2011年 03月 18日
プエルトリコの友人の励まし
地震のニュースが世界に流れ、色々なところの友人から心配や励ましのメールをもらった。


プエルトリコからが一番多い。2年前トゥナ(Tuna)というスペイン伝統の形式のバンド(Estudiantinaとも言う)でやってきたTunamericaのメンバーも何人もいた。

2年前の来日

その内の1人、フェリックスが3枚の写真をFBに乗せてくれた。
b0015362_12404351.jpg


彼の庭に咲いたマグノリア(木蓮)の花の写真。

b0015362_12405910.jpg


木蓮は中国原産の木だが、海外では"Japanese Magnolia"として日本産のものと言われることも多い。

そしてれらの写真にはメッセージが付いていた。

b0015362_12411785.jpg


「最初の2枚の写真は日本で地震が起こった日にたまたま撮っていた。そして今日もう一枚撮ったんだ。

マグノリアが伸びる青い空は僕が2年前に良い友人たちと出会った国が早く元気になってくれる前奏曲だと信じている。」



そうしたら、同じTunamericaのギターのホセ・ダビが写真を見て詩を寄せてくれた。それもデシマ(韻を踏んだ10行詩)で。


"Cielo de Magnolio"(マグノリアの空)

Gris tristeza en el fondo veo
en un plano tridimensional
y se pierde en lo espacial
melancólico deseo.
Mas, al frente cual trofeo

el rosa y blanco se juntan
es sus ramas se despuntan
flores que abiertas al cielo
al triste gris dan consuelo
en ramas que a Dios apuntan.

上手く訳せないが、
多分ニュースで見た光景に
多くの命が失われた事に深い悲しみを覚え

そしてマグノリアのピンクと白の花が
空に向かって開かれたように咲く様子に
灰色の悲しみに安らぎを与える気持ちを
言葉にしたのだと思う。


デシマの詩はクアトロをバックにヒバロな音で歌うか
パンデレータを叩きプレーナで歌うかされる事が多い。

ホセ・ダビは"Tuno Panderetero"ってあだ名があるプレーナの好きなやつ。

パンデレータを叩きながらステップ踏んで歌うべきなのかもしれない。

それはプレーナ野郎らしい励ましなのかも。
ちょっとじわっとなった。
[PR]

by mofongo | 2011-03-18 12:41 | Cosas/出来事


<< ラロ・ロドリゲスとラ・ビトローラ      本日3/12(土)15:30-... >>