2006年 11月 29日
旅日記・トリニダッド06.11
マイアミからトリニダ行き。飛行機の中はトリニ英語満載で西語の頭から切り替え。

夜9:00着。タクシー30分ほどぶっとばすと、右手にラバンティールの灯が見えてくる。ポート・オブ・スペインの超庶民の住むところでヤバイことも多いが、音楽でもとても濃いところ。デスペラードスのパン・ヤードもここ。デストラもここ出身。

さてサン・フェルナンドとポート・オブ・スペインを往復してひたすらお仕事。

その中でお客とのライミングと食い物と音楽が唯一の(唯三の?)楽しみ。

b0015362_16313545.jpg
お客とのライム(おしゃべり)は英語圏はちょっとラテン親父とはノリが違う。
サン・フェルナンドじゃ、いつも行くJenny’s Wok。店のつくりもトリニ親父たちの飲み様もイギリスのパブのムード。くっだらない話し、クリケットの話しから政治の話しまで。サン・フェルナンドのトリニ弁はポート・オブ・スペインよりやわらかい感じがする。フェルナンデス黒ラベルのラムがうまい。





◆◆◆

今回捕獲CDは4枚

まず狙ってたのはマチェル・モンタノウィンチェスターの夏ごろ出た新譜。特にマチェル、好きなんです。

マチェル・モンタノは5歳からソカやってる芸暦の長く人気絶大なアーティスト。さすがにうまいし、サービス精神満載のツボを心得た曲が多い。

b0015362_1615155.jpg
この”B.O.D.Y.”(“Band Of D Year”)は良いですねー。色々やってくれてるしさすがです。

1曲目"Scandal"はグイグイくるSoca。とにかくかっこいいです。
2曲目は"Band Of D Year"は2006年のRoad Marchの受賞曲。
3曲目には注目!このヒット曲"Dance With You"Reggaetonバージョンなのです。Socaの強いビートとリズム・パターンはレゲトンと親近性あり。だからMix盤としてじゃなくて、トリニダッド側がレゲトンを、プエルトリコ側がソカを取り上げたオリジナルの曲が前から聴きたかったのです。

レゲトンに欠かせないプエルトリコ特有の”泣き”は一切無く、といってダンスホールのジャマイカの匂いとも違う。トリニダッドの匂い。

などなど聴き所満載の盤です。

b0015362_1616367.jpg
Shurwayne Winchesterの新作 “Evolution”International Soca Monarch受賞の”Can’t Wait”、Groovy Soca Monarch受賞の”Don’t Stop”を含む盤でこれまた楽しめます。”Dead or Alive”のリミックスも入ってるし、ビデオもおまけに入ってるし、カリプソ・ローズ大先生とのデュエット、”Tempo”も収録。Soca MonarchをShurwayneにさらわれたBunjiとMachelとの”Move With Us”などこちらも聴き所満載。


b0015362_16162644.jpg
◆3枚目はおなじみSOCAのコンピレ”Soca Gold”シリーズの2006年版
Roy Cape & Rita Jones、Nadia Baston、Mista Vybe、Faye Ann Lyons、Iwar George、Kevin Lyttleなどなど。ソカもほんと色々で楽しい。





b0015362_1619662.jpg
◆最後は”The Best of 3Canal”
彼らの1997から2004間でのベスト盤。でも4曲新曲も入ってます(と言っても2004年時点の、ですが)。3枚組でたっぷり楽しめる。1が”Festival”、2が”Experimental”、3が”Visual”でDVDとなってます。お得。もともと舞台俳優だったというメンバー、ポップでかっこいい彼らをじっくり楽しみたいと思います。

◆◆◆

◆さて、食べ物。WoodbrookeのWood Ford Caféです。ここは夜は若い子向きのクラブですが、昼間はランチ(定食)が食べられます。

b0015362_1632143.jpg
まず飲みものはMauby。これはMaubyという木の皮を香辛料と煮出して砂糖で甘くしたもの。トリニ及びグレナダとか英語圏南カリブの定番のひとつ。砂糖なしだとビターですが、冷やして飲むとさっぱりしていい感じ。スーパーなどでシナモンスティック、バニラ・スティックのような感じで売ってます。最近は濃縮還元のボトルもありで手軽に(手抜きに)なってます。







b0015362_16205780.jpg
そして何は無くともカラルー。酸味がいい感じでおいしかった。これぞ、地元の味。









b0015362_1620366.jpg
メインはオックステールのシチューにオクラ・ライス
これがまた大変うまかった。テール料理にしろ、足の料理にしろ、昔は貧乏人、古くは奴隷が食べていた部位ですが、最近では安くないみたいですね。






◆そして、締めはダブルス

b0015362_1622144.jpg
またも帰りの空港です。この日は朝早い便だったのでまだ暗くて、オヤジも店を開いたばかり。しかし、開店一番だからロティがまだフレッシュでうまいんだ。焼きたてパンみたいなもんですね。











b0015362_16223129.jpg
チャナの出来具合もバッチリで大満足。
[PR]

by mofongo | 2006-11-29 16:22 | Viaje/漫遊記


<< 旅日記・ドミニカ 06.11      旅日記・エルサルバドル 06.... >>