわ、マンボをカッコよく思わなくなったNYのプエルトリカンの若いにーちゃん、ネーチャン、R&Bやカル・ジェイダーっぽいラテン・ジャズもかっこいいじゃないかと思ったにーちゃん、ねーちゃん。そんな彼らの大きな支持を受けたブガルー。

ブガルーはラテンがアメリカの音に進んでいった音。同時並行してブームになったチャランガ/パチャンガ。こっちはマンボからキューバに少しもどった感じ。


でもそのあと、音はどちらにも進まなかった。というか、また両方から揺り戻した上で、NYの、そしてNYプエルトリカンの本国たるプエルトリコにあった、コルティーホやグランコンボ、オリベンシアなどの音から発展する形で音が進んでいった。

そして、そこにはカリブの混ぜご飯的な周辺の音、例えばメレンゲやカリプソ、クンビアですらちりばめられていた。そんな混ぜご飯を一つのお皿にまとめたものがサルサ。だから、サルサはNYのレストランで出来たわけでもない。NYにはレストランが多かったし、NY風サルサの料理本は世界に売れたけど。

そんなわけで「80年代、NYでサルサは下火になり中心はプエルトリコに移った」、とかいう書き方があるけど、これもちょっと違う気が。
80年代にはプエルトリコはプエルトリコで、コロンビアはコロンビアで、ベネズエラはベネズエラで、ペルーはペルーで、それまでの地元バンドの積み重なりがあって特徴のあるサルサが生まれている。そんなサルサは各々の場所で暮らす人々の心に響く歌詞をもっている「歌」でもあるってとこも、とても大切。


だからサルサはいろんなものが交じり合って美味しくなったソースなのだ。

◆◆◆

b0015362_18144461.jpg
ジョー・クーバが大人気の頃、ブガルーを、パチャンガを、コルティーホのボンバを、プレーナを、R&Bを、ロックを聴きながら、週末のホーム・パーティーでプエルトリコ料理を食って楽しんでいただろう、NYやプエルトリコの若者たち。


そのころのピニョンは、伝統とは違うけどモッツアレラ・チーズが乗った新しい味だったんだろうか?
[PR]

by mofongo | 2009-02-24 22:15 | Musica/SALSA


<< ジォバニ・イダルゴ その(1)      Mofongoを食べる >>