「ほっ」と。キャンペーン
2011年 09月 26日
『音楽夜噺/プエルトリコの音楽を聴く』報告
予定通り無事終了しました。お忙しい中ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!
b0015362_14396.jpg


→幸いこんな感じでたくさんの方が来てくださいました(スタッフの方のTweet)
http://twitpic.com/6pnzq7


しかし友人が言ったように一杯やってから始めればよかったかも。ちょっと固かったし、詰め込み過ぎだった気もします。

写真と画像埋め込んだパワポとDVD用のPCと、CDプレーヤーをコントロールしつつ、おしゃべりするので、ちょっくらパニくってました。四谷・いーぐるでイベントやる時は音源は自分で操作しないで良いのでずいぶん楽なのだと実感。

内容は6部構成で

1. Puerto Rican Trad/伝統の音楽
Danza、Jibaro、Bomba、Plena

2. 歌の系譜-Bolero
Hernandez/FloresからTrio など。

3. Salsa : '50〜'60年代
Cortijoや Olivenciaなど「サルサ」というラベルができる前にすでに島で音が作られていたあたりを。

4. Salsa : ’70年代〜
FaniaなどNYの音と島の音、そしてロマンチカ

5. Hip Hop, Reggaeton
'70年代後半のHip Hop誕生とプエルトリカンから'90年代中盤レゲトンの音の誕生と「レゲトン」ラベルが貼られるまで

6. Pop, Rock, Jazz〜現在
美男美女勢揃いのPOPS、カリブ・アメリカンなロック、ラテン・ジャズとは一味違う現代の語法のジャズ、そして新世代な歌やリズムの混じり合いなど。

但し時間がなくて飛ばした所も多かった。持って行ったクアトロやパンデレータも演りたかったのだけれど。でも2次会でみな巻き込んでプレーナやったからまあいいか。
[PR]

by mofongo | 2011-09-26 01:03 | Musica


<< Copa Salvo vs M...      【イベントのお知らせ】9/24... >>