<   2006年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2006年 03月 11日
マルビン・サンティアゴのDVD
b0015362_16163288.jpg
マルビン・サンティアゴのDVD "El Sonero del Pueblo : Vida y Obra"

昨年出たこのDVD、日本で買い逃したのだけどサンファンのCD屋で無事捕獲。

マルビン・サンティアゴは、おととし亡くなってしまった島の庶民を代表するソネーロ。写真見ると「なんや?このおっさん」と思うかもしれないが、この人無しにはプエルトリコのサルサは語れない。

プエルトリコにはイスマエル・リベラからマーク・アンソニーに至るまで素晴らしいサルサの歌い手が連なるけど、このマルビンは島の骨太でハードでリラックスした部分、ストリートの匂いプンプンな世界を聞かせてくれる。

前に、レゲトンのブログに書いたけど、ダディー・ヤンキーがライブでマルビンの香りを振り撒いてるのは、ストリートのバード・エッジな匂いに対する共感、羨望、レスペクトであることは間違いない。

コンサートのリハに呼んで貰って話したことがある。「ただのおっさん」だった。でも、ソネオ(モントゥーノをバックにアドリブ歌詞を紡ぎ出す)を始めるとすごい。

リハだから、長々やるわけじゃない。でも、一緒にリハに参加してるアンディ・モンタニェス、ルイジ・テキシドール、パキート・グスマンとかがじっと見つめる視線がマジ。ラロ・ロドリゲスなんか、ちょっと、うっとり見たいな視線。表面的にはタイプ違うかもしれないが、やっぱり底に有るものはたくさん同じモノがある二人だ。

マルビンの経歴は、昔ラティーナ誌に書いたものがあるので見てみて下さい。これを書いたとき、ほんと寂しかったのを思い出す。

→Page 1
→Page 2

◆◆◆

b0015362_16183183.jpg
で、この2枚組みのDVD、NTSC オール・リージョンだから日本でも問題なく見られます。
1枚目がバイオグラフィー。合間合間にミュージシャンなどが「マルビンの思い出」を語るコマやマルビン自身のインタビューが入ります。

これが、なかなか面白い。トミー・オリベンシアのところに一瞬在席して録音したときの話とか、ボビー・バレンティンとの時の話とか。但し全面スペイン語なので、プエルトリコ・サルサのディープなファンでないと楽しむには重たいですが。

b0015362_16361723.jpg
インタビューはビリ・バン(マルビンの末の弟でプレーナのミュージシャン。似てる!)から始まり、サミー・アヤラ翁、ウイリー・ロサリオ大先生、ロベルト・アングレロトミー・オリベンシア
ボビー・バレンティン、ルイシート・カリオン、ダルベル・ガルシア、サミー・マレーロ、ビエラの親父、バレンティン・バルデスなど。



b0015362_1619535.jpg
ロベルト・アングレロの姿は嬉しい。ただの親父だけど。プエルトリコ・サルサのコロの達人ダルベル・ガルシアが語る、というのもめったに無い映像です。トミー・オリベンシアは老眼鏡の凸レンズのせいで目が大きくみえる。みんなマルビンが好きだったんだよね。


DVD二枚目はベネズエラでのTV番組用のステージ。81年という油の乗った舞台。"Nostalgia"から始まり、"Embajador""Fuego a la Jicotea"まで歌いまくる。ホセ・ガスメイのベースがブンブンうなり、チェイート・キニョーネスとダルベル・ガルシアのコロが島ならではの緊張感と開放感を同時に醸し出す。

b0015362_16193824.jpg
出だしはそれ程でもないのに、だんだんあったまってくると凄みが出てくるステージ。娯楽音楽番組でスタジオも明るく、観客はローティーンで会場もリラックスなのに、やってる方のテンションがハイなのがすごい。




b0015362_16195342.jpg
そして最後の2曲はプエルトリコでのTV番組。"El Pasajero"と"El Hombre Increible"。
スピード感のたっぷりの映像と、詳細なバイオ、島のみんなの証言がとても嬉しいDVDです。ラボー、フランキーとの写真もあったりして。

