2005年 12月 31日
漫遊記:プエルトリコ捕獲CD(3)
“MODESTO CEPEDA Y LOS PATRIARCAS DE LA BOMBA”
b0015362_23504186.jpg
モデストの新譜というより故ラファエル・セペーダ翁の昔の録音を(多分70年代)からマスターを起こしたもの。これは貴重でかつ、強力!これがボンバだよ!10年くらい前に”Roble Mayor”のタイトルで同様の作品が発表された後、倉庫に眠る貴重な音源をモデストやヘスースがなんとか世に出そうとしていたけど、資金とかの面でなかなか実現しなかった。

この作品はラファエル翁のボーカルに子供達、モデスト、カルロス、ヘスース、マリオ、ロベルト、故オルランド、故チチートなどが集まってラファエル翁の作品を演奏する。ラファエル翁の作品のすばらしさ、ボンバ(ユバ、パウレ、クエンベ、シカ、オランデ)の多様なリズムが楽しめます。CD聴きながら思わずボンバ踊ってしまう!ボンバ・ファンはぜひ!


“DE AYER A HOY-RAICES ESENCIALES”/ グルーポ・エセンシア
b0015362_23511622.jpg
こちらは今のボンバとプレーナ。グルーポ・エセンシアの2枚目です。アンヘル・”パポテ”・アルバラードが率いるこのユニット、管にトロンボーン4本、パンデレータ3人を擁し迷いの無いサウンドを聴かせてくれます。

トロンボーンにはジミー・ボッシュが参加、コロにはルイシート・カリオンとラモン・ロドリゲス(!)も加わってます。ウイリー・ソテーロがバックアップするこの作品、キレの良いトロンボーンと疾走感&重量感は最高。プレーナ・ファンはぜひ。


“PUERTO RICO LATIN JAZZ MOODS”
b0015362_2352150.jpg
ウンベルト・ラミレス(Tp)がとりまとめるこの作品、今のプエルトリコのジャズ・ミュージシャンをたっぷり楽しめます。プエルトリカンのラテン・ジャズはアフロ=キューバンにならない。そこが魅力。と、言いつつ、プエルトリコに住んでるミュージシャンが中心だけどプエルトリコ系だけじゃない。(例えば7曲目のミゲル・マタモロスの名曲”Lagrimas Negras”は強力なヤン・カルロス(キューバ系)のピアノ、ラモン・バスケスのベース(キューバ系。私のお師匠さん)アレックス・アクーニャのドラムス(ペルー系)。色んな組合わせの10曲。

メンツは:
ドラムス:Alex Acun~a、Tal Bergman、Antonio Sanchez、Tito De Garcia、Raul Maldonado
コンガ:Javier Oquendo、Michito Sanchez、Wilito Lopez、William Thompson
ティンバレス:Raul Rosario、marc Quin~ones、Tito De Garcia、Charlie Sierra、
ボンゴ:Gadwin Vargas、Tito De Garcia、
ベース:Martin Santiago、Oskar Cartaya、John Benitez、Pedro Perez、Ramon Vazquez、Eddie Gomez (!)
ピアノ:Richard Trinidad、Nich Smith、Angel David Mattos、Manolo Navarro、Edsel Gomez、Yan Carlos Artime、Walter Bishop
サックス:Frankie Perez、Justo Almario、Manuel Pelayo
トロンボーン:Danny Fuentes、Arturo Velasco、Gamalier Gonzalez、Jorge Diaz
トランペット:Humberto Ramirez、Jose Quinones Jr.、Julito Alvarado
ボーカル:josue Rosado (!)、Lucy Fabery


“VAMOS DE PRARRANDA”/ビクトリア・サナブリア
b0015362_2352212.jpg
ヒバロ音楽の華といえばこのビクトリア・サナブリア。サンタ・ロサとビクトル・マヌエルのところで書いたけど、ヒバロの歌は即興が身上。CDの裏側には”全て録音時の即興”って書いてある。すごいね。こういう即興能力は一期一会の集中力の中でしか育たない。

ビクトリアの作品に混じっての曲が3曲。うれしいですね。プレーナの曲では達人ティト・マトスがパンデレータ(レキント)で参加。
[PR]

by mofongo | 2005-12-31 22:55 | Musica


<< 漫遊記:プエルトリコ捕獲CD(4)      漫遊記:プエルトリコ捕獲CD(2) >>