「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:Charla/無駄口( 2 )

2005年 09月 12日
SALSA切手
b0015362_1938487.jpg
アメリカの切手は見ていると面白いですね。多民族国家であることがほんとよく分かります。
アフロ・アメリカン、先住民(インディアン)、ユダヤ人、中国人、アジア・・・とあらゆる民族のお祭りや記念日や文化が題材になっていて飽きない。

ヒスパニック/ラテンも色々あるけど、来週売り出されるのは「Let's Dance/Bailemos」切手。

郵政省(US Postal Service)の解説を見ると、サルサがアメリカと世界でいかにポピュラーであるか、というコメントがついていてなかなかナイスです。

図柄は4種類。"チャ・チャ・チャ"、"マンボ"、"メレンゲ"そして"サルサ"!

アメリカに旅行するサルサ・ファンはぜひ絵はがきにこの切手を貼って、友達に出して欲しいものです。


日本の切手もかなり色々バラエティーが出てきたけど、郵政民営化したら、もっと大胆なデザインも出てくる??セクシーなレゲトン・デザインとか・・・!
[PR]

by mofongo | 2005-09-12 19:39 | Charla/無駄口
2005年 05月 13日
チュパカブラ再び
プエルトリコ名物の一つ、チュパカブラも約10年くらい前には地元でもかなり盛り上がりました。ヤギの生き血を吸い尽くす、ナゾの生物。あんまり恐そうでないところがプエルトリコ的でスケールで素晴らしい。しかし、その後は世間が騒ぎすぎて、彼等も警戒したのか目撃情報も途絶えておりました。当時は、バーでの会話のネタでも結構もりあがったんですけどね。

某ダンス・ホールにてウイリー・ロサリオのお仕事中のプリミ・クルース(Vo)と:

ク 「おお、モフォンゴ、元気?」
モフォ 「いやいや、お疲れ様。やっぱロサリオの音は最高だねぇ。一杯どう?」
ク 「ありがと。最近ここ(某ダンスホール)、出演者の飲み代にうるさくてね」
モ 「でもこんだけの客数だし、けっこうもうけてんじゃないの?」
ク 「オーナーはチュパカブラなんだよ、みんな吸い尽くされちゃってさ。ははは」

なんて会話にも登場してました。

b0015362_20493668.jpg
一時テキサスで見かけた、なんて情報もありましたが、もうネタとしてはお蔵入り?と思ってたらまたまたB級映画の王道みたいな作品がDVDで出てきました。「チュパカブラの恐怖」いやー、B級って素晴らしい。

昔からB級映画で取り上げ頂き、それでプエルトリコという場所を知った人も多いという、プエルトリコへの貢献度高いチュパカブラ。過去にも色々と映画が作られています。


b0015362_20523827.jpg
CHUPACABRA TERROR (1996)
盛り上がりを見せた1996年当時早速出た作品。早い食いつきに拍手。




b0015362_20534479.jpg
それから5年、"Legend of Chupacabra"の原題を当時はやったホラー「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」からパロって付けたと思われる「チュパカブラ・プロジェクト」。でも話題にならず・・・


b0015362_2119198.jpg2004年、あれから10年ということか、「チュパカブラ」。どうしてもチュパカブラでホラーを作りたくなる人っているんですね。しかしまたダメだったような・・・



さて、今年の「チュパカブラの恐怖」で2年続けて映画が作られた訳ですが、これは初めてではないでしょうか。また盛り上がってくる始まりなのでしょうか?それともこれっきりの線香花火なのでしょうか。(地元では、話題にもなっていないようですが・・・・)

またどこかで見かけた方はご一報下さい。 
[PR]

by mofongo | 2005-05-13 20:47 | Charla/無駄口