これが現地じゃ$15.00だもんなあ。やっぱり一家に1セットって事でしょうか。
[PR]

by mofongo | 2006-03-11 16:05 | Musica/SALSA
2006年 03月 09日
旅行記:マイアミ - グアテマラ
マイアミ最終日の夜、明日は朝早いし大人しくしていよう、と決心。

ロビーにコーヒーを飲みに降りると顔見知りになったドイツ青年、デトレフ君。

「ハイ、モフォンゴ、元気?」
「明日出発だぁ。またどこかで会えたら面白いな」
「明日かぁ。。。。!じゃ、今夜はパーティーか!」
「いや、今夜は大人しく・・・・」

今夜は大人しく言葉に従う事にした。
おとなしく軽く飯くって、おとなしく手近なマンゴ・カフェへ。

b0015362_1134113.jpg

!PARTY!











b0015362_115593.jpg
ということで、デトレフ君、オハイオからの女性グループに声かけたり、スエーデン娘に声かけたりと忙しい。マイアミ・サウス・ビーチはいつものことながらPARTY CITYだよなぁ。


b0015362_0463470.jpg
b0015362_0465395.jpg

別に若い客ばっかりじゃない、ボートショウできてるのか、お金持ちなカジュアルに身を固めた、ちょい脂ぎってかっこいいシニア(なんというか10年前ののニールダイアモンドというか、フリオ・イグレシアスというか)とか、スタイル抜群の(シリコン?いや、それにしてもエクササイズはしてるはず、二の腕締まってる)オバサマとか、田舎風のおっちゃんとかもね。

b0015362_1144593.jpg
このマンゴ・トロピカル・カフェ、店員の女性がプリプリでそれだけでパーティー・ムードは非常に高い。(つまり非常に良い)

そして、ダンスのパフォーマンスがこれまたいいのだ。ラテン女性はケツだということがよく理解できるタイプのダンス。

b0015362_1152992.jpg
マンゴ・トロピカル・カフェのサイトに行き、"Meet the Star"をクリック、ビデオ一覧が出るので"TRAC TRAC CHOREOGRAPHY"をクリックしてみてください。高速メレンゲに乗りぐりぐり行きます。

"SHOW ME THE STEP"のビデオもちょっと間抜けで良いです。

音楽はもうちゃんこ鍋というか、なんでもあり栄養たっぷりで。ノリノリのラテン・ポップス(リッキーとかシャキーラとかもね)、レゲエ、メレンゲ、サルサ(ティト・ニエベスかかってました)、クンビア(これは誰だか良くわかんなかった)。あ。レゲトンもね。"ロンペー・ロンペー"だったよ。ダッディー・ヤンキー。

当然、ライブ・バンドもある。"Latin Connection"ってバンドが良かった。サルサあり、メレンゲあり、ラテン・ポップスありで。

デトルフ君は結局金髪・ショートヘアのアメリカン・ガールとうまくカップルとなり、勝負だったので、「お互い良い旅を」とHi5してハグして、こちらはおとなしく25時にホテルに帰りました。あー、これからパッキングかよ。

◆◆◆


・・・・あ、やべ!寝過ごした。ホテルで朝飯食うつもりだったのに、あわててタクシーで空港に。

マイアミ空港の朝は込むんだよなあ。人の列。とにかくバッグをチェック・インしてパスを受け取り
一息。例によってキューバン・カフェでサンドウイッチ(ハモン&ケソ)を包んでもらい、雑誌を買
ってグアテマラ行きの飛行機に飛び込む。

b0015362_102969.jpg
雑誌はマイアミに来ると良く買う"HISPANIC"誌。これ、マイアミ発行。なかなか面白い。今月号を開くと飛び込んできたタイトルは"KING CONGA"

