2007年 02月 14日
エル・グラン・コンボ中南米ツアー/ パナマのカーニバルへ
b0015362_1910079.jpg
エル・グラン・コンボ、この道45年。

以前も書きましたが、ローリング・ストーンズと同じ年に結成。残念ながらキースが倒れた為、演奏活動は中止のストーンズですが、エル・グラン・コンボはまたも来週からツアーに出ます。

ミックやキースは1943年生まれの65才だけど、グランコンボのリーダー、ラファエル・イティエールは1926年生まれの82才なのだ。なんと元気なブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの故ルベン・ゴンサレスも長生きだったが、ラテン・ピアノは健康に良いのか?

b0015362_1911509.jpg
しかし、ドン・ラファエル、記者会見で「1月はたっぷり休ませてもらったから、今年の仕事に向けてバッテリーは充電たっぷりよ。」って、働く気まんまんですね。

ツアーのタイトルはずばり「45周年記念」。まず、エクアドルのキトとグァヤキル、翌週はコロンビアのカリとバランキージャ。そう、今週から来週はカーニバル・シーズンです。そして週末はパナマのカーニバルに出演。パナマのカーニバルもエネルギーがすごいからなあ、是非行きたいもんだ。

◆◆◆


しかし、今年のパナマのカーニバルは特にすごいです。

b0015362_19123791.jpg
プエルトリコ勢がたっぷり呼ばれてます。まずオープニングの今週金曜日はトランシスミカの大通りでリッチー・レイとボビー・クルース(Richie Ray & Bobby Cruz)。さすがですね、パナマとかコロンビアは彼らのサウンドの支持は強い!

そして最終日はエル・グラン・コンボ。その他の日にはヒルベルト・サンタ・ロサ(Gilberto Santa Rosa), ボビー・バレンティン(Bobby Valentin), ヨランダ・リベラ(Yolandita Rivera), ソノーラ・ポンセーニャ (Sonora Poncena)、イスマエル・ミランダ(Ismael Miranda)、 ロベルト・ロエナ(Roberto Roena)、チェオ・フェリシアーノ(Cheo Feliciano)と豪華。

レゲトンでもテゴ・カルデロン(Tego Calderon)、ティト・エル・バンビーノ(Tito el Bambino)、ウィシン&ヤンデル (Wisin y Yandel)、そしてドン・オマール(Don Omar)。

プエルトリコ勢だけじゃない。パナマはキューバとも縁が深いところ。だからキューバからも オルケスタ・アラゴン(Aragon)、ロス・バン・バン(Los Van Van) 、ロス・ソネーロス・デル・アポロ (Los Soneros del Apollo)が参加。

b0015362_9545433.jpg
もちろん、パナマの地元勢のサルサ、レゲトン、レゲエ、フォルクローレなども見所たっぷり。最近パナマで売り出しほレゲエ・アーティスト"ジャパニーズ"(Japanese)君なんかもね。(←左の写真)


◆◆◆

b0015362_19131576.jpg
こんなメンツを呼ぶとは、パナマも観光に気合あいってるなぁ、と思ったあなたはスルドイです。観光客増を狙う例のパナマの観光大臣の顔がちらつきますね。そうですルベン・ブレイズ(Ruben Blades)。言うまでもないサルサ・ファンならご存知!のあのルベンです。

左の写真が観光大臣としてのオフィシャルな顔。右がサルセーロとしての顔。でもここ1年以上歌ってない。真面目に仕事してるって、エル・サルバドルの観光大臣が教えてくれました。

b0015362_1913406.jpg
パナマは昨年は経済好調で今年も明るいムード。カーニバルで加速をつけてがんばってもらいたいですね。
[PR]

by mofongo | 2007-02-14 23:08 | Musica/SALSA


<< カリブでワールドカップ      今年のサルサ国民の日 >>