カテゴリ:Musica( 76 )

2010年 12月 02日
ホベルタ・サー&ペドロ・ルイス@リキッドルーム 2010.11.30
b0015362_1448457.jpg

ペドロ・ルイスは友達のTatzに教えてもらったのが最初。彼はMocidade Vagabunda (モシダーヂ・ヴァガブンダ=グダグダな青春)っていうグループの一員。このグループ、とってもかっこいいサンバを中心とした音楽をやるのだ。CDも出している。(MVの事はまた別の機会に)

→Mocidade Vagabundaのサイトへ

ペドロ・ルイスと彼のグループParede(パレーヂ)からホベルタ・サーを聴くようになった。

ブラジル音楽に初めてやられた頃、アルシオーネの『Alerta Geral』やベッチ・カルバーリョの『Mundo Melhor』とかあったせいか、女性の歌に弱い。ホベルタを初めて聴いた時も、無意識に彼女らと重ねてみたりだったのだけど、そのうまさと声ざわりでファンになった。

今まだ29才、初々しささえ残る歌は今しか聴けない。そしてこれから先彼女がどう変わってゆくのか聴いて行きたい、とか思いつつリキッドルームに向かった。

◆◆◆

19:30を回ってフロアはステージが始まる期待感で一杯。DJは中原仁さん。

b0015362_14304494.jpg

一曲目は広がりのある穏やかなデュエットでスタート。ペドロ・ルイスのアルバムの曲だ。なんだっけ。

2曲目から4曲目は彼女の1枚目『Braseiro』から。3-4曲目のリズムのフィーリングにうっとり。特にドリヴァル・カイミの4曲目はとてもよかった。

b0015362_14334128.jpg

ロベルタの声はとても安定していて、細かいニュアンスをしっかり歌い込む。声を「押す」ところ、「投げる」ところ、「切る」ところが普通に話しているように瞬時に選ばれ、揺らぐことなく声になっている。

そして何と言ってもリズム感。そこが一番ノックアウトされたところ。これがバイーア/ノルデスチの感覚?引き込まれるノリ。

音もリズムも外れないって、当たり前に音程や拍に乗っかってるって事ではない。歌を彼女のやり方でドライブ/グルーブさせる為の、動かせない一点一点の場所に感情と声を置くことが出来るってこと。

歌詞を予習していった曲は、言葉が彼女の体を通して歌となり、こちらの体に入ってくるのがより強く感じられる。

それがキュートな笑顔やしぐさと組み合わさるのだからやられたー。

b0015362_1434530.jpg

ペドロ・ルイスはロベルタをメインに出しながら何曲かでリードを取り、ギター、カヴァキーニョ、小物のパーカッション、コーラス。ホベルタを支えるのが楽しそう。

バックも素晴らしかった。ホドリゴ・カンペーロ。ギターを弾きつつ、PCをコントロール。音色のカラフルさと時に「ロック魂」を感じるアタックがとても良かった。
b0015362_14312322.jpg

そしてドラムのエルシオ・カファロ。大きなタイム感がタイト。そしてドラム臭くなくて素晴らしい。 この2人が作る時にすきまのある音が、ホベルタの歌と絶妙のバランスだった。



「Menina Bonita」、「Fogo e Gasolina」・・そしてロックやレゲエ/スカ/ラップと言った今の”標準装備”の音の色がブラジルの色と混じり合うグラデーションはとても面白い。

アンコールはアドリアーナ・カルカニョットも歌っていた「Mao e Luva」だった。うれしい。ペドロの作品。
そして宮沢和史が『Afrosick』でペドロと共作した「Brasileiro em Toquio」。フロアはウエイブ。

b0015362_14321829.jpg

アンコール2曲やってくれてもやっぱり収まらない。拍手が続き4人が戻ってきて最後にサンバ。男3名がリズムを繰り出しホベルタがリズムに乗って歌い舞う。とても小さな編成から強固で濃密な時間が作り出される場にいるのはとても幸せだった。

@Liquidroom, Ebisu, 2010.11.30

b0015362_14325895.jpg

来日特設サイト(http://www.latina.co.jp/robertaepedro/top.html)
[PR]

by mofongo | 2010-12-02 01:28 | Musica
2010年 10月 30日
Chico and the Gypsies@ヤマハ・ホール
10/31から 11/3までBluenoteで公演のチコ&ザ・ジプシーズ/Chico & the Gypsiesが銀座国際ジャズ・フェスに出演。

b0015362_13439100.jpg

チコはジプシー・キングスの黄金時代のメンバー。分かっちゃいるステージなんだけど、やっぱり歌の力はひたすら強力だった。

メンバーはチコ/Chico (g,vo)、マノーロ Manolo(g, vo)、ケマKema(g)、ペピーノPepino(g, vo)、ババートBabato(g, vo)、タンネTané(g, vo)、ムーナンMounin(g, vo)、ジョルジュGeorge(b)、アンディAndi(per)の9人。

フロントに7人の濃い男が並ぶわけです。ずらっとギター持って。チコは白シャツ、後は皆黒。

このオトコたちが思い切り歌い切り、ギターのケマはパリパリ弾きまくる。濃度が非常に高いレチョンの脂というか。

特に曲の途中でフロント7人がステージの一番前に一歩出たときは相当の、圧迫感があって最高でした。
中でもマノロ(Manolo Gimenes)は顔の大きさと言い、腹といい、そしてジプシー声といい素晴らしい。

b0015362_1351921.jpg

特にベサメムーチョのコッテリ感はジプシー歌謡やスペイン歌謡やフラメンコがいかにアラブの音と共通のものを持っているか、体ではっきり理解するのにぴったり。

"ホテル・カルフォルニア"や"イストリア・デ・ウン・アモール"とか聴きやすいもの、哀愁たっぷりな濃いーもの、"ジョビ・ジョバ"、"バンボレオ"、"アレグリア"、"ボラレ"とお約束のヒット・メドレーと、分かっちゃいる流れだけど楽しい。
b0015362_1394338.jpg

アンコールは"マイ・ウエー"。これが3人のボーカルで回すのだけど、どれもコッテリ感の個性が違って、また脂が。

コテコテに弱い自分は、半ば笑いっぱなしで、気合いのはいった「ジプシーこぶし」の歌では同じように腕を振り、腹筋に力を入れてた為、終わった後疲労度はかなり高かった。


b0015362_1361046.jpg

銀座ジャズは銀座のお店の会である、全銀座会、銀座通連合会、Ginza International Luxury Committee (GILC/銀座国際ブランド委員会)というところが主催なのだけれど、このうちGILCはブルガリやらバーバリーやらカルティエやらシャネルやらヴィトンやらアルマーニやらのブランド企業の集合体。そのせいか、ヤマハ・ホールでは開演前にロビーで無料にてオフィシャル・カクテルがふるまわれ、ちょっとセレブ。

b0015362_1381490.jpg


タダ酒ですから当然ぐびぐび行かせて頂きました。こりゃおいしいわ。大変素晴らしかったです。
[PR]

by mofongo | 2010-10-30 23:27 | Musica
2010年 10月 22日
Michel Camilo Big Band @ Blue Note 10.10.21 2nd
b0015362_23205022.jpg

