2006年 03月 08日
漫遊記:サン・ペドロ・スラ/ホンジュラス
ホンジュラス、サン・ペドロ・スーラ着。もう夜。入国審査、時間かかるなあ。

b0015362_18542522.jpg
タクシーを捕まえて宿へ。ラジオをかけてもらう。お、クンビア。
ホンジュラスは中米の真中あたりの国。首都のテグシガルパは山の間にありますが、このサン・ペドロ・スーラはカリブ海に近い側。カリブ海に面したセイバには有名なカーニバルもあったりして。

というわけで中米のいわゆるマヤ文化圏ですが、メキシコのカンクンやコスメルなどと同様、カリブの気分のあるところ。

だからクンビアの次にサルサがかかっても実にはまる。皆の顔つきはやはり中米系の顔が多いのだけどね、キャラはちょっとレイドバックしててとてもいい。(と勝手に考える)

◆◆◆


さて、翌日は朝からしっかりお客回り。ここの客はきついんだ。ガーガーやりあって、昼飯へ。カリブ側ならではのシーフード。市内の”LINDA MAR"というお店。

「じゃ、サン・ペドロ・スーラ名物で行こうかねー。(ウエイターに)セニョール、いつものやつ。こちらの日本のお客さまにグラスを。俺にはダブルで頼む」

お、昼から早速地酒かよ?ラムかな?そういえば、ニカラグアで作ってる『FLOR DE CAN~A』はホンジュラスにも工場があったはず。
きっとフロール・デ・カーニャの年代物だろうなあ。こっちを酔っ払わせて午後の交渉を有利に運ぼうってことか。やれやれ・・・。

ウエイター「どうぞ」
モフォ「(お、小さめのグラスに半分ぐらい入ってるな)グラシアス」
「でね、これにこのウスターソースを入れるのよ」
モフォ「(ラムにウスターソース???)はあ、こんな感じ?」
「もうちょっと入れて。そうそう。で、次はこのライムを絞ってね。たっぷりと」
モフォ「はいはい」
「OK。で、口の中でつぶして、味わってから、一気に飲めばいいんだよ(ごくり)。ね」
モフォ「????。口の中でつぶして???これラムじゃないの?」
「はぁ?あ、言ってなかったっけ?たまごだよ、ウ・ミ・ガ・メのたまご

b0015362_18525817.jpg
小さなグラスに琥珀色に見えたのはラムじゃなくてたまごの黄身の色だった。というか白身がほとんどないので分からなかったのだ。

言われた通りに飲むと、にわとりの卵と全然味が違う。なんとも形容しがたい、生まれて初めての味。でもライムとソースのコンビネーションがぴったりでうまい。

モフォ「うーん、なかなかうまいね。」
「だろ?ウエーター、お代わり!」

うみがめの卵はピンポンだまのような感じだがシェルはもっと薄い。しかし、こんなん食べていいんかなあ。いやいや、これは地元の文化。郷にいれば郷に従い楽むのだ。(一応、レストランのメニューにのせていい種類のカメの卵だとことだったけど、はたして?)

「これは精がつくんだよ。今晩踊りにいこう。ばっちりだ」(何が??)

b0015362_18521290.jpg
次に出てきたのは、貝のサラダ。小さなムール貝のようなオレンジの貝の剥き身にピーマンのみじん切りを加え、ライムをたっぷりしぼって食べる。新鮮!うまい。

そしてメインはえびのボイル・ガーリックたっぷり風味。おお、これは実にうまい。

地元のビール、Port Royal Exportがどんどん空いて行く。ああ、こんなことでいいのか・・・。

b0015362_18534890.jpg
◆◆◆


さて、午後の交渉である。やばい、酔っている・・・。

しかし、交渉は大変スムーズに進んだ。相手も酔っているのある。そのまま、彼の子供の話、新築する家の話などに移行し、あっと言う間に6時となった。

◆◆◆


b0015362_18583427.jpg
「あー、モフォンゴさん。今日はこれくらいにしましょう。」とPCをオフすると、おもむろにデスクの横にあるミニ・バーに向かう客。
「何が良い?今日はとてもいい話が出来たし、乾杯だね」
で酒盛りとなった。スタンディングでお客はウイスキーを、こちらはフロール・デ・カーニャを。うーん、これはうまい。

9時頃までオフィスでこのまま飲み続け場所を変えることになった。食事のできるクラブへ。踊れるフロアもある。
しかし、こちらもあちらもベロベロである・・・・・・・。

フロアでは音楽はMIX。いわゆるスパニッシュ・ポップ、ブラック・コンテンポラリーもあればクンビア、ノルテーニョ、サルサ、メレンゲ、レゲトンもあり。

b0015362_1911690.jpg
しかし、日記を書こうとして思い出そうとするのだが、ぜんぜん細かい事が思い出せない。このお客、ネルソン君が引っ張ってきた、ラテン美女2名とバカ話の連続だった事、フロアでドン・オマールとヒルベルト・サンタ・ロサとシャキーラがかかった事、クラブにあったピアノでネルソンとENYAの曲を弾いたことなど、断片的に記憶あり・・・。

気が付いたらいつの間にか宿の入り口に立っていて、そこまで送ってくれた彼の車に手を振っていた。あの美女が助手席にいるぞ。ああ、いい一日だった。酔っ払ったよ。もう2時かあ・・・。寝るか。ふわー。

ん?まてよ・・・・。明日はエルサルバドルへ移動だった。朝7時の便。おい、逆算すると4時起きだぁ・・・・・・。厳しい旅は続く。
[PR]

by mofongo | 2006-03-08 22:40 | Viaje/漫遊記


<< 旅行記:マイアミ - グアテマラ      旅日記:マイアミ(3)・カジェ... >>