2009年 09月 28日
エディー・パルミエリ@Blue Note(2)
((1)より続く)

b0015362_251780.jpg
◆2009. 9.26 SAT. <2nd> さて公演最後のステージは”SUJETATE LA LENGUA"でスタート。全員スーツでびしっと決めてます。
ルケスのソロに客席はクラーベで加わる。ベースのトゥンバオのビートをキープしながらメロディーにチャレンンジして行くようなソロ。マエストロに敬意を表すかのようなオルタード下降スケール、シンコペーション。Eminence製のアップライト・ベース、良い感じ。そしてモントゥーノに突入、トロンボーンのモーニャが吠える。






b0015362_2513980.jpg
2曲目の"LAZARO Y SU MICROFONO"は1曲目の熱気を少し冷ますような、リラックス感。ホセーがベーシックなリズム・キープに混ぜる小技が楽しい。カレンのフルート・パートからパルミエリのパートへ。トレスのワヘーオが前に出てくると色が変わる。リラックスしたパルミエリのソロ。モントゥーノに入る。トロンボーンのモーニャが立ち上がり、カレンが時に切り込み、ジョニーが大きなアクセントをつける。全員が少しずつの厚くしてゆったり感を崩さず盛り上げてゆく、波のような感覚がとても気持ちいい。そしてエルマンのグィロを刻むスタイルがもう、なんというかダンディーなのです。
いやー、やっぱチャチャチャは良いなあ。







b0015362_252126.jpg
次はドライブ感のあって好きな曲"AJIACO CALIENTE"。パチャンガで踊るとよさそう。エディーのソロは最初は手堅く始めきっちり盛り上げカレンへ手渡す。曲の途中にアクシデント。

マラカスをカッコ良く振ってエルマンの腕時計のベルトが突然切れた

しかし、ダンディーなエルマンはすばやく残った腕時計を外し、スーツの胸のポケット・チーフをさっと広げ包み、スーツの内ポケへ。このしぐさがまずカッコイイ。

そして、床に落ちたベルトの一部の場所をを、マラカスを振り、コロをつけながら、ながらすばやくチェック。これがまたエレガント。

そして、部品を見つけるとマラカスを床に置き、すばやく部品を拾って、そして、内ポケより時計の包みをとりだし、部品とともに別のポケットへ。これがまたカッコイイ。

そして最後に手元に残ったハンカチをおもむろにスクエア・フォールドに畳み、悠然と胸ポケットへ差し、形を整えてから、ソネオに入った。なんという素晴らしいエレガンス。やはりNYの男は違いました。

b0015362_2561361.jpg
さて、エルマンのアクシデントに全く関係なく、曲は盛り上がる。ジミーのトロンボーンが強力!マイミクさんのペアが踊りだす。

そして"MUN~ECA"へ。このステージのハイライトはここでのパーカッション隊のソロから始まり、次の"JAPON-GO"までの流れ。

まずネルソンのソロが弾け、オルランドのカンパナがしっかり支えるなか、ジョニーとホセーのバトルが始まる。わお!ジョニーの緊張感たっぷりのつっかけにホセーのオケンドを思わせる重量感のあるフレーズがカウンターを喰らわせる。トロンボーン隊も思わず気合い入り、クリスのソロが熱い。カレンも突っ込み全体がヒートアップ。各々いやー、昨日のパルミエリ対ネルソンも良かったけど、今夜のこれもすごい。やはりダンスに立ち上がるペアが。自分もうずうず。フィニッシュでは観客はスタンディング。

そして"JAPONGO"へ。パルミエリは他の日のように曲の説明は長くせず、すぐ曲に入る。前の曲の熱気を冷まさないようにって感じ。前々日、パルミエリ楽屋で「自分はラテン・ジャズだろうとサルサのフォーマットだろうと、バイラブレなバンドにすることがとても好きなんだ」って話してくれたけど、まさにそんな彼らしい進行。

b0015362_2572183.jpg
モントゥーノに入りエディーのワヘーオがドライブする。客席で立ち上がる人が。ジョニーが切り込んでくる。あやー、自分も踊りたくなった。どうする。ふと左方向をみると友人のIさんがスタンディング。これは!と恥も外聞もなくお相手をお願いして快く受けていただきました。
彼女のお友達は、エディー・ジュニアと踊る。エディーの後ろまで出て行って、彼のワヘーオが響く中で踊る贅沢。ホセがやはり重いフレーズで腰に響く、会場は揺れる。終わった後のスタンディングがすごかった。

最後の"COMPARSA"。ジョニーは気合い入ってました。お約束の「アタマ・パーカッション」をなかなか出さず、ひたすらプレー。会場は大いに沸く。そして曲に戻り、エルマンが煽る煽る、あのネルソンもパルミエリもにこにこ。
クールなエルマンがあんだけ客をいじって、ヒートアップさせるのはなんだかうれしい。この速い曲の長丁場でもリズムは全くだれず疾走し、トロンボーンが咆哮。お客もアンコールは不要の大満足。

良い夜でした。


(セットリストに続く)
[PR]

by mofongo | 2009-09-28 02:51 | Musica/SALSA


<< エディー・パルミエリ@Blue...      エディー・パルミエリ@Blue... >>