今回のお目当ては管。トランペット隊、トロンボーン隊、サックス部隊、各々贅沢な布陣。

去年のリリースのアルバム"Caribe"を聴いたとき、このオーケストラの楽しみは、カミーロ+リズム隊のユニットの拡張型だと思った。

ハモのカラフルさとか、各セクションの絡みが聴きどころのアレンジとかを真ん中に据えたフルバン・サウンドじゃなく、あくまでカミーロが疾走する枠組みの色数を増やした感じというか。

しかし言うは易し。カミーロのソロを燃やすスピードとパーカッシブなリズムのフレーズにお付き合いできる管というのは大変な事。きっちり吹けるだけじゃなく湿ったラテンの感覚がないと昔のボブ・ミンツアーのビッグバンドのラテンみたいにちょっと物足りなくなる可能性あり(今回のメンバーのマイケル・モスマンとデイブ・テイラーはいたけど)。

だから、その管のアンサンブルをナマで聴いてみたかった。

そして2つ目のお目当てはアンソニー・ジャクソン。


さて客席はビッグ・ファットの時に比べて学生フルバン系のグループが少なく感じたけど、日によるのか、それともカミーロ・ファン中心だからか。

◆◆◆
b0015362_23192470.jpg

アキノ(perc)とデュオを経て1曲目"Just Kidding"、来た!
クリス・ハンターのソロがかっこいい。管のアンサンブルの切れはきっちりで快感。

2曲目"Santan"。楽しいテーマ。管の聴かせどころはあまりなし。アキーノの鳥笛とかの効果音が面白い。英語圏カリブにいる気分。

3曲目"Not Yet"。ソロはハーウィグ。ブレイク入りのアンサンブルの合わせが一つの楽しみどころ。ストレートな曲。気持ちいい。

4曲目"Dreamlight"
ハーウィグのソロがやわらかい音で高音域で、ちょっとウイリアム・セペーダやスティーブ・トゥーレのシェルっぽくて面白い。ハンター気合い入ってる。

5曲目 ライブのテーマ"Caribe"
この曲のメロディーはいつもプエルトリコのプレーナの曲を思い起こさせる。
メロもコード進行もいたってシンプルだから、リズムやソロがどう料理するかが楽しみどころ。

まずトランペット隊のソロ回し、ウォルシュ結構好き。ソロフ爺、聴くだけで嬉しい。モスマン、バリバリ。ダービー、そしてフランチェスチーニ、バージェロンのソロが弾ける。

アンサンブルは余裕で合ってる。カミーロ先生も見せ場を作る。

そしてアンコールは "One more once"
バリサクのスマリアンのソロ。今までのアンサンブル・パートからの解放のエネルギー爆発。ブリブリ言ってかっこいいわー。ソロ回しはここぞとばかり皆聴かせてくれる。。

◆◆◆
b0015362_2327146.jpg

アンソニー・ジャクソンはビートをとても細かく、それも弾力を持って切ってくるのでベース弾きはつい体がもっていかれる。同時に耳がカミーロのフレーズやドラムとコンガの関係を聴きに回る。管のアンサンブルとなれば全部に乗って聴いて行く。と忙しい。

だからつい緊張感強い聴き方になってしまうのだけど、それはビッグ・バンド編成であろうとなかろうといつものカミーロの楽しみ。
こんな疾走する緊張と解決の快感の上に管の達人たちは軽くフルバンの音の楽しみを加えていた。

Michel Camilo/ミシェル・カミロ(p)
Anthony Jackson/アンソニー・ジャクソン(b)
Cliff Almond/クリフ・アーモンド(ds)
Guarionex Aquino/ワリオネクス・アキーノ(per)

John Walsh/ジョン・ウォルシュ(tp)
Lew Soloff/ルー・ソロフ(tp)
Michael Philip Mossman/マイケル・フィリップ・モスマン(tp)
Tanya Darby/ターニャ・ダービー(tp)

Art Baron/アート・バロン(tb)
Dave Bargeron/デイヴ・バージェロン(tb)
Conrad Herwig/コンラッド・ハーウィグ(tb)
Dave Taylor/デイヴ・テイラー(tb)

Bob Franceschini/ボブ・フランチェスチーニ(sax,fl)
Antonio Hart/アントニオ・ハート(sax,fl)
Chris Hunter/クリス・ハンター(sax)
Ralph Bowen/ラルフ・ボーウェン(sax,fl)
Gary Smulyan/ゲイリー・スマリアン(sax)
[PR]

by mofongo | 2010-10-22 23:13 | Musica
2010年 10月 20日
World Beat 2010@日比谷野音-ベンダ・ビリリ
くそ暑かった今年の夏は、アフリカに住んでいたころ大量に買ったカセットをよく聴きました。
あの頃のアフリカの地元には、あんまりLPの音源はなくてもっぱらカセットテープ。パリやロンドンに出ないと音盤の品ぞろえはなかった。
b0015362_22365522.jpg


ラジオやディスコでは"ルンバ(コンゴレーズ/ザイロワーズ)"や、"マコッサ"、"ビクティ"、"アシコ"といった地元の音、"ジュジュ"や"アフロ・ビート"といったナイジェリアの音、そしてソウルサルサが流れてた。だからディスコの選曲は最高ヒップだった。


今あの音を並べてDJしたら最高に面白いだろうな。思い出してやってみようかな。

◆◆◆


そんなこともあって日比谷野音の『World Beat 2010』に行ってみた。
会場はベンダ・ビリリ効果か、最初から9割方埋ってる。

1バンド目はジャスティン・アダムスとジュルデー・カマラ
b0015362_2242054.jpg

Justin Adams & Juldeh Camara's "Ya Ta Kaaya"
b0015362_2364688.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=YTFAK3eCAug

UKのジャスティンとガンビアのジュルデーの組み合わせにドラムが加わる編成。
「ライクーダーとブエナ・ビスタ」だったら、なんかやだなぁ、と思って聴いたら全然違った。ツエッペリンだった。
b0015362_22545431.jpg