間抜けな題だけど、亡くなったレイ・バレットの追悼記事。頭の中にレイの音が流れる。


離陸。キューバン・サンドイッチをパクつきながらふと窓から下を見るとキーウエストが見える。そして島が切れると、その先に大きな島影が見えてくる。


キューバだ。

ほんとアメリカと目と鼻の先。

ハバナの風景を色々思い出す。旧市街、マレコン、ベダード、ロス・バン・バンはよかったなぁ、パ
チート・アロンソがいかに良いかと熱弁するホテルの叔母ちゃん、ああ、キニキニ、元気かなあ、革命博物館の戦車の弾痕・・・・そしてこの間のカジェ・オチョのおっちゃん、おばちゃんキューバンの顔も浮かぶ。

b0015362_112573.jpg
しばらく島影を眺める。ハバナは見えないが、あの位置はピニャール・デル・リオ。若くして亡くなったポロ・モンターニェスのふるさと。今キューバにいる友人のツンバドール、ガズトラ君の顔が浮かぶ。元気にやってるかな。






b0015362_115588.jpg
島の一番先端、カボ・サン・アントニオが見えてくる。キューバの海岸ってまだ全然ナチュラル。いつかあのリーフで潜ってみたい。

ユカタン半島上空に差し掛かり南へ機首を向ける。下はメキシコからベリーズの間くらいだ。



◆◆◆


山間に大きな町が見えてきた、特徴的な火山と湖が見える。

シウダ・デ・グアテマラ = グアテマラ・シティーだ。
湖のあたりで大きく回転して着陸態勢に入る。

さて、グアテマラでは何が待っているのか?
[PR]

by mofongo | 2006-03-09 00:40 | Viaje/漫遊記
2006年 03月 08日
漫遊記:サン・ペドロ・スラ/ホンジュラス
ホンジュラス、サン・ペドロ・スーラ着。もう夜。入国審査、時間かかるなあ。

b0015362_18542522.jpg
タクシーを捕まえて宿へ。ラジオをかけてもらう。お、クンビア。
ホンジュラスは中米の真中あたりの国。首都のテグシガルパは山の間にありますが、このサン・ペドロ・スーラはカリブ海に近い側。カリブ海に面したセイバには有名なカーニバルもあったりして。

というわけで中米のいわゆるマヤ文化圏ですが、メキシコのカンクンやコスメルなどと同様、カリブの気分のあるところ。

だからクンビアの次にサルサがかかっても実にはまる。皆の顔つきはやはり中米系の顔が多いのだけどね、キャラはちょっとレイドバックしててとてもいい。(と勝手に考える)

◆◆◆


さて、翌日は朝からしっかりお客回り。ここの客はきついんだ。ガーガーやりあって、昼飯へ。カリブ側ならではのシーフード。市内の”LINDA MAR"というお店。

「じゃ、サン・ペドロ・スーラ名物で行こうかねー。(ウエイターに)セニョール、いつものやつ。こちらの日本のお客さまにグラスを。俺にはダブルで頼む」

お、昼から早速地酒かよ?ラムかな?そういえば、ニカラグアで作ってる『FLOR DE CAN~A』はホンジュラスにも工場があったはず。
きっとフロール・デ・カーニャの年代物だろうなあ。こっちを酔っ払わせて午後の交渉を有利に運ぼうってことか。やれやれ・・・。

ウエイター「どうぞ」
モフォ「(お、小さめのグラスに半分ぐらい入ってるな)グラシアス」
「でね、これにこのウスターソースを入れるのよ」
モフォ「(ラムにウスターソース???)はあ、こんな感じ?」
「もうちょっと入れて。そうそう。で、次はこのライムを絞ってね。たっぷりと」
モフォ「はいはい」
「OK。で、口の中でつぶして、味わってから、一気に飲めばいいんだよ(ごくり)。ね」
モフォ「????。口の中でつぶして???これラムじゃないの?」
「はぁ?あ、言ってなかったっけ?たまごだよ、ウ・ミ・ガ・メのたまご

b0015362_18525817.jpg
小さなグラスに琥珀色に見えたのはラムじゃなくてたまごの黄身の色だった。というか白身がほとんどないので分からなかったのだ。

