<   2005年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2005年 07月 11日
ドミンゴ・キニョネス
ドミンゴ・キニョネス、42才、サルセーロ。捕まっちゃいました・・・。先週、ドラッグで。

ヘロインからのリハビリ中だった彼、火曜日の夕方6時半、カロリーナのフェリペ・サンチェス・オソリオ・レジデンスというなかなか庶民の住宅地。たれこみ情報で張っていた当局に24才の売人と一緒に取引現場をを抑えられたもの。

去年の2月に「ドラッグから完全復帰」というタイトルでインタビューを受けてたドミンゴだけど、施設の生活で37ポンド(17キロ)も太って、あのスタイリストのドミンゴなの?って感じだった。プエルトリカン・マスターズのDVDに写っていたあの姿。

先月の父の日の新聞インタビューではまだ完全復帰でない感じの話だったし、その後6月末の野外コンサートがドタキャン(連絡が取れない)となった話も入ってきて、「なんか、まじーなー」と思ってた矢先の事だった。

b0015362_2024592.jpg
'80年代、ルイス・"ペリーコ"・オルティスのオルケスタで頭角を現し、'90年代のサルサが盛り上がる中で、プエルトリコのスターとして颯爽と活躍していた彼は今でも印象が強く残っている。

'90年"Es Mi Nombre"でソロ・デビュー。'91年のティト・プエンテの「マンボ・キング」、'93年のRMMの作品"コンビナシオン・ペルフェクタ"とかを通じて彼のファンになった人も多いはず。

b0015362_2033225.jpg
そして'97年の"Se Necesita Un Milagro"は強力だった。暴力、貧困、ドラッグ・・・・社会に対する強いメッセージが込められた作品で、当時島では絶賛されたのを覚えている。

ロマンティック、エモーショナルな面と理知的で硬派な面とが同居できるキャラクターは他にいなかった。"El mas que canta" (歌う以上のものを持っているやつ、というような意味か)なんていうニックネームで、作詞、作曲、クリスチャンとしての活動も含めメッセージと行動が訴える力をもっていた。

'01年の「誰がエクトール・ラボーを殺したか」などの役者としての活動への積極的な挑戦もあった。しかし、一方でラボー自身と同じような何かの重み、重圧が同じく彼に覆い被さっていたのだろうか。ドラッグに手を染めるようになる。いったいどんな背負っていたものが、彼を押しつぶしたのだろうか。

コルティーホやイスマエル・リベラからラボー、フランキーと名前を上げるまでもなくドラッグに飲み込まれた、または飛びこんだサルセーロは多い。でもチェオ・フェリシアーノの様にきっぱり断ち切って、今月の頭のように70才誕生日コンサートをやっちゃうようなパターンもある。

ドミンゴ、もどって来て欲しい。
[PR]

by mofongo | 2005-07-11 23:58 | Musica/SALSA
2005年 07月 06日
今年のプエルトリコ・サルサ・コングレス
b0015362_1911172.jpg
プエルトリコ・サルサ・コングレス、今年もいつものエル・サンファン・ホテル&カジノが会場です。7/24(日)から7/30(土)までの1週間、たっぷり楽しめる内容。

出演のオルケスタは*
7/24(日) ロベルト・ロエナ & アポロ・サウンド
7/25(月) ウイリー・ロサリオ
7/26(火) エル・グラン・コンボ・デ・プエルトリコ
7/27(水) ソノーラ・ポンセーニャ
7/28(木) ホセ・アルベルト "エル・カナリオ"
7/29(金) ボビー・バレンティン
7/30(土) アンディー・モンタニェス

プエルトリコ・サルサを代表するオルケスタが勢ぞろい。

コングレスが終っても踊り足りないバイラドーレスのために、週末は"ハバナ・クラブ"、"サン・ファン・シャトー"といったあたりがコングレスには参加しなかった地元のサボールたっぷりのオルケスタをしっかりブッキングしてると思います。

サンファン・シャトーは最近、またサルサを入れるようになって来てるのがうれしい。

旧市街の"ラ・ルンバ"、"ニューヨリカン・カフェ"あたりで若い音で踊ってもいいし、ポンセ・デ・レオン通りのレゲトン・クラブに回ってもいいかも。(こちらはちょっとセキュリティー注意)

ダンス・コンペティション、今年は日本からの参加はレジスターされていないようですが、アルゼンチン、アルーバ、オーストラリア、カナダ、チリ、コロンビア、スペイン、アメリカ、グアドループ、フランセ、マルティニーク、メキシコ、セント・マーチン、ベネズエラ、そして地元プエルト・リコ!

今年は「サルサ大学」なんてのもあるらしい。

4 時間 サルサの歴史
2 時間 サルサの一般基礎
3 時間 サルサの伝統的基礎(キューバとプエルトリコ)
4 時間 LAスタイル
4 時間 ニューヨーク・マンボ
4 時間 プエルトリコのサルサ

NYマンボはエディー・トレスが、伝統基礎はホルヘ・サンタナが講師との事。面白そう。
でもなかなか高い!(割引で$700)

昼間はビーチでのんびりしてもいいし、レッスンに出ても楽しそう。それからこの時期は丁度プエルトリコの夏祭りとも言うべき『フィエスタ・パトロナレス』の重なるシーズン。

7月といえば思いつくだけでも、サン・エルマン、モロビス、ファハルド、グゥアニカ、サンタ・イサベル、アロージョ、カグアス、カターニョ、シドラ、ビエケス、クレブラ、アティージョ、リオ・グランデ、ビジャルバ、バルセロネータ・・と各地で行われます。