ジャスティンはロバート・プラント・バンドのメンバーでもあるけど、もちろん単純にツエッペリンな訳もない。

そしてツエッペリンでも「モビー・ディック」とか「ロックン・ロール」より「ホール・ロッタ・ラブ」とか「イミグラント・ソング」の世界のあたり。

Led Zeppelin - Whole Lotta Love
b0015362_22433120.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=HQmmM_qwG4k&ob=av3n


当時、クラプトンもベックもブルース進行ベースな時、ジミー・ペイジの曲はそれにとらわれない別の世界を持っていた。その一つが何だか分かったのはJBを知ってからだ。レスポールとマーシャルでファンク。

そしてジュルデーのプレーする単弦フィドルのリッティは素晴らしい表現力。1弦しかない、フレットがない点から来るエネルギーに圧倒される。ここでも、ジミー・ペイジのボウイング奏法やテルミンとのアナロジー。
b0015362_2310657.jpg

「砂漠のロックンロール」っていうフライヤーにあるフレーズから来るイメージよりより、もっと強力でしなやかなビート、濃密な反復のリズムの中をうねる砂漠の縞ヘビのような鋭さが素晴らしかった。

各々がルーツに降りて行って接合点を見つけたような音にパンチを食らった。独特だ。

Justin Adams & Juldeh CamaraのMy space
http://www.myspace.com/justinadamsproducer

◆◆◆

2バンド目はビクター・デメ

ブルキナファソの歌い手。今年5月に来日してる。
b0015362_22443079.jpg

Victor Deme - FMM Sines 2009 - 18 de Julho
b0015362_2372841.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=ye29rNpAe7E

最初の方はリズムおとなし目。歌を聴かせながらサウンドは欧州的イデオムを感じる。しかし、「歌」が良いのです。祖母がマンディンゴのグリオだという家系の影響もあるのかも。「歌いたいこと」が表に出ていると感じる。
"Toungan"や"Sere Jugu"などからリズムが前に出てきて体が揺れる。
b0015362_23105184.jpg

バックのギターは時にスパニッシュやヨーロピアン・ラテンの香りが浮き立つ。そして、西アフリカ共通のコラの響きのような奏法を出すと思えば、コンゴレーズなアップテンポな音にも変わる。

パーカッションやコラの響きも美しい。その上に、デメの歌が流れて行くステージだった。

◆◆◆

3バンド目。既に空は暗くなっている。スタッフ・ベンダ・ビリリの登場。会場から大きな歓声。
b0015362_22451713.jpg

Staff Benda Bilili : de l'ombre a la lumiere
b0015362_22513264.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=UCPOIIjFa1U

あー、ルンバ・ロックの香りがいきなり湧き立つ。キーはギターだ。ルンバ・コンゴレーズのゆったりした感じと、JBの影響以降のルンバ・ロックの力強さが混じる。
b0015362_23114364.jpg

フロントの5人のボーカル、リッキー/Ricky、ココ/Coco、テオ/Theo、ジュナナ/DJunana、カボセ/Kaboseは各々の個性が違うのが魅力。

そしてバンドのカラーを大きくサポートするのはロジェのムトンゲ。これも手作りの単弦フィドル。
この楽器はギターでバイオリンでシンセでテルミンなのだ。強力。かっこいい。

b0015362_2246219.jpg

曲調はいずれもシンプルで力のある作品。訳詞がステージ後ろに映し出されるのがありがたい。

"Moziki"、"Moto Moindo"、"Polio"、"Je t'aime"、"Marguerite"と続く。
そして"Sala Mosala"、"Mwana"、"Staff Benda Bilili"などなど。

最後の"Tonkara"は出演者全員が舞台に上がりフィナーレ。会場も総立ちでリズムに身を任せていた。

http://bendabilili.jp/

◆◆◆

今回の3つのバンドで共通に感じたのはギターの力。

西~中部アフリカにはコラに代表されるような弦楽器の伝統があって、パームツリー・ミュージックやルンバ(・コンゴレーズ)のように外のギター入り音楽を受け入れる土壌があったからなんだろうか。

とにかく、3つのバンドにギターのアプローチは全く違うのだけど、各々のキーとなっていた。
そして同時にリッティ、コラ、ムトンゲの3つの弦楽器。

各々が自分自身のルーツから来た音をしっかり持っているからギターという強い楽器に負けないのだと思う。

そしてパーカッションがグルーヴを作るというより、バンド全体と声や楽器のメロディーがグルーヴを作っていたのも気持ちよさの理由。

◆◆◆


家に帰ってからアフリカで買った小さなハンド・ハープを久しぶりに取り出した。
b0015362_2343312.jpg

そしてフランコのTPOKのLPをかけて適当に弾いてくうち、セベン(ダンスパート)でなんだか盛り上がってしまった。病気だ。
b0015362_22522397.jpg


Dalienst et Franco's TPOK Jazz - Bina Na Ngai Na Respect
b0015362_22531238.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=qduHrEmUtjU




キンシャサの下町のにおいが頭に蘇った夜。
[PR]

by mofongo | 2010-10-20 22:33 | Musica
2010年 10月 19日
『魔法じかけの言葉』/ブラジル映画祭2010@ユーロスペース
ブラジル映画祭2010@渋谷・ユーロスペースに『魔法じかけの言葉/ "Palavra (En)cantada"(2008年 ブラジル)』を。
b0015362_23353764.jpg

「Palavra/言葉、詩」をキーにブラジル音楽の歴史を描くドキュメンタリー。
◆◆◆

いきなりアドリアーナ・カルカニョット/Adriana Calcanhotto が出てきてうれしい。3年前来日時にファンになった。
b0015362_2337526.jpg

そしてレニーニ、シコ・ブアルキ、トン・ゼーなどなどが詩と詞と音楽について語るスタート。おー!とわくわくして見る。
b0015362_23435194.jpg


昔の街中の即興詩人(ポル語でなんて言うんだろう。西語ならドロバドール)や物売りの歌(西語ならプレゴン)の映像に泣く。この2つには弱い。

だれだったか忘れたが「ブラジルの文化はオーラル(口述的)だ」って言ってたのが印象深い。口述的な文化があるところはいずこも魅力的。

そしてサンバとの関係。カルトーラ、ドリヴァル・カイミなどの話。カイミ、ちゃんと聴き直さなくちゃ。
b0015362_032428.jpg


それからボサノヴァへ。ジョアン・ジルベルト、ジョビン(音はDesafinado)、ナラ・レオン、ヴィニシウス・ヂ・モライスなどを通して詩/詞の関係が語られる。

Chico Buarque & Nara Leão
b0015362_0401756.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=Kye_O-l6uMc