言われた通りに飲むと、にわとりの卵と全然味が違う。なんとも形容しがたい、生まれて初めての味。でもライムとソースのコンビネーションがぴったりでうまい。

モフォ「うーん、なかなかうまいね。」
「だろ?ウエーター、お代わり!」

うみがめの卵はピンポンだまのような感じだがシェルはもっと薄い。しかし、こんなん食べていいんかなあ。いやいや、これは地元の文化。郷にいれば郷に従い楽むのだ。(一応、レストランのメニューにのせていい種類のカメの卵だとことだったけど、はたして?)

「これは精がつくんだよ。今晩踊りにいこう。ばっちりだ」(何が??)

b0015362_18521290.jpg
次に出てきたのは、貝のサラダ。小さなムール貝のようなオレンジの貝の剥き身にピーマンのみじん切りを加え、ライムをたっぷりしぼって食べる。新鮮!うまい。

そしてメインはえびのボイル・ガーリックたっぷり風味。おお、これは実にうまい。

地元のビール、Port Royal Exportがどんどん空いて行く。ああ、こんなことでいいのか・・・。

b0015362_18534890.jpg
◆◆◆


さて、午後の交渉である。やばい、酔っている・・・。

しかし、交渉は大変スムーズに進んだ。相手も酔っているのある。そのまま、彼の子供の話、新築する家の話などに移行し、あっと言う間に6時となった。

◆◆◆


b0015362_18583427.jpg
「あー、モフォンゴさん。今日はこれくらいにしましょう。」とPCをオフすると、おもむろにデスクの横にあるミニ・バーに向かう客。
「何が良い?今日はとてもいい話が出来たし、乾杯だね」
で酒盛りとなった。スタンディングでお客はウイスキーを、こちらはフロール・デ・カーニャを。うーん、これはうまい。

9時頃までオフィスでこのまま飲み続け場所を変えることになった。食事のできるクラブへ。踊れるフロアもある。
しかし、こちらもあちらもベロベロである・・・・・・・。

フロアでは音楽はMIX。いわゆるスパニッシュ・ポップ、ブラック・コンテンポラリーもあればクンビア、ノルテーニョ、サルサ、メレンゲ、レゲトンもあり。

b0015362_1911690.jpg
しかし、日記を書こうとして思い出そうとするのだが、ぜんぜん細かい事が思い出せない。このお客、ネルソン君が引っ張ってきた、ラテン美女2名とバカ話の連続だった事、フロアでドン・オマールとヒルベルト・サンタ・ロサとシャキーラがかかった事、クラブにあったピアノでネルソンとENYAの曲を弾いたことなど、断片的に記憶あり・・・。

気が付いたらいつの間にか宿の入り口に立っていて、そこまで送ってくれた彼の車に手を振っていた。あの美女が助手席にいるぞ。ああ、いい一日だった。酔っ払ったよ。もう2時かあ・・・。寝るか。ふわー。

ん?まてよ・・・・。明日はエルサルバドルへ移動だった。朝7時の便。おい、逆算すると4時起きだぁ・・・・・・。厳しい旅は続く。
[PR]

by mofongo | 2006-03-08 22:40 | Viaje/漫遊記
2006年 03月 02日
旅日記:マイアミ(3)・カジェオチョ②
バスがきたので、へんなおじさんに別れを告げ20丁目へ向かう。目指すは"Hoy Como Ayer"というライブやってるスポット。

