2006年 02月 19日
旅日記:マイアミ(1)
シカゴ乗り継ぎでマイアミへ。シカゴは零下10度、空港の外でタバコ一服したらさすがに寒い。

一方マイアミに着いたら外は26度の陽気。週末の便は観光客で満席だったけど、フロリダを目指す気持ちはよくわかる。

宿はサウスビーチ。空港近くのホテルが全然取れなかったのだ。タクシーをつかまえる。ドライバーは若い美女。気さくに話し掛けてくれる。ん、ちょっとなまりがあるな、どこの出身だ?

「マイアミは観光で?」
「仕事なんですよ。」
「ボートショウ?」


b0015362_195735.jpg
そうか、だからホテル一杯だったわけね。マイアミ最大のクルーザーやヨットの展示会。全世界から人と船が集まる。そんな仕事もいいなあ。

助手席にCDが。男女のデュオ。誰だ?

「よかったら、そのCDかけてくれませんか?」
「?あなたセウ・ジョルジュ好きなの?」

あ、ブラジル人かあ。

b0015362_1955161.jpg
アナ・カロリーナとセウ・ジョルジのライブ盤。ぜーんぜん知らなかったけど、ブラジルで大ヒットなんだって。二人とも声がすごくよくて力強くてシンプル。"E ISSO AI"って曲が気に入った。

さっそくどこかで捕獲しよう。VANESSA DA MATAっていうのもいいよって教えてもらった。

それから音楽の話やサッカー(ジーコ)の話で盛り上がり、宿に到着。今回は良い旅になるのか?

◆◆◆

b0015362_196242.jpg
ホテルは一つ星クラスだけど快適。コーヒー買ってきて部屋にこもる。仕事の仕込みと資料読み。

ラジオは地元のラテン局に合わせる。






・・・いかん全然集中できん。選曲良すぎ

ああ、こんな事で飯の時間までにどのくらい進むのか?

なんという試練だ。(ラジオ消せよ)

(続く)
[PR]

by mofongo | 2006-02-19 13:01 | Viaje/漫遊記


<< 旅日記:マイアミ(2) カジェ...      2月後半から後に島に行くサルサ... >>