そしてレニーニが「ポル語には母音が7つある、その響きが素晴らしい特長なんだ」って言うのに、うーんなるほど。そしてそれを説明する「Meu amanha」って曲がかわいい。

Lenine - Meu Amanhã
b0015362_0351225.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=F7uW1J9Ox_Y


そして時代はトロピカリアへ。
b0015362_23441941.jpg


カエターノ・ヴァローゾの1967年の「アレグリア・アレグリア」の映像と「ポップ・ミュージックとはなんですか?」とインタビューされる映像が貴重。カエターノ、めちゃ若い。それからトン・ゼーのキャラが素敵。ジミヘン、好きそう。

b0015362_23463724.jpg


いよいよ時代は今へ。
シコ・サイエンスとジルベルト・ジルのライブ映像が出る。懐かしい、そして合掌。レニーニが「Jack Soul Brasileiro」を歌う。かっこいい!「ブラジルは皆混血」と話す。納得。

Lenine - Jack Soul Brasileiro

b0015362_09986.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=KwcK7vF2t0A



最後にアドリアーナが「Minha Musica」という曲を弾き語り。すごくよかった。詞の内容とポル語の響きが連携してる。西語や英語の響きでは同じものにならないだろうな。不思議。

◆◆◆
詞が音となって空気を震わすと、何か別のものが生まれるってすごいことだ。抑揚や高低、強弱はリズムやメロディーとなって「歌」になる。

もう出演者や映像が素晴らしく、ディープで、それだけでたっぷり楽しめたけど、何より「歌」や「詩と詞と音楽」について考えさせてくれた素晴らしい映画でした。

「歌」をもっともっと楽しむのに言葉の勉強をもっと楽しもう、と小声で決心したのでした。
[PR]

by mofongo | 2010-10-19 23:32 | Musica
2010年 10月 18日
チチ・ペラルタ/Chichi Peralta講演会@セルバンテス 10.10.6
もう2週間も経ってしまったけど、忘れないようにチチ・ペラルタの講演会の覚えを書いとこう。


最初にチチの音を聴いたのはJLGの"Bachata Rosa"(1990)だったはず。でもバンドの1メンバーだったから注目もせず。だから初めて意識して聴いたのは97年のソロ・デビュー盤"Pa' otro la'o"。
b0015362_23135893.jpg

当時自分が住んでたプエルトリコでは、まず1曲目の"Amor Narcotico"がFMでヘビー・ローテーションのヒット。それはZeta93やSalsoulと言ったトロピカル局だけでなく、Fidelityのようなソフト・ポップス局も含む大ヒットだった。

ファン・ルイス譲りとも言える洗練されたサウンドと、バラエティーに富んだ曲・アレンジでこのアルバムから"La Ciguapa"、"Procura"、"Limon con sal"が立て続けにヒットした。ほんとに良く聴いたアルバム。当時日本じゃどうだったんだろ。


で、今年の初めにYouTubeに流れた最新のPV"アモール・サムライ(Amor Samurai)"のナゾの日本趣味にびっくり。でもクリスティアン・カストロの旧盤などより全然しっかりした使い方で、これは何だ?とアルバムを捕獲。
b0015362_23335878.jpg

アルバム『De Aquel La'o Del Rio』は軽やかで多様で、キャッチーだけど落ち着いて、瀟洒だけど熱い。そしてドミニカがしっかり香る。今年の夏は休日の朝に良く聴いてた。

そしたら、国際交流基金のプログラムで来日。「ドミニカ共和国とカリブの多極的なリズムの歴史と発展」っていう講演会をやるって。こりゃ早速予約。

◆◆◆

場所は麹町のセルバンテス文化センター。会場のオーディトリアムは立ち見も出る満員。200人はいた。
b0015362_23371623.jpg

まずドミニカの概要・歴史から始め音楽へ。カノイータ(くりぬき太鼓)やアレイト(踊り)とかカリブに共通のインディオの文化、そしてスペイン文化、アフリカ文化の3つの要素の混合が音楽や文化の背景にあることを説明。

音楽ではメレンゲ(Merengue)、バチャータ(Bachata)、パンビーチェ(Pambiche)は当然として、 トゥンバ(Tumba), カラビネ(Carabine)、サランドゥンガ(Sarandunga)、チェンチェ (Chenche)、サパテオ (Zapateo), プリプリ(Pri-pri)、ガガー (Gaga)、 パロ・エチャオ (Palo echao)まで触れる。

そして楽器の説明の後、Angel "Catarey" Andujarに触れパロ、アタバレスからタンボーラへの流れ
b0015362_23511059.jpg

カタレイはJuan Luis Guerraがアルバム『Ojala Que Llueva Cafe』の曲"Angel Para Una Tambora"でオマージュを送ったドミニカのタンボーラの名手。ベネズエラへの巡業中亡くなっている。
b0015362_235469.jpg


→Catareyの演奏をYouTubeで見る
Catarey Part 1(TV番組のインタビューでさまざまなパターンを披露して説明してくれる映像。面白い!)
b0015362_23405775.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=flYPlBIRH2M



Homenaje a Catarey (オルケスタ・ホルヘ・タバラスとの演奏など。 Catareyのソロが楽しめる)
b0015362_23424797.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=t0aEg47Oj6M


そして実際にタンボーラを使って、「生」なメレンゲのリズム・パターン、トゥルヒージョ時代のMerengue de Salonのパターン、そしてパンビーチェと叩き分けてくれたのが楽しい。やっぱり音は分かり易い。
b0015362_23441348.jpg



「声パーカッション」で観客にタンボーラのリズムを体感させた後、コンガでラテンのリズムのパターンを解説。ボレロ、そしてサルサ(ここでしっかりジョニー・パチェーコの事に言及!さすが。そしてペドロ・ナバーハを歌う。いいね~)、そしてメレンゲ。

ここで、会場からYolitaさんが飛び入り。彼女はドミニカでタンボーラを習ってきたという女性。彼女のタンボーラの基本パターンにチチがコンガで各々のリズム・パターンを重ねる。
b0015362_23444947.jpg

まずメレンゲ・デ・サロン、そしてサルサがメレンゲに入り込んだパターン、それから複合パターン。おもしろい。

そしていまどきのメレンゲ、シンコペーションしたパターン、カタレイ・アンドゥーハのところで話の出たパロ、アタバレスのリズム

Palo
b0015362_23593943.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=PeS54QkFVzg



Fiesta de Atabales
b0015362_23595788.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=iYIL31_yQHQ

そしてパロ・マジョールから始めて3つのパターンとタンボールとの組み合わせ。
サルサとの合わせ技やシンコペートするパターンと比べて、とてもアフリカ色の強いパターン。これがなかなか良いんだわ。ココカバ、もともとアロマコというパターンだというが、そんな名前は初めて聞いた。奥が深いなあ。

