2005年 08月 09日
フランキーの夏
8月のはじめになるとフランキー・ルイスが死んでしまったことを思い出します。7年経ちました。
あの日も暑い日でした。そのニュースはまずラジオであっという間に広がり、間髪置かずローカルのテレビ局もニュースで流しました。FMのサルサ局セタ93とサルソウルは一日中フランキーでした。

b0015362_15201476.jpg
サルサ・ファンなら未だに彼の曲がフロアの定番なのは耳で知っていると思います。
最近ではレゲトンのスター達が、自分の好きな、自分に影響を残したアーティストとしてフランキーの名前を挙げているのを見た人もいると思います。

サルサ・ロマンティカの時代に色んな歌い手がいたのに、どうして彼は特別なのか?
どうして、レゲトン世代ですらも彼が好きなのか?
最後はドラッグで体はぼろぼろで、歌ってもヘロヘロで、死んじゃう訳ですが、どうしてそんな人生に共感する人たちがいるのか?
b0015362_1521390.jpg

やっぱり彼の歌の魅力でしょうか。サルサの形式に依存しない「歌」として成り立っている彼の歌の力。そしてフロアが彼の曲で一気に華やかにり、思わずセンターに出て行きたくなるような高揚感。例えばトミー・ビジャリニのブラス・アレンジが一番映えるような、明るさと切なさ。
b0015362_15203824.jpg

彼のかっこよさや素直な笑顔、かっこ悪さや弱さ。弱さもっている普通のストリートの人である彼と、そんなややこしい現実を忘れさせてくれる歌。

フランキーが好きな方、彼の魅力はなんなんでしょうね?
[PR]

by mofongo | 2005-08-09 22:18 | Musica/SALSA


<< ソフリート      ドミンゴ・キニョネス >>