そうそう、忘れちゃいけないのが、プエルトリコのアフリカン・ルーツの町、ロイサのお祭りも。

根性があれば、朝、ボンバのレッスンを受けて、昼からビーチ。夕方、タクシーかレンタで近くの祭りに夕涼みで地元バンドを聞きながら屋台でスナックをつまみ、ホテルへ帰ってシャワーを浴びて、さあコングレスへ!とかもあり。

行かれる人はたっぷり楽しんでください。
[PR]

by mofongo | 2005-07-06 00:22 | Musica/SALSA
2005年 07月 03日
アンディー・モンタニェスとパブロ・ミラネス
アンディーから久しぶりに便りが来た。去年から話が出ていたキューバのヌエバ・トローバの大御所、パブロ・ミラネスとの新譜"AM・PM"がいよいよ秋には出せそうだとの事。
b0015362_1454851.jpgb0015362_14552465.jpg
”AM/PM”という二人のイニシャルを組み合わせたタイトルもけっさくだが、この2人の組み合わせ自体が楽しみ。

便りによれば、プロデュースはパブロ側のダゴベルト・ゴンサレスでミゲル・マタモロスの"ソン・デ・ラ・ロマ"と言ったキューバン・クラシックから"アヤ・エン・ラ・アルトゥラ”と言ったプエルトリカン・クラシック(ラミート!)、アンディーが最近の自分のコンサートで必ずやる、彼のおやじさん作曲の"ギターラ・ミア"とかも入るらしい。二人は「歌」をどう聞かせてくれるだろうか。

アンディーとキューバのコラボと言えば1997年のシルビオ・ロドリゲスのコンサートの時の事を思い出した。そしたらちょうどmacomocoさんのblogでその話が書かれていました。あの時のシルビオはすごかった。

元々、プエルトリコにはヌエバ・トローバヌエバ・カンシオンのムーブメントの時に他の中南米と同様に大きな波が起こっている。b0015362_14582142.jpg

'82年にはイベロ・アメリカ音楽祭が開かれ、シルビオ、パブロやファン・マヌエル・セラトとかが来島し、当地のヌエバ・カンシオンのアントニオ・カバン・バレ"エル・トポ"と共演している。そしてロイ・ブラウンはシルビオとの共演盤も作っているのだ。

ソノーラ・ポンセーニャパポ・ルカはパブロ・ミラネスの曲が好きで、何曲も取り上げているし、エル・グラン・コンボロベルト・ロエナサンタロサだってトニー・ベガだって彼の曲を歌っている。

だから、プエルトリコにはヌエバ・カンシオンを愛するリスナーがしっかりいる上に、アメリカ内でのシルビオの久しぶりの公演とあって、米本土や近隣諸国からも観客が駈け付けた。

アンディーは、元々表裏のない、政治や小細工の苦手な男で、その時シルビオに対する支持をストレートに語った。彼は先立つ'94年にキューバの有名なソンのファスティバル"マタモロソン"にお忍びで出演したりしている"過去"もある。

すると、米本土の亡命キューバ系がアンディーに対し強力な圧力をかけ、挙句の果てには、既に決まっていたその年のマイアミ・カジェ・オチョのフェスティバルへの出演を断念せざるを得なくなった。

その動きにカチンと来たプエルトリコのファンは島でのライブが決まっていたセリア・クルースのコンサートに反対するというケンカに出た。

当時そんな動きの中でこんなTシャツも配られた。僕も友人のアンディーのファンから1枚もらった。
b0015362_13141794.jpg

表はアンディーとシルビオの記者会見での写真。裏側は、ロラ・ロドリゲス・デ・ティオの有名なフレーズ「プエルトリコとキューバは鳥の翼の両翼」という言葉を載せ、セリア・クルースを批判したもの。
b0015362_15273712.jpg

このTシャツの話をアンディーにしたところ、「ばかばかしい。そんなもの作るのはバカだ。セリアは、カジェ・オチョの話には一切関係ないし、マイアミのキューバンの圧力や脅迫には頭にくるが、彼等の歴史だってあるんだ。一部のバカがやることを一々膨らませ騒いでも何も変わりゃしない」と憤慨したのを覚えている。

あの頃から、プエルトリコにはロス・バン・バンが来てパブロ・ミラネスが来てアラゴンが来てアダルベルトが来てアフロ・クーバ・デ・マタンサスが来て、と行き来が増え、ブエナ・ビスタの時代に入る。プエルトリコ側もアンディーが何度も行きベニーモレ・フェスやボレロ・フェスに参加したり、チェオ・フェリシアーノと一緒にルイス・ガルシアやその他のミュージシャンが行ったりと交流は続く。

アメリカ合衆国は選挙やスキャンダルがある度に、票の獲得や有権者の意識をそらすためかキューバにちょっかいを出す。

でも一方で、カストロ以後に向けて、既に経済に食いこんでいる欧州勢やカナダ、メキシコ、ブラジルなどに遅れを取らぬ様、じわじわ、いやどんどん動いているのも事実だ。ヘルムス・バートン法の修正だっていつかあるかもしれない。

そんな流れの中で、"AM/PM"が完成した時はまたパブロ・ミラネスが来島するかもしれない。さて、8年前と比べて、みんなどんな風に動くのだろうか?
[PR]

by mofongo | 2005-07-03 02:28 | Musica