とヨリータさんのいたおかげで、チチもより突っ込んだ解説をしてくれたのだろう。お得でした。

そのあと「リズム」の面から重要な人としてあげた3人が面白い。
ボビー・マクファーリン、セロニアス・モンク、ラサロ・ロス
ロスが亡くなったのは5年くらい前だったなあ。チチとは交流があったのか。
b0015362_035150.jpg


そして最新盤からのナゾの日本趣味PVの"アモール・サムライ"。ドミニカと日本の音楽とのフュージョンをメレンゲとバチャータに乗せたとの話があった。レキントの部分を三味線(三線)にし、尺八や吉原久美子さんのボーカルを加えている。
b0015362_2345519.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=wwZhTdxD8-w


これについてLatina誌4月号の岡本郁生さんの記事中のチチの言葉として「日本文化にあこがれと強い印象を持っていて、その高みに到達するような作品を作りたかった。それは海外にいる日本人の熱い思いを感じていたから。それはすごく熱く素敵な愛の体験のようだった。そして引き継がれたすべてのものに対する尊敬の念がある。」っていう記述があった。

これを読んで思ったのは、移民、ディアスポラ、出稼ぎ・・・母国から出て働いたり暮らしたりしているすべての国の人たちが抱く、母国への思い。NYを筆頭にアメリカに移住したプエルトリカンの故郷への強い思いが、ヒバロ音楽やボンバ、プレーナの伝統をNYのコミュニティーに残した様に。

"ドミニカンヨーク"と一時呼ばれたNYのドミニカ人も、テキサスのテハーノもLAのチカーノも横浜、神戸、NY、ハバナの中国人も、ガーデングローブ(LA)の韓国人もリトル・サイゴン(LA)のベトナム人も、サンドニ(パリ)のカメルーン人も、アビジャンに働きに出るブルキナ人も、スリナムのインドネシア人も、愛知、静岡、群馬、相模原のブラジレイロもペルアーノも、ブラジル、ペルー、ドミニカの日本人もみんな同じ。

自分も10年以上母国から離れて暮らしたことがあるから(大した苦労はしてないけど)その時の事も重なる。
相手の自文化に対する熱い思いに感動すると、改めて自分の文化を見つめたりする。


チチは、音楽にもテクノロジーの進歩は不可避だけど、これはリスクと隣り合わせ。デジタル化やサンプリング、ミックスは時にルーツや伝統に打撃を与える可能性もあり、その文化・背景をレスペクトしつつ新しい事をする事が大切だと強調していた。
b0015362_23464861.jpg

フュージョンやパーカッショニストへのアドバイスででも、「フォルクロールを尊重しつつフュージョンをやるべき。音、リズムをよく勉強し、それを損なうことなくフュージョンをする。」とか「パーカッショニストは楽器だけでなく、今までの音を勉強し、音をつないで伝えていくことが大切」と同じ点を強調していた。

そういえばチチの来日中に訪ねた先の方がいくつかブログを書かれていた。

ドミニカ共和国親善大使のチチ・ぺラルタさんが来店
http://ameblo.jp/taminouta00/entry-10670834822.html


京都の和太鼓・芸能集団「BATI-HOLIC」
http://blog.livedoor.jp/bati_holic/archives/51874368.html

色々チチにとっても有意義な来日だったようだなあ。

最後のQ&Aで、ベネズエラ大使館のレイナさんがビージョに触れたのはさすがでした。
ドミニカからベネズエラに渡って、ベネズエラのダンス音楽をひっぱりまくったビージョ(ルイス=マリア・フロメタ)。

そういういろんな糸でつながった人たちが重ねてきた色々な音楽を、たまたま偶然今聴けている不思議を感じた夜。
[PR]

by mofongo | 2010-10-18 23:07 | Musica
2010年 10月 16日
Victor Manuel Reyesとヒバロ音楽
友人がプエルトリコに旅行。地元の友人から仕入れたライブ情報を送ったのだけれど、その中に「ウトゥアド(西部の山の中の町)のフィエスタ・パトロナレスでビクトル・マヌエル出演」というのがあった。

同じ晩にエル・グラン・コンボも出演だったから、山間の小さな町にしてはずいぶんがんばって2つもビッグ・ネームを呼んだなあと思ってた。
b0015362_051312.jpg

だけど帰って話を聞くとなんとサルサの"Sonero de Juventud"のビクトル・マヌエルではなく、ヒバロ音楽のトロバドール、ビクトル・マヌエル・レジェス(Victor Manuel Reyes)だったことが判明。さすがウトゥアドというヒバロな町だけある!と納得でした。

ビクトルの即興が冴えわたるライブは島で何度も聴く機会があってファンなのです。

彼はヒバロ地帯の町のひとつアグアス・ブエナス(Aguas Buenas)の出身で、70年代からうたっている名手。1986年のバカルディー主催のトロバドール・コンテストでは見事優勝をかっさらっている実力派。
b0015362_051477.jpg

CDも出してます。これがまた良いんだ。
b0015362_23371910.jpg

"Depende de Ella"/Victor Manuel Reyes (VMR75300)


ヒバロ(Jibaro)というのはプエルトリコの山間を中心とした白人系農民たちとその文化全体を指す。しかしそこから広がって、時に田舎の匂いのさえする、島のシンプルで純朴な生き方のありようまでのニュアンスを含む。

ヒバロ地帯は島の中心に横たわる山岳地帯、シドラ、オロコビス、モロビス、バランキータス、アイボニート、ナランヒート、ウトゥアド・・・などを指すが、実はほんの40-50年前はプエルトリコではサンファン、ポンセ、マヤグェスくらいを除いてみんな田舎だった。そして貧しかった。

だから西北のベガ・バハ、アレシボからアグァディージャの海沿いの平地だって、東のファハルドやウマカオ、東南のグアヤマやフアナ・ディアス、コアモだってみんなヒバロ地帯と言える。

プエルトリコの大作曲家ラファエル・エルナンデスが「自分はヒバリート(Jibarito)」だというのはそんなふつうのプエルトリカンをさしているのだ。

b0015362_0553855.jpg


それだからラファエル・エルナンデスの「ラメント・ボリンカーノ(Lamento Borincano)」で歌われる農民の姿は、実は島からNYやシカゴなどアメリカ本土へ出稼ぎで移り住んだ島のすべての人。
それゆえ、人々はこの歌を自分のものとして愛したのだ。