非常にノスタルジックな名前の店。ここは昔”カフェ・ノスタルヒア”って名前だった。

◆◆◆


b0015362_14242393.jpg
カジェ・オチョはVersallesの話しで書いた通り、亡命キューバンが発展させてきた町。もちろん通り自体はキューバ革命時代よりずっと前からあり、キューバンを含め中南米移民の色濃い所ではあったみたいだけど、'60年代から革命で故郷を出ざるを得なかったキューバ人のコミュニティーが中心になる。



b0015362_14274031.jpg
でも亡命キューバン・コミュニティーって言っても多様で極右から穏健派、普通の人まで色々なのはどんなグループでも同じ。別に過激な人たちが固まって住んでる訳もない。キューバンだけでなく、プエルトリコ飯屋もあるし、エルサルバドルのププーサですら食べられる。

とは言え、一般に亡命キューバンは革命に追われて来たり、カストロ政権の何かに(政治体制か経済状態か)不満・不都合があり国を出てきた訳で、どちらをとるか、と聞かれればどちらかに色分けされてしまうのかもしれない。

b0015362_1425294.jpg
でもそんな状況だとしても、きっと音楽なら色分けを越える力があると思う。もちろん、シルビオ・ロドリゲスが「コンパニエロ」とプラヤ・ヒロンの事を歌うのを亡命キューバン右派が心地よく聴くわきゃない。でも革命前のキューバ音楽の伝統、例えばルンバでもワワンコーでもソンでもいいし、レクオーナでもベニー・モレでも、素晴らしい音には色分けなんかないわけで。

このHoy Como Ayerはベニー・モレの写真が飾られている。ノスタルジックな意味もあると思うけど、ベニー・モレなら色分けを軽々超えるような歌の力がある気がする。

◆◆◆


b0015362_14253944.jpg

ちょっと早いけど入る。毎週週末11時頃からはマレーナ・ブルケのバンドが入るのだけどまだあんまり客はいない。まずはモヒートを注文してまったりと。






b0015362_14261366.jpg
しばらくすると前座というか最初のパフォーマンスが始まる。CRISTINA REBULL。バラーダというかボレロというかボヘミアというか、といって”Como Ayer“な、ありきたりな歌ではなくちょっととがったところのある個性的な歌。声も良くてちょっと聞きほれてしまった。

キューバではISAで学び、俳優でもあるんだって。まだCDとかは出してないけど注目。

◆◆◆


b0015362_14264244.jpg
11時近くになると客が入ってくる。葉巻の香りもしてなかなか良い感じ。
そしてマレーナ・ブルケ。言うまでもなく、あの4年前に亡くなってしまったエレーナ・ブルケの娘さん。

うわ!こりゃクーバの香りだよ、あたりまえだけど。ベーシックなリズム隊に管が入った編成。
しかし、お約束なのかベニー・モレの曲も挟み、小気味よいソンもグイグイ来るグァラチャもあの「キューバ」の香りですばらしい。あー、やっぱりキューバの歌は「ソン」なのだよ。あのフィーリングはすべて「ソン」につながっている、とか思う。マレーナの声がまたまた素晴らしい。

b0015362_1427577.jpg
お客も当然踊りだす。気持ちいい。コンガの音質がとても音楽にあう。いや、リズムのノリがばっちりだから音がはっきり聞こえるのか。

隣あわせになったおじさんが、話しをしてくれた。マイアミの北のほうに住んでるんだけど時々ここへ来るんだと。キューバ人。年からするとキューバ生まれの亡命キューバンだったとしてもおかしくない。(でも、聞けなかった)。おじさんが何杯かおごってくれたのでついつい飲んでしまった。

だんだん酔っ払って頭が白くなっていったけど、ボケッとした頭で、Hoy como Ayerって店名はキューバ革命前を懐かしむ、ノスタルジックなものとは別物じゃないかと思った。色分けなしにキューバが一つになって昔のように皆一つに集まりたいって気持ちから来てるんじゃないかと思った。

