2008年 03月 04日
マイアミ '08.3 (2) クバーノ
(Part 1より)
b0015362_13262175.jpg
結局手軽なCafe Mystiqueへ。"マイアミのサルサ"が楽しめる場所。時にルエダなんかもやってるからね。さすが土曜11:30pmともなるとしっかり混んでる。今日は地元Univision系FM局 La Kalle 98.3主催のDJイベント。うーん、若者からシニアまでいい感じに年齢層がばらけている。

まず一杯。聴き易く、ミディアム・テンポで踊りやすい選曲。ジェリー君の「Cuesta Abajo」の後にRuben bladesの「Buscando Guayaba」, Joe Arroyoの「Bam Bam,」 Isaac Delgado & Victor Manuelleの 「La Mujer Que Mas Te Duele」, Rey Ruizの「Muevelo」、Eddie Santiagoの「Amar a Muerte」と続く。マイアミな選曲だなあ。

YouTubeでJerry Riveraの"Cuesta Abajo"を聴く
YouTubeでRuben Bladesの"Buscando Guayaba"を聴く
YouTubeでJoe Arroyoの"Bam Bam"を聴く
YouTubeでI. Delgado & V.Manuelleの"La Mujer Que Mas Te Duele"を聴く
YouTubeでRey Ruizの"Muevelo"を聴く

b0015362_13284563.jpg
初心者の淑女に踊って頂いたり飲んだりしている内に、地元民だというジェイが声をかけてくる。キューバン=プエルトリカン。彼の友人とバカ話で盛り上がり音楽話に進む。しかしこいつ、けっこうオタクだ。マドリードに住んでた事もあるからヨーロッパの事情にも詳しい。マイアミならではのキューバとサルサの話に。

この間のファン・フォルメルの話を振ってみた。彼はそんなニュースを知らなかったけど、キューバ本島の音が弱っているのは、キューバのせいでもカストロのせいでもないんじゃないの、って言う。じゃなんなのよ、と聞くと、そりゃキューバをビジネスにしてる主にアメリカ以外の関係者と乗せられてるファンだって。

◆◆◆

b0015362_19414234.jpg
「キューバ人は60年代後半、NYやPRでサルサが出来上がって行く過程には亡命組以外関わっていないだろ?その後も、アダルベルトにしろバンバンにしろ、キューバらしい素晴らしいものを作っていったけど、サルサとは関係ないよな。

でも、それまで「キューバ音楽」として「サルサ」とは一線を画していたキューバはある時期から、外貨獲得のためか「サルサ」という言葉をOKした。そしたら、ヨーロッパとかで商売になると思ったやつらが、「キューバ=サルサの本場」みたいな感じで、キューバンのライブやCDを強くプロモートし始めた。いや逆だったかもしれないけどね。キューバの音を「サルサ」ファンも聴いているのを見て、キューバ側が、これは金になる、と思ったかもしれない。
b0015362_19482028.jpg
ま、とにかくキューバンのギャラは安かったんだ。だから呼んで客が入れば儲かる。その為に「サルサ」って名前をつければ効果抜群だったんだよ。
スペインとかイタリアのバンドでもティンバをやりながら「サルサ」とか言ってるやつらがいたよな。日本じゃどうだった?俺はラルー(オルケスタ・デ・ラ・ルス)は良いサルサだと思うけどね。

で、そしたら訳のわかんない(西語圏以外の)のファンが、たとえは北欧とかさ、いやスペインですらそうだったかも、中南米とか西語圏で「サルサ」として認識されてる音なんかろくに聴かずに、「キューバ=サルサの本場」を受け入れて一気にブームを支えた。
b0015362_19432783.jpg

海外のティンバ・バンドも、さっき言ったみたいに自分たちの音を「サルサ」だとか、その発展系だとか呼んでビジネスにした。同じダンスの方法で踊れるからビジネスにしやすい。ても、ぜんぜん違うんだけどね。だって、キューバン・バンドはラボーすら知らなかったりする。

でもねそれはいわば「サルサ観光客」に受けているのと同じ。観光客はそこの場所の背景なんて知らなくたって済む。だって飽きたら移動すればいいんだから。

当時欧州からずいぶん音楽家がキューバに行って、「キューバ・ショック」で「サルサの本場」説を吹聴したしね。キューバはエキゾチックで違う世界だから、ショックを受けやすいんだよ。でも、結局彼らはキューバの音楽に何もコミットしていない。自分らの音楽には本場説を利用したけどさ。

西語圏、特にマイアミも含めてカリブ圏のファンの人たちにはキューバのバイラブレな音は「サルサ」としては理解されてない。あくまで「Musica Cubana」だ。「Timba」でもいいけど。これは音楽の質の問題じゃないんだよ。ラベリングの問題だ。キューバは食べるため、キューバに外貨をもたらすため、ファンに楽しんでもらう為にどんなレッテルであろうと海外で演奏する。それはしょうがないんだ。

だから問題はキューバの音楽を「サルサ」だとか言ってビジネスにしたやつら(もちろんキューバもそれに乗ったんだけどね)と、それに乗った/乗らされた「サルサ」の事をよく知らない無垢な「キューバン・サルサ」・ファンじゃないのかな。
b0015362_19505660.jpg
こんな背景があるから、彼らの音は「サルサ」の結局大きな流れに乗れるわけもないし(でも、ティンバって音は「サルサ」って言わなきゃ、オリジナリティーのあったものだと思うけどね)、マノリンなんかアメリカにマーケットがあると勘違いして亡命してきちゃった。でも、誤解させたのはアメリカ以外のファンだと思うよ。

フォルメルが言うように「地元の音とも離れた」のも力を失った理由かも知れないけど、俺にはわからない。キューバには行った事ないからね。でも、不要なブームだったんじゃないかな。ブエナビスタとかも。あれで行けると思ったんじゃないの。

俺はサルサもキューバン・ミュージックもどっちも好きなんだ。親父とお袋をどっちも愛してるようにね。でも親父がお袋のかっこして人気者になってもうれしくないのさ。

◆◆◆


うーん、かなり酔っ払ってきた。ジェイのこの話は、聞く一方になるからつい飲んじゃうなあ。でも視点は面白い。明日は12:00の便だけど、朝のマイアミは混むから普通に起きないとね。ジェイ、ぼちぼち行くよ。またな、あんがと!

◆◆◆

b0015362_20112164.jpg
・・・やば、寝すごした。慌てて荷物詰め込んでバスに乗り込み空港へ。

うわー、やっぱ混んでるよ。チェック・インの後のエックス線検査が進まず放置されてる荷物の山。俺のバッグもあそこへ行くのか・・・。ミッシングにならなきゃいいが。




b0015362_1322399.jpg
チェック・インを終えて、朝飯。キューバ飯屋で"クバーノ"。キューバン・サンドイッチは中身をパンに挟んだあと熱い鉄板ではさんでぎゅっと押さえて軽く焼くのが特徴。"クバーノ"はハムとホワイト・チーズを挟む。

薄く見えるけど、ハムは5枚くらい、チーズも3枚くらい入ってるから充実。満足。
美味しさのぎゅっと詰まった"クバーノ"を食べながら昨晩のジェイの行ったことをぼんやりと考える。

そしていつものように本屋をチェック。ビジネス誌と芸能誌と新聞を買い込む。
次の目的地、中米某国に着くまでの時間つぶしに突入。

(続く)
[PR]

by mofongo | 2008-03-04 13:17 | Viaje/漫遊記


<< マイアミ 08. 3 (3) ...      マイアミ '08.3 ... >>