2006年 02月 20日
旅日記:マイアミ(2) カジェ・オチョ
なんだか日が落ちてきた。夕飯を食いに行く。

b0015362_1812177.gif
近くのバス停からS線でとりあえずOMNIまで行く。
マイアミはダウンタウンを中心にMETROMOVERっていう自動運転の無料モノレールが走っている。
若干夕日の照り返しのあるビルの間をくねくね縫って行き、なんか未来マンガみたいで好きなのだ。

途中で乗り換えてEIGHTH STREET駅へ。8番通り、つまりカジェ・オチョ(Calle 8)だ。泣く子もだまる亡命キューバン・コミュニティーの代表として名高い、別名「リトル・ハバナ」

と、言っても駅はBRICKELL公園の近くなのでまだ遠い。8番のウインチェスター行きのバスに乗る。地元ラティーノばかりで、とても心地よい。
今日はカジェ・オチョ定番のキューバン・レストラン、"VERSAILLES CUBAN CAFE"へ行くのだ。

b0015362_18124187.jpg
どうしてここにしたかと言うと、昔、今福龍太さん(今は東京外大の先生)が紹介した亡命キューバ詩人、グスタボ・ペレス・フィルマ「バイリンガル・ブルース」という作品に出てきたからだ。今まで外から見るだけで入ったことがなかったし。

そして、このレストラン、一説によるとキューバ革命時にマイアミに逃げてきた亡命キューバン(今はもう高年齢化)の憩いの場であるという。もともと味に定評のある店だから週末の夜はきっとホワイト・キューバンの渋いじいさん、ばあさまが家族できてるんじゃないかと期待。

◆◆◆


やっぱ込んでるよ。ちょっと待って席に案内される。ねらい通りじいさん、ばあさんが多い。娘や孫をつれているグループも。ま、キューバ料理のファミレスだ。

注文はキューバ定食。(クレオール定食というのもあった。)
モヒートを頼んで料理を待つ。

◆◆◆


b0015362_18132840.jpg
どーん。
非常にオーソドックスな組み合わせ。白飯、フリホーレス・ネグロス(黒豆のスープ)、タマル・デ・マイス(とうもろこしのタマル)、ユカ・コン・モホ(ガーリック味のユカ芋)、プラタノ・マドゥーロ(甘いプラタノ・ソテー)、マサ・デ・プエルコ(ロースト・ポーク)、ピカディージョ(牛ひき肉)、クロケタ・デ・ハモン(ハム・コロッケ)

いや、かなりの量だ。味も絶妙!幸福充満。


あー、食った食った。
コーヒーを頼んで周りのじいちゃん、ばあちゃんや家族連れの顔をながめて、ぼーっと考える。

b0015362_18142479.jpg
日本でキューバの話っていうと、とにかく島の話がメイン。貧しくても素晴らしい音楽、とか。もちろんそれはOKで、自分もそんなキューバの体験がある。

一方で亡命したキューバンの話は、「横暴なアメリカにいじめられるキューバを一緒になっていじめてる」くらいのイメージしか持たれてない気がする。いや、日本じゃ話にも出ないって感じだよなあ。なんでかなあ。

プエルトリコなら島の話と同時にアメリカに渡った人たちの話は必須で、ニューヨークで暮らす”ニューヨリカン”の事は音楽であれ文学であれはずす訳にはいかないし、興味ももつ。ドミニカの場合だって、ニューヨーク、ワシントン・ハイツのいわゆる”ドミニカン・ヨーク”の話は必ず出てくるのに、キューバは島至上主義って感じか?

このカジェ・オチョでじいちゃん、ばあちゃんの顔見てると、NYのエル・バリオの食堂でじいちゃん、ばあちゃんの顔見てるのと同じ思いが湧き出る。

時が流れる事、光と影の同居するのが当然なこの世の事、望郷の事・・・、あたりまえの事ばかりだけど、どこにも無批判なパラダイスなんかなくて、同時にそれでも、それを飲み込んだ上にパラダイスはあるって感覚。旅につきものの平凡なセンチミエントだけどね。

そうだ、今晩はあそこに行くことしよう、と決めて店を出た。

◆◆◆


あまりに腹がいっぱいなので、移動する前にバス停の椅子に座ってまったりする。

b0015362_181450100.jpg
横をみるとおっさんが座ってる。

おっさん「バス、待ってんのか?」
モ「はあ、来ますかね」
お「?日本人?」
モ「はい」
お「ほら、なんつったっけ、オルケスタ」
モ「(お、定番のネタ振り、出たぞ。デラルスは偉大だ)デ・ラ・ルスですか?」
お「そうそう、ほらあの歌い手、なんつったけ?」
モ「ノラです」
お「それそれ。でも、解散したとか聞いたけど残念やのう」
モ「いえいえ、ついに復活しました」
も「ホント?!そらよかったねえ」

てな会話してる内にバスが来た。数ブロックだけど乗って行こか。

(続く)
[PR]

by mofongo | 2006-02-20 18:00 | Viaje/漫遊記


<< ボンバ      旅日記:マイアミ(1) >>