2007年 03月 06日
マイアミ/セリア・クルース自伝 "Mi Vida"
マイアミで乗り換え。

いつもの様に本屋を物色。いつもの通りRolling Stone、ビジネス誌、In Touch、US、People、People en Espan~olと本を一冊買いこんで、キューバン・カフェの"La Carreta"で昼飯。ピカディージョとアロス・ブランコにユカをつけてもらう。

b0015362_10274837.jpg
本は前から欲しかったセリア・クルースの自伝" Mi Vida"ペドロ・ナイトが亡くなって、やはりこの自伝をしっかり読みたくなったのです。

折りしもPeople En Espano~lにはペドロの追悼記事が。セリアと寄り添う写真が一杯。セリアの笑顔がほんと幸せそうなものばかり。やっぱあのセリアの歌は、ペドロとの生活があってのものだったんだろうなぁ、とい自伝を読み進む。

b0015362_10284559.gif
まだ飛ばし読みだけど、キューバの少女時代、マタンセーラ加入前後の話、60年代中盤からファニアへの時代とどこも面白い。

しかし、'90年のキューバ・グアンタナモ米軍基地への慰問公演の時の部分は3ページ半の短い記載だけどジンと来ます。公演で"Canto a Habana"を歌ったこと、キューバ側の土を袋につめて持ち帰ったこと、そして帰りの飛行機の中の事。話はこんな風に締めくくられています。

「私たちはその夜基地から発ちました。でも1960年にキューバを離れたときのように飛行機の窓から外は見ませんでした。

ただ一つ思うことが出来た事は、キューバにいつの日か、神から授かったこの人生を楽しむことのできる自由な一人の女性として戻るということでした。

飛行機の中でずっとペドロは手を握っててくれました。そこから彼が自分と同じ事を思っていることが分かりました」



b0015362_10291317.jpg
人間は歴史や時代と言った人間自身が作った枠の中で生きて行くのだけど、同時に一人の人間としての自由と責任で歴史や時代を飛び越えて行くんですね。セリアの声はそんなパワーとやさしさがありました。

そしてやはりそれは、ペドロという人生を分かち合う人がいた事が大きな支えとなってたんですね。
[PR]

by mofongo | 2007-03-06 10:29 | Viaje/漫遊記


<< Mi Swing es Tro...      カリブでワールドカップ >>