ヒバロの歌い手に避けて通りないものがある。コントラベルシアだ。2人の歌い手が観客から「お題」をもらい、それについて気の効いた歌を即興で歌いあげるのだ。

そして形式は韻を踏んだ10行詩で、脚韻をABBA/ACCDDCと踏んで行かなくてはならない。

そんな形式の制約を尊重しつつ、観客に「ぎゃはは」とか「うーん、やるなぁ」と言わせる機微に富んだ歌で戦う。

サルサの歌い手に、ソネオ(即興で歌詞を作りモントゥーノ部分で思いを織り込んで歌うこと)の名手が多いのは、ヒバロ音楽で鍛えられていることが多いからだ。


エクトル・ラボーの親父、ルイス・ペレスはポンセやアドフンタス、フアナ・ディアスなど南部のヒバロ地帯のお祭りやパーティーでボレーロをよく歌っていた。

b0015362_056352.jpg

そしてそんな中で育ったラボーのアイドルはラミートチュイートオディリオ・ゴンサレスと言ったヒバロ歌いとダニエル・サントスやビセンティーコ・バルデスと言ったボレーロ歌いだったという。そして小さい時から歌いまくり。

だから、ラボーの喉とその即興はNYにわずか17才で乗り込んだ時、驚きをもって迎えられあっという間にスターとなったわけだ。
b0015362_112037.jpg


ボビー・バレンティンが「El Jibaro y la Naturaleza」という作品を大切にしているのは彼が生まれた場所と無関係ではない。彼はヒバロ地帯の真っただ中、オロコビスに生まれ、コアモに転居と言うビバリートな環境で育っている。だからこそなのだ。
b0015362_104380.jpg


昨年キュートなサルサの作品を出したビクトリア・サナブリア(Victoria Sanabria)はグアイヤマのヒバロ一家"ファミリア・サナブリア"の一員でもあり、ビクトル・マヌエル・レジェスと同様、バカルディーのトロバドール・コンテストの1995年の優勝者でもあるのだ。だから、彼女のソネオはヒバロ仕込み。
b0015362_134447.jpg


こんな風にヒバロの音楽は、ごく自然に田舎の生活に溶け込んだ音楽であると共に、プエルトリコの心の故郷、みたいなものでもあり、そしてだからこそ、サルサが生まれるのに無くてはならないものだったのです。

VICTOR MANUEL REYES Y CRISTIAN NIEVES
[PR]

by mofongo | 2010-10-16 01:08 | Musica
2010年 09月 30日
ビーバップ&キューバップ・ダンスパーティー/菊地成孔@Pit Inn
菊池成孔3デイズ・新宿ピットイン。
第二日目『ビーバップ&キューバップ・ダンスパーティー』今年の新企画。

b0015362_17372352.jpg
曰く「ビーバップ&キューバップだけを演奏するバンドを入れ、司会もDJも入れた40年代アンダーグラウンドスタイルのダンスパーティ」

曰く「ヌルいダンス・ナンバーや、周辺ジャンルであるジャイヴ、ジャンプ、オリジナル曲などひとっつもやりませんぞ。パーカー、ギレスピー、ダメロン、シルヴァーといった、オリジナルビーバッパー/オールドスクーラーによるゴリゴリのビーバップとアフロ・キューバンジャズしか演奏しないバンドのいるダンスフロアを皆様にご提供させて頂きます」というもの。

そして遊びに行くにはこんなガイドラインも。

1) カップル限定(ゲイ、レズも可)

2) 男性はスーツ&タイが義務(下半身は何でも良し。女性はドレスコード無し)



ははは、こういうの過去にないですね。


まずピットインの椅子・机は全部とっぱらってダンスフロアにしちゃうなんて史上初だし、
そして、こっちが本筋だけど、「バップで踊る」パーティーなんて。


バップで踊る、ってあり?、っていう問いはひとつ前の日記に書いた通り以前からのナゾ。「モンク踊り」はあるけどなあ。
→ひとつ前の日記へ

b0015362_17384962.jpg
デ-ヴィッド・W.ストウの『Swing Changes』には、第二次大戦後のタイミングでスイングが急激に力を失った様子が描かれている。

1946-47年にはグッドマン、ドーシー、ハリー・ジェイムス、アーティー・ショウ、レス・ブラウン、ベニー・カーター・・・とビッグ・ネームのオーケストラが軒並み解散した。


理由は戦後の気分とスイングのギャップだとか、コンサート・ホール型へ移行したスイングが本来の魅力を失ったとか色々言われてきた。しかし、ダンス好きのDNAをもったやつらのエネルギーは簡単に消えるかぁ?。みんな何処へ?


日記にマンボのメッカとなる"Palladium"の48年の開店と49年のバップのメッカ"Birdland"の開店の事も書いたけど、パレイディアム(パラディウム)の初期のお客はヒスパニック(プエルトリカン中心)と黒人の混在だったという。

彼らはカーネギーでスイングやバップを聴く層とは明らかに違う、夜遊び好き、ダンス好きな兄さん、姐さん、にーちゃん、ねーちゃんだったろうな、と思う、


でもマンボとジャズはビート感が違う。

b0015362_1740283.jpg
Lindy: Frankie Manning (リンディのトップの踊り手。)とNorma Miller Whitey



b0015362_1742647.jpg
Mambo: Cuban Pete(マンボ時代のトップの踊り手。プエルトリコ人)とMillie Donay


ジャズのスイングビートが好きなダンスマニアは、パーカーやダメロンで踊ってみようともしなかったのか?みんな簡単に引退したのか?「バップはジャズからダンスを奪った」というが、話はそんなにシンプルなのか?

カーネギーでのガレスピーのコンサートにジターバグたちがやってきて調子外れの手拍子はするわ踊るわ騒ぐわで聴衆の顰蹙を買ったという話もあるじゃないか。


ジターバグはかっこいいバップでも踊ってみたのでは?



