2007年 06月 08日
世界少年野球大会・プエルトリコ大会
b0015362_19545542.gif
だんだん暑くなって、野球シーズンですね。球場でひいきのチームを応援しながら飲むビールは最高です。

もちろんプロ野球や大リーグでの日本選手の活躍をTVで見ながら盛り上がるのも良し、そして夏休みは高校野球で地元のチームの勝敗に一喜一憂したり、第二のハンカチ王子を探すのもいいかも。

今年の夏は野球のもう一つ大きなイベントが、それもプエルトリコで開かれます。第18回世界少年野球大会・プエルトリコ大会(7月29日~8月6日)です。

b0015362_19552491.jpg
この世界少年野球大会、世界少年野球推進財団(WCBF)が旗振り役。あの王貞治、現ソフトバンク監督とアメリカのハンク・アーロンという日米のホームラン王が野球を通して世界の子供たちが交流することを目的にスタートしたイベント。

1990年、第一回のロス・アンゼルス大会を皮切りに、日本では千葉、水戸、宮崎、岐阜、盛岡、長崎、静岡、横浜、金沢、田辺、山口、淡路島、群馬、北海道で開催、海外でもサンディエゴやカナダのレジーナで開催され、なんと今年は、プエルトリコ!

今年は日米のほか、カナダ、フランスなど14カ国、計140名が参加。日本からも各地から選ばれた精鋭20名が参加します。

b0015362_1956083.jpg
なにせ野球の盛んなプエルトリコ、未来の大リーガーとなるかもしれない地元の野球少年たちも楽しみにしてるでしょう。

日本から参加の少年・少女たちも、これを機会に大リーグで活躍する日本人選手だけでなく、プエルトリコ出身のイバン・ロドリゲスなどなども一緒に応援してくれるとうれしいですね。

→プエルトリコの野球情報はこちら(日本語)
[PR]

by mofongo | 2007-06-08 04:53 | Cosas/出来事


<< 第24回 サルサ国民の日 (2...      前回の旅の記憶(1) バルバドス >>