2005年 12月 31日
漫遊記:プエルトリコ捕獲CD(5)
【復刻盤】古いとこで、CDで欲しかったのをゲットしました。

“TUMBARON LA VEINTIUNA”/ オルケスタ・クチョン(Orq. De Cuchon)
b0015362_03369.jpg
Veintinuna (21)とは サントゥルセのバス停Parada 21あたりの事。ここはコルティーホ、シルビア・レサーチ、Pleneros de la 21とかが出ている様に、サントウルセの中でも音楽が濃かった場所。

プレーナ、ボンバのプエルトリコの音がしっかり、こってり、ゆったりとしみついた所から出てきたオルケスタ。リーダーのクチョン・ニュネスはトロンボーン奏者。ロベルト・ロエナのアポロサウンドのメンバー。名盤だなあ。歌い手のJosé (Piliche) Elicierの下町なまりが最高。



“PRESENTANDO /オルケスタ・ハドック
“THE ENTERTAINER 2”/ ルビー・ハドック
“PASAPORTE MUSICAL”/ ルビー・ハドック

b0015362_035244.jpg
b0015362_041657.jpg
b0015362_062424.jpg








ルビー・ハドック、素晴らしい!”Presentando”はがさがさした中に甘さがあって、エレクトリックなキーボードのサウンド、かなりユニークなセルヒオ・カリーニョの歌。
“Entertainer 2”はヨランダ・リベラ、ペドロ・アロージョ、アンドレス・レジェスのフロント。華やかな音がいいわぁ。キレがあって。ストリングスもブラコンみたいなのもかっこいい!
いずれにしてもプエルトリコの音ですばらしい。


“EL NIN~O, EL HOMBRE, EL SON~ADOR, EL LOCO”/ ラロ・ロドリゲス
b0015362_04515.jpg
やっと聴く事ができました。ルイス・ガルシア以下のアレンジやストリングスがすごい。ボンバやプレーナをこう扱うかという点にびっくり。しかし、これをクコ・ペーニャとサンタ・ロサの品の良い音にしなかったのは、ラロの若さの勢い。そして全曲ウバルド・”ラロ”・ロドリゲスの作詞・作曲というのに驚き!うーん、そしてこの作品をコルティーホに捧げるという謝辞。うーん、なんかすごい作品だ。もう何回も聴きこんでみないと謎が解けないぞ。


“TIENE CALIDAD (VOLUMEN 2)”/ コンフント・リブレ
b0015362_051477.jpg
77年の作品。これもLPで探してたけどなかなか遭遇しなかった盤。
いやー、いいなあ。テンポ・アローマールのボーカル、バリー・ロジャース、エド・バーン、レイナルド・ホルヘ、ジェリー・ロジャース、パポ・バスケスの分厚いトロンボーン。
マイルスの”Tune Up”もトロンボーンとロニー・キューバ-のバリトンによる下のほうが厚いテーマやリフが迫力。若きネストール・トレスのフルートもミルトン・カルドナとジェリー・ゴンサレスのコンガもガガガガって感じで元気いっぱい。


“PA’ LOS MAESTROS”/ へスース・セペーダ & グルーポ・ムシカル・ABC
b0015362_052951.jpg
これもLPで探してた盤。ボンバの故ラファエル・セペーダ翁の三男、ヘスースのグループ、GRUPO MUSICA ABCがコルティーホ、、ラファエル翁、イスマエル・リベラに捧げた作品。プレーナ、ボンバです。(ワワンコー/グァラチャもあるけど)イスマエル・リベラ・Jr.の歌はいいなあ。


次はポップス、ロック、レゲエとレゲトン
[PR]

by mofongo | 2005-12-31 23:58 | Musica


<< ローリング・ストーンズはエル・...      漫遊記:プエルトリコ捕獲CD(4) >>