2005年 08月 16日
ソフリート
ああ、あつい、あつい、あつい、あつい。暑い日が続くとどうしてもプエルトリコ飯が食いたくなりますよね。(ん、俺だけか?)

ということで、簡単プエルトリコ飯です。ネタはソフリート。これだけあれば、プエルトリコの香り漂います。

昼飯がよかろうということで、ソフリートを作り、トマトスープに混ぜ白飯にぶっかけます。白飯はオリーブ油と塩を入れて炊きます。水はやや少なめに。
おかずは安いペチューガ(胸肉)にアドボをかけてソテーし、シラントロを最後に振ります。

◆◆◆

b0015362_17544496.jpg
ああ、プエルトリコ!さすがソフリートです。これなくして、プエルトリコはない!エル・グラン・コンボのようなものです。

「~♪ソフリート、ママ♪~」
そうです。この曲を聴いていて、食べたくなったわけです。今回はモンゴ・サンタマリアではありません。トニー・タッチの「ザ・レゲトニー・アルバム」です。

メダージャはさすがにないので、日本のビールで我慢します。ベランダに椅子を持ち出し、まぶしい反射光の中、日陰に陣取って、FM93.7 セタ93のテープをかけます。昼の番組を録音したやつ。ああ、「Rueda」がかかったわ、次はトニー・ベガの「Dicen」だ。いやー、休みは最高だなあ。「ポガン・サルサ、ポガン・サールサ♪」と。ああ、Que rico con mucho sabor!

【レシピ】
b0015362_17425094.gif(左はCilantro、下はCulantro)

シラントロ(コリアンダー)3束、クラントロ(レカオ)の葉っぱ3枚、小ぶりのたまねぎ1、にんにく3カケ、アチョーテ:小サジ2、スイート・ピーマン(アヒエス・ドゥルセ)1、トマト1。

日本で作る場合は、クラントロはゴヤの瓶詰めで代用。アチョーテも同じくゴヤで。スイート・ピーマンは普通のピーマンで代用。

b0015362_17431113.jpg

アチョーテ以外の材料は本当はピロンという木製のすり鉢的なものでつぶすか、刻むのだけど、めんどうなのでフード・プロセッサーで一挙にペースト的に細かくする。そしてフライパンにオリーブ油を小さじ2入れ、アチョーテを入れてちょっと熱する。材料を入れいためる。これで出来上がり。超簡易版。
[PR]

by mofongo | 2005-08-16 14:41 | Cocina/料理


<< SALSA切手      フランキーの夏 >>