だけどこのあたりは映像も文献も殆ど見かけず、確かめようもない。
自分で試してみるしかないなぁ。

◆◆◆

まずDJ KIKUCHIでスタート30分、オール・スタンディングの会場は50ペア/100人はいてピットインは満員。

そしてアモーレさん&ルルさん(http://swing-jack.com/) によるリンディの簡単なレッスン。

初心者用リンディのステップ、6カウント(8ステップ?)でのレッスン。8カウントのラテンに慣れている体が戸惑う。何人か踊って頂き体になじませる。

b0015362_1747354.jpg
そしてDJ nadjaの時間。ミッド・スイングがありがたい。ベイシーのシャッフル。皆習ったステップを試してみる。楽んでるね。

フロアは酸欠状態。ダンスを想定しないピットインは換気が弱い。一旦ブレイクして外の空気を入れることに。前例のないイベントはおもしろい。タバコとビールで一服。






いよいよ演奏へ。今日は2バンド。直前までメンバーは伏せられてたが面白い組み合わせで楽しい(敬称略)

まず類家心平(tp)矢野沙織(as)平戸祐介(p)永見寿久(b)、藤井信夫(ds)

そして
佐々木史郎(tp) 津上研太(as) 坪口昌恭(p)須長和弘(b) 服部正嗣(ds)

b0015362_17582777.jpg

矢野沙織(as)は胸のあいたドレスのハード/クールなイメージと太い音、そしていつものキュートな笑顔がかっこいい。今年リリースの9枚目は"Be-bop at Savoy"

佐々木史郎(tp)はDCPRG、オルケスタ・デ・ラ・ルス、熱帯JAZZ楽団、BIG HORNS BEEでおな
じみ。この人ファンなのだ。
津上研太(as)はDCPRG、BOZO、村田陽一orchestra、大友良英NEW JAZZ QUINTET
藤井信夫(ds)はDCPRG、坪口昌恭Trio、菊地成孔Quintet、Giulietta Machine
坪口昌恭(p)、類家心平(tp)は菊地成孔ダブ・セクステットのメンバー
平戸祐介(p)、須長和弘(b)はクラブ・ジャズで人気高い>Quasimode/クオシモードのメンバー。イケメン。
永見寿久(b)は坪口昌恭Quartet服部正嗣(ds)は菊地とNHKドラマ"チェイス"の音楽を担当したメンバーの一人。スガダイローtrio、類家心平trio、Daitokai、Zycos

曲はNow's the time, Confirmation, B-bop, Groovin' high,...Billie's Bounce, Scrapple from the Apple, Reluxin' Camarilloもあったかな、とにかくバップのスタンダード全開。Cu-bopはNight in Tunisia とラストのManteca 。


◆◆◆
さて、バップで踊れたかって?

b0015362_1752496.jpg
ミラーボールが光る中(ピットインってミラーボールなんてあったっけ?)、ダンスフロアはちょっと酸欠状態になるくらい皆踊った。ステップはリンディなカップルもいれば、オフビートで体を揺らす人と色々。

自分はペアのbetty嬢と組んでリンディ基本形でリズムに乗ってみたり、ブレイク・アウェイでどう乗れるか試してみたり。

その日初めて習ったシロートの感想としては、6カウントはミディアム・テンポのナンバーにとても気持ちいいけど、テーマやリフにキメがあったり、ソロのアタックとかに対応できず。アモーレさん&ルルさんが踊ってるのを見ると、音楽のアクセントと会った動き。きっと8カウント/10ステップとかの体得が必要なのか?

でも6カウントの呪縛から離れ、「テキトー6、テキトー8」で踊るとなかなかエキサイティング。耳の横にII-Vの波の繰り返しとレガートがPushしてくる。大波とコードチェンジの細分化が同時に押してくるのだ。


◆◆◆
b0015362_1755439.jpg
そして2バンドの間に、なんと瀬川昌久先生登場!お姿を見るのは何年振りだろう。すごいお元気そう。

瀬川さんは1924年生れ。86才!1950年代、銀行員としてニューヨークに滞在中、当時のジャズ・シーンにどっぷり。パーカーを2回も見たことある人は他にいないのではないだろうか。帰国後ジャズの評論に従事。スイング・ジャーナル等の多くの執筆のほか本も何冊も出されてます。昔、演奏にコメント頂いたことあったなぁ・・。

『ベニー・グッドマン物語』や初期のリンディの映像、そしてクリント・イーストウッド作のチャーリー・パーカーを描いた映画『バード』を使ってスイング/バップとダンスの解説。多分サヴォイかな、曲が"Stompin' at Savoy"だったと思うShim Shamのステップ。この映像なんて初めて見た。

Hellzapoppin' Swing Dance Scene


b0015362_17573118.jpg
お話のあとのステージで奥様と踊っておられました。良い感じだった~!さすが『ジャズで踊って』(清流出版)を出されている見事な踊りっぷり!







◆◆◆
b0015362_18171686.jpg
さて、菊地さんは、ブログでは「吹く」と書いてあったと思うけど今回はMC"シンフォニー・シド"に徹して司令塔となっていた。フレームは組み立ててあるものの、プレイヤーも踊らせるバップのステージなんてやった事ないだろうし、全てはフロア次第って実験だからマスターは必要だったですね。

でもフロアはしっかり踊ってて大成功じゃないでしょうか。なにしろ予定調和がどこにあるのかよく分からない中、音を介してのプレイヤーとダンサーの結果としてのコラボだったのが一番よかったかも。

ビーバップ、キューバップのダンスの再現が目的ではなく、リズムが根源的に持っている「動く情動」を試したような今回。それはパーカーのプレーに強くある圧力のある音とリズム。

そしてそれは、バップへの固定観念やらステップの型やらステージとフロアの分離やらを、「ペア」「ダンス」「リズム」という情動から出なきゃ面白くないもので大きくくすぐってみた菊地ワールドの一つだろうかな、と思いました。


そういいう意味で、次回は(あるのか?)フランキー・マニングとペドロ・アギラー(キューバン・ピート)が対決または同時に音に挑戦するような場とか、ペアで踊るかけひきのもやっとした場をもっと今あるジャズから引き出してくれるような絵もみたいなあ。

楽しい夜でした。
[PR]

by mofongo | 2010-09-30 08:35 | Musica
2010年 09月 27日
ラテンビート映画祭/キューバ音楽の歴史(1)
第7回目となるラテンビート映画祭

b0015362_215094.jpg


もう見たい作品満載だったけどまず先週の土曜日に2本見ました。そのうちの1本が『キューバ音楽の歴史/Historias de la Musica Cubana』
2009年キューバ・スペイン合作によるドキュメンタリー。
5人の監督がキューバ音楽をテーマに製作した内の2作が今回公開。一本50分ほどで、サクっと楽しめる。


一つ目は「キューバ・ジャズへの眼差し」パベル・ジロー監督

b0015362_221961.jpg
マンテカの誕生の話を導入部として、チューチョ・バルデスがシンキージョやダンソンなどのキーワード、米西戦争後のアメリカの影響・・・と話をつなぎ貴重な映像が随所に挟み込まれる。

リリ・マルティネスの映像とか。コンガかなぁ、カルナバルのリズムとモサンビーケとマーチを合体させたような革命直後の演奏とか、フランク・エミリオ師匠の定番"Gandinga, Mondongo y Sandunga"の貴重な映像とか。

