2007年 07月 21日
@ホンジュラス 07.7 (2) お客めぐりと食べたもの
食うか音楽かしか能がない旅。いつもの記録です。(→パート1より)

◆◆◆


ホンジュラスは山あり海ありの国で、カリブ海側のサンゴ礁の美しさったらすごくてダイビング好きには最高。シーフードもうまい。これは前々回、たっぷりいただきました

b0015362_23382729.jpgそして山には牧畜もあり。という事で、牛、豚、鶏のピンチョス(串焼き)を食いに行った。場所はテグシガルパ市内のカジュアルな名店"El Patio"。だだっ広いお店も、地元勢の家族連れなどで大変にぎわってる。

まず中南米の定番フリホーレスとチーズをならべてナッチョで料理を待つ。





b0015362_2339121.jpg

このフリホーレス(豆のペースト)、各国で好みが微妙に異なる。グアテマラがダーク・カラーだとすると、ホンジュラスは赤みが強い気がする。それから、チーズはホンジュラスならではの塩味の強さあり。モッツアレラ系。





b0015362_23393148.jpg
そして、皆でシェアするプレートには、これまた定番のプラタノのソテー、ユカ・ボールのフライ、コーン系パステリート、アボカド・ペースト乗せなどなど。







b0015362_23395744.jpg
さて、ピンチョ。大変巨大な量で食べるのに苦労しました。写真は牛(res)と鶏(pollo)。





b0015362_23533683.jpg
当然ビールがぐびぐび。写真は地元の誇る3銘柄。Salva Vida, Baren, Imperial。いいすねSalva Vida (人生の救い)と言う名前。

さて、腹一杯になったので、仕事にもどる。テグシガルパ近郊のSanta LuciaからValle de Angleへ向かう。


◆◆◆

b0015362_23411923.jpg
快適な道路が山肌を縫います。ホンジュラスの国の木、El Pino/パイン(松)並木の間のドライブは素晴らしい。

Valle de Angeles(天使たちの丘)という優しい名前の付いた村の中心には中南米おなじみの教会に面した広場があり、村役場へ商談へ。

観光地でもある広場には人々が憩い、普通の人の普通の生活がある。

◆◆◆

b0015362_093564.jpg
翌日はバスでサン・ペドロ・スーラまで移動。
ボルボ製の立派なバスでDVDも見られる。冷房完備、トイレ付、飲み物とスナックも出る。普通の小型バスの倍くらいだが、納得。






b0015362_23421050.jpg

トム・クルーズのミッション・インポッシブル3をやってた。

見ていた隣のおっさんが

「なんでグリンゴ(アメリカ人)は殺しあうのが好きなんだ?」

そうだよなあ・・・・。




b0015362_0115746.jpg
とは言いつつ、ホンジュスも完璧に平和なわけでもない。ガテマラやエルサル同様、麻薬問題や若者のギャング団「マラス」の問題もある。
丁度この日は鉱山労働者が労働環境の悪化につながる法律改正に反対して、サンタバルバラでデモと道路封鎖。おかげでサンペドロ・スーラへの道は一時ブロックされてしまったのだった。




b0015362_23423986.jpg
後で新聞を見たら軍隊も出動しもめたみたいだけど、バスの横を通り過ぎる彼ら兵士の兄ちゃんたちの顔見てると、彼らの平和を祈るばかり。








◆◆◆

b0015362_23473120.jpg
のどかな丘陵地帯を抜け、ヨホア湖の脇を通り、2時間遅れでサンペドロ・スーラ到着。

ここのお客は厳しい。商談のあと5時から飲み始め歌もでる。お客はシナトラ系のジャズが好きなのでカラオケではシナトラ、サミー・デイビス、・Jr.、メルトーメ、ハリー・コニック・Jrなどを歌って盛り上がった。音楽はありがたいよ。ジャズやって良かったよ。




b0015362_02266.jpg
ウイスキー1本あけて、11時にレストランへ。そこで食べて飲んで、最後はテキーラのショット2回(だったと思うがよく覚えていない・・・)。


宿に帰りベッドに倒れこむ。時計は3時近く。

明日の飛行機に乗れるんだろうか・・・・、と思いつつ記憶が切れた。


(→Part 3へ)
[PR]

by mofongo | 2007-07-21 23:43 | Viaje/漫遊記


<< @ホンジュラス 07.7 (3...      @ホンジュラス 07.7 (1) >>