2010年 03月 28日
ミシェル・カミーロ&チューチョ・バルデス@Bluenote 10.3.25
言わずもがな、二人ともうまい・速い・ラテンという冠が良く付くアーティスト。今まで別々に何度も聴いて来た二人が一緒にやると異なる個性がどう出てくるのか、技術の上にある二人の個性をもっとはっきり聴きたいなぁ、なんて所を楽しみにしていた。

b0015362_1263360.jpg
ブルーノート初日のセカンド。席はチューチョの背中が良く見える所。

ゆるりと始められたマイナーな一曲目。 "La Comparsa"だ。 1912年、エルネスト・レクオーナが弱冠17歳の時の作品『Danzas Afro-Cubanas』の中の一曲。チューチョの作品でも"En El Teatro Colon"や"Calle 54"でも取り上げられている。

テーマのモチーフがラヴェルの様に、そしてドビュッシーの様に展開されたあと、左手はレクオーナの演奏そのままのダンソン風のパターンが奏でられテーマに入る。かなり頭を食って入ったので、既にワインで酔っ払い気味のアタマが一挙に緊張した。









b0015362_1275450.jpg
長調に展開するテーマは古き良きキューバの香りがして好きなメロディー。

カミーロもぴったりつけてくる。そしてテーマが1周したあとは、カミーロがジャージなメロを出し、チューチョがすぐ追っつけて展開。リチャード・ティーを連想するようなリズミックなパターンからすぐ、クラシカルなフレーズに引き戻し、高音域からの逆落とし。カミーロが下からチェイスをかける・・・と言った具合。楽しんでいる風。しっとりとレクオーナに敬意を表すようなテーマに戻るという緩急自在のプレーのスタートだった。




二曲目はバラード。かわいらしいメロディーとロマンチックなコード進行、そしてそこを時に高速で駆け抜ける。あ、なんだっけ?この曲。えーと、あ"El Dia Que Me Quieras"だ。レクオーナやガルデルと言ったラテンの先輩へのレスペクトを感じる選曲。二人はひたすら素直でキュートな音を重ねる。

そして高速なリズムパターンに不穏なメロディーが乗る。なんだ?あ、"Caravan"だ。出たぞ早弾きの応酬。ファン・ティソールの書いたこの曲の前半はモード的で自由度が高い素材。二人は好きにぐるぐるかき混ぜて遊ぶ。

途中からハーフテンポに落としてスウィングに、そして元に戻したり、ファンキーなベース・パターンと遊んだり。
そんな早弾きアドリブを聴く楽しみは、2人の間がフッと空く一瞬。お互いに瞬時に反応し次のパターンを突っ込んで行くから。思わず耳が開く。盛り上がりの中でカミーロは速度とジャズ・イデオムで走った一方、チューチョがやわらかでクラシカルなラインを選んだ瞬間があった。こういう違いが楽しい。

b0015362_129247.jpg
次はスローな哀感のある曲。カミーロのソロか。えーと、この曲は聞いたことあるぞ。たしか彼のブルーノートのライブに入ってたオリジナルだ。("Twilight Glow")。



静かに終わったソロのあと、アップテンポのマイナーなインプロからスタート。この進行はおなじみ"枯葉"だ。2人ともまっとうなソロが続く。片方がウオーキング・ベースをカバーしたりコードでドラム・フィル的な突っ込みしたり、と受け渡しが続く。

フレーズやリズムのイデオムには特段ラテンなものはないし、大きくアウトしてゆくこともない。だけど執拗な畳みかけやタッチの中に生まれる波みたいなものこそが彼らの一流のラテンだよなあ、とか思う。




b0015362_130457.jpg
そしてディジー・ガレスピーのブルース"Birks Works"。ちょっとモンクを思わせる重ね方。ブルージーに進むかと思えばワン・コーラース全部同音のトリルで通すような圧迫のチューチョ。サンドバルの高速ハイノートでの正確なタンギングでのロング・フレーズを連想してしまう。そんな時カミーロは邪魔しないけど個性的なバッキングで対応。面白い。


この後あたりからよく曲順を覚えていない。ワインも手伝って音の中で良い気持ちになって来た。
チューチョのソロもあり(スタンダード風のコード進行だが曲目思いつかず)、高速ブルー・ボッサあり。

高速ブルーボッサは枯葉と同傾向のからみ。でも進行がもっとシンプルなだけに、フレーズにリズムの遊びが増える。ハーフテンポに落として、モントゥーノのフィールをちらつかせてくれたり。


ここでラザロ・リベロ(b)、ホァン・カルロス・ロハス(ds)、ジャロルディ・アブレウ(conga)が加わる。

マイルスの"Solar"だ。早いジャズ/ラテン・フィールで走る。リベーロのソロではドラムがルンバ・クラーベを入れてくる。
ジャロルディーそしてロハスのソロ、受け渡しは楽しい。会場はとても盛り上がった。お客さんは満足。

b0015362_1314317.jpg
最後は二人でBesame Mucho。これはひたすら落ち着いた熱情。しっとりと結びました。

◆◆◆

終演後、友人たちと「すごかったね」と話しながら、それは何なのか考える。それは高速でのインタープレイの迫力とか面白さ、見事さ自体よりも、それを緩めた時にふっと出てくる個性、チューチョのセルバンテスからレクオーナにつながるようなキューバの香り、そしてカミーロの硬質なジャージーさとラテンの甘みの溶け合いみないなものに思えた。

それは結局二人の個性の違いの部分より、ジャズのイデオムをたっぷり使いつつ"スウィング"とは縁の遠い彼らの音楽の共通点、ラテンであることを一番楽しんだ気がします。



酔っぱらって帰る頭にラ・コンパルサのメロディが回ってた。
[PR]

by mofongo | 2010-03-28 01:18 | Musica


<< ペーニャ・ハラナ/アフロ・クリ...      新刊『中南米の音楽---歌・踊... >>