しかし、複雑な事を考えるには既に遅い。もちろんこの時間、サウス・ビーチまでどうやって帰ろうか、という問題があったことなど思い出しもしなかった・・・。
[PR]

by mofongo | 2006-03-02 14:24 | Viaje/漫遊記
2006年 03月 01日
ボンバ
b0015362_1155512.jpg
バルバドスのホテルでケーブルTVをつけてチャンネルを選んでたらいきなりコンガのマンガが画面に大写しになった。しかもリズムはボンバだぞ!?な、なんだ?このマンガは。あわてて、画面をカメラに収めつつ見る。

チャンネル表示はEducation Channel、つまり子供向け教育チャンネルだ。"PBS KIDS"(Public Broadcasting System)の表示も出るのでアメリカの子供一般向けの番組だ。

b0015362_11573695.jpg
この番組、どうもアメリカのいろんな所の子供たちから「ぼくはこんなことやってます」と届いた手紙をもとに取材するというような番組。多様なアメリカを自然と子供たちが学ぶということだろう。



◆◆◆

b0015362_11581591.jpg
さて、キャスターのうさぎ君の所に届いた手紙はコネチカット州、ハートフォードのエミリーちゃんから。コネチカットってニューヨークの北側の州。プエルトリコ系も多く住む場所。





b0015362_11584235.jpg
エミリーちゃんは小学生、体操も大好きな女の子。そして今熱中しているのが、ボンバのダンス。







b0015362_11585822.jpg

しっかりとボンバの白一色の衣装を作ってもらい、練習に励んでいます。というのも近々発表会があるからです。

さて今日はその発表会の当日。さあがんばって、エミリー。


b0015362_1203219.jpg

ドッツドンドドン、ドッツドンドドン・・ボンバのリズム・パターンの一つ、シカ(Sica)のビートに合わせ、颯爽と登場するボンバ・チーム。会場は先生のお宅のリビング。




b0015362_1205957.jpg
わー、エミリーちゃん、やるなあ!ボンバ独特のフレアのたっぷりついたスカートを大きくはためかせる。独特の足さばきのステップも見事!






b0015362_1214056.jpg
かっこよすぎだよ、エミリー。リズムの取り方、最高!それになんたってこんなに楽しそうな表情、見ててうれしくなっちゃうね。






b0015362_122983.jpg
ボリクアな親御さんたちも大喜び。大満足。








b0015362_1223723.jpg
やったね、エミリー!








◆◆◆


b0015362_123410.jpg
さて、ここから先の番組の解説が素晴らしい。
「みんな今回はじめてボンバっていう音楽と踊りに出会った人も多いだろうね。ボンバってプエルトリコの音楽なんだよ。





b0015362_1235855.jpg
「そして、ボンバはみんなも知っているサルサっていう音楽のルーツのひとつなんだ。サルサはプエルトリコの音楽がなかったら生まれなかったんだよ





◆◆◆


この認識、当たり前のこととは言え、サルサ=キューバなどと勘違いしている人口の多い国となんと違うことか。一方でアメリカの子供たちは、サルサとボンバのみならず、サルサとプエルトリコの関係まで学んでいってしまうのですね。このギャップ・・・。

◆◆◆

b0015362_125248.jpg
さて、ボンバのダンスが上手なエミリーちゃんは当然サルサも上手です。エミリーちゃん、踊ってみてくれる?






b0015362_1251855.jpg

ちょっとはにかむ友達を相手に、ストリートでサルサを踊るエミリーちゃん。かっこいい!!






b0015362_125521.jpg
さあ、みんな、エミリーちゃんからサルサやボンバやプエルトリコの事を色々学んだね。もし、もっといろいろ知りたければ先生に聞いたり、図書館にいけばもっと楽しいことがわかってくるよ!では、次回はどこの友達からの手紙か、楽しみにしてね!バイバイ。





◆◆◆


しかし、こんな番組がケーブルで流れるって、やっぱりアメリカって懐が深い。日本でもラテンが音楽の授業に入ってきてるとか聞いたけど、こういう基本をしっかりやってくれれば10年後はすごいかも。
[PR]

by mofongo | 2006-03-01 11:42 | Musica