やはり興味深いのは革命を境とした大きな変化。
「ジャズ」はアメリカの音楽として演奏しにくかった時代。

b0015362_2115780.jpg
3年前にOrquesta Cubana de Musica Modernaという、若きチューチョやカチャイート、エンリケ・プラやギジェルモ・バレート、アルトゥーロやパキートやファン・パブロ・トーレスなどが参加した当時、トップの公認オルケスタの音源のコンピを捕獲した。

その67-70年の録音は「ジャズ」や「アメリカの音楽」を内側に隠した、今の自分の耳には何となく「不自然な」音楽であると同時に、マグマのような力も感じた。その後のイラケレにもつながるこのオルケスタの映像もあり、CDだけでは分からなかった当時の雰囲気を大きく感じる事が出来る。


67年というと、NYではブガルーからサルサ、ジャズならモードからフリーへと動きコルトレーンが亡くなってしまった年、ロックならサージェント・ペパーズ、サイケ、ジミヘンとウッドストック直前、ソウルR&Bならスライからファンクへ。

しかしキューバではそんな流れから断ち切られている。ミュージシャンはフロリダからの短波、中波で少しは情報を得ていただろう。オルケスタ・モデルナのレパートリーにブガルー風味のものもある。

しかし情報は限られていた上に、表立って色々トライする訳にはいかなかったと思う。聴衆も同じく流れから断ち切られていただろう。(良い悪いの話ではない)


b0015362_252378.jpg
よくキューバ革命によってNYにキューバの音楽が入らなくて、とかいうクリシェの説明があるが、むしろ史実としては、キューバにアメリカの影響が入りにくくなった上、ミュージシャンの創造に制約までかかっていた事の方がよっぽど重要だと思う。

チューチョが自分の作品を「ジャズ」だと取られない様に苦労して作ったという話も出てきたが、革命以後のキューバの音楽がそれまでの発展と全然異なる「環境」に置かれた事を表す話だ。


b0015362_281338.jpg
以来キューバ音楽とサルサは全く別の文脈で動いてきていたが、90年代キューバ政府が外貨獲得の為音楽資源を積極的に活用し出し、ミュージシャンもそれまで「自分らの音楽はサルサではない」と当たり前の事を言っていたのに、レベの親爺までが「サルサ、サルサ」と言いだした。チャングイなのに。

しかしそこで初めてサルサの流れにキューバ音楽の一部が重なってきたという事だ。




b0015362_284839.jpg
だから90年代、ティンバが出来上がっていく中で日本では「新しいサルサだ」とか「サルサはキューバの音楽」とか、情報不足のせいで声高に語っていた人たちもいたが、この映画の中でも示されているように、ティンバはサルサの発展形なんかじゃない。イラケレの名曲"Bacalao con Pan"あたりを祖先としているもの。

キューバ音楽の歴史がしっかり背景にあるティンバをサルサと呼ぶのはおかしな話だと思う。

YouTubeでIrakere - Bacalao con Panを見る

むしろキューバのサルサへの影響は今のサルサにこそもっと語られるべきだ。ヒルベルトの近作など、昔のパチート・アロンソの音かと思うようなものもある。

・・・という風な事を含め色々考えさせてくれた貴重な映像と証言が満載の面白い作品でした。



2つ目の「フィーリン(気持ち)を込めて」はまた別に。


*東京会場は終了してしまったけど、京都は10/3(日)まで、そして横浜会場は10/8(金)-10/11(月)まで。
[PR]

by mofongo | 2010-09-27 02:09 | Musica
2010年 07月 15日
8/1(日)午後 "フィエスタ・ボリクア"@六本木 August Beer Club
えー、音楽番組プロデューサーにして、音楽雑誌や本、CDライナーの執筆、イベント主宰、DJなどラテン音楽な世界では紹介するまでもない"EL CAMINANTE(エル・カミナンテ)"岡本郁生さん。


その岡本さんが"Siesta August - 8月のシエスタ"というトーク・イベントをされるのですが、その第一回目は"FIESTA BORICUA"ということで、プエルトリコに関係する音をかけまくって、話まくって、飲んで食べて、夏の午後を楽しもうという企画をやります。

b0015362_2232467.jpg

そんでもって、このMofongoがその話し相手(飲み相手か?)に呼んでもらうことになりました。



岡本さんよりのお知らせです。

*********
今度は「プエルトリコの集い!」のお知らせ

8月1日(日)15時スタート!(14時オープン)
「8月のシエスタ Vol.1~フィエスタ・ボリクア」@アウグスビアクラブ http://www.augustbeerclub.jp/
¥2000円(1ドリンク付き)

です。

b0015362_2362037.jpg
六本木(旧テレ朝通り)にあるメチャ旨いビールのお店「アウグスビアクラブ」にて、私(エル・カミナンテ岡本)と、プエルトリコ専門家のモフォンゴ伊藤さんがプエルトリコ音楽を、語り倒し・かけ倒します!

ぜひよろしくお願いします!!



岡本郁生
(マンボラマTokyo・幹事長)
*********


つーことでして、気持ちとしては:

b0015362_2394718.jpg
「クソ暑い日曜の午後にプエルトリコ好きが集まる、地元で言えば、裏庭/BATEY、パティオでの持ち寄りパーティー。

狂言回しのおしゃべりなホストが、好きな音楽をかけながら、これ好きなんだよ、つーのはさ・・・とか、この音はこっちと関係あってさ、ほらいいでしょ、みたいな話でつなぎ、くだらない話で笑って。

そのうちマラカス持ち出すやつとか、ボンゴ叩いたい、クアトロ弾いたり、歌ったり、ついにもレゲトン踊り出したいと盛り上がるころようやく夕涼みみたいになってきて・・・・」みたいなのがしたいんですが、どでしょ?


お店のAUGUST BEER CLUBはレストランだけで楽しめる無ろ過プレミアムビールブランドの「アウグスビール」のアンテナ・レストラン。

b0015362_2292813.jpg
ドイツを中心としたヨーロッパ原産の大麦麦芽とチェコのアロマホップ、福島県磐梯山系の天然水で育まれたビールはうまいですよ。ぐびぐび。


ベーシックな"Original"ももちろん良いし、褐色の"Maduro"、それからIPA(インディア・ペール・エール)も旨い。

あ、ビールがだめな人にはワインとか色々あるし、ノン・アルコールももちろんあります。



b0015362_2301245.jpg
つまみも、店内の窯で焼くピザはばっちりだし、チキンやカルパッチョなどなどメニュー豊富です。


ということで、おひまがある方は、リコ・グッズでももって是非いらして下さい!お待ちしております。



地図はこちら↓
b0015362_2373858.jpg
[PR]

by mofongo | 2010-07-15 02:37 | Musica