2007年 08月 11日
マリオ・リベラ亡くなる
b0015362_21103444.jpg
また一人、ラテンの音を支えたマエストロが・・・。
マンボ、ラテン・ジャズ、サルサ、ジャズなどNYラテンの音を支えたサックス奏者マリオ・リベラ (Mario Rivera)が昨日8月10日の早朝ニューヨークのセント・ビンセンツ病院で息を引き取ったとの事。ガンだったそうです。

マリオ・リベラは1939年7月22日、ドミニカ共和国のサント・ドミンゴ生まれ。
1961年、22才の時にニューヨークにやって来て、まずジョー・バジェ(Joe Valle)のオルケスタで働く。ジョーはNYとプエルトリコおよびカリブ圏で人気抜群だった歌手でボレロと共にビッグバンド・スタイルのプレーナで有名。


b0015362_2111681.jpg
b0015362_2111269.jpg
b0015362_21135917.jpg
b0015362_2112684.jpg


その後1963年から1965年にティト・ロドリゲス(Tito Rodriguez)のオルケスタで、次いでマチート楽団(The Machito Orchestra)、ソニー・スティット(Sonny Stitt)、チャーリー・パルミエリ(Charlie Palmieri)、エディー・パルミエリ(Eddie (Palmieri)、ティピカ73(Tipica 73)、ジョージ・コールマン(The George Coleman)、ディジー・ガレスピーのUNオーケストラ(Dizzy
Gillespie's United Nation Orchestra)、スライド・ハンプトン(Slide Hampton's
Jazz Masters)、ジオバニ・イダルゴ(Giovanni Hidalgo)、
チコ・オ・ファリル(Chico O'Farll's Orchestra) そしてもちろんティト・プエンテ(Tito Puente's
Orchestra、Latin Jazz Ensemble) ・・・・

b0015362_21163614.gif
b0015362_21165132.jpg
b0015362_2117826.gif
b0015362_21172495.jpg


もうちょっと名前をあげるだけでもあっという間にこれだけ思い浮かぶくらいの引っ張りだこの活躍。その合間のレコーディングへの参加も数知れず。

80年代にはサルサ・リフュージーズ(Salsa Refugees)という自分のグループも率いていました。これはトロンボーンのSteve Turreとの双頭の9人編成のバンド。マリオはサックスとフリューゲル・ホーンというさすがマルチ奏者。
b0015362_21182660.jpg
b0015362_21184976.jpg
b0015362_211986.jpg
b0015362_21193339.jpg


マリオはソプラノからバリトンまでのマルチ・サックス奏者だっただけでなく、フルート、ピッコロ、トランペット、ダンボーラ、からコンガ、ティンバレス、ドラム、ピアノ、バイブとなんでもありだった。

彼のソロアルバム(多分唯一)は1996年の"El Commandante"。自らが「司令官」となって好きな音を作ったアルバムはラテンからジャズまで色々な音が詰っている。
b0015362_21201393.jpg
b0015362_21223127.jpg
b0015362_21224525.gif
b0015362_2123283.jpg


マリオは今年に入ってからガンによって体調が思わしく無く、6/5にはNY/44丁目ののバードランドでミュージシャンが彼の為のチャリティー・コンサートを開いた。

Arturo O’Farrillが声をかけたものだが、パキート・デ・リベラ、ウイントン・マルサリス、ジョージ・コールマン、ジオバニ・イダルゴ、パポ・バスケス、ティト・プエンテ・オーケストラ他多くのミュージシャンが参加したとの事。

b0015362_2131145.jpg
b0015362_21372984.jpg
b0015362_21321358.jpg
b0015362_21322983.jpg


ティト・プエンテ・オーケストラで彼の演奏を聴いた事がある。ティトもサンティートスも健在な頃だ。音圧が強く芯のしっかりした彼のバリトン・サックスの音はオーケストラの中でもしっかり聞こえた。あの音はもう聴く事ができない。

安らかに、マエストロ・・。RIP
[PR]

by mofongo | 2007-08-11 21:12 | Musica


<< 赤木りえ with ルイス・ペ...      エディー・パルミエリ&ブライア... >>