<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2008年 04月 27日
実家のレコード(2)ザビア・クガート
((1)より続き)

さて、次に覚えているのは、鼻ひげを生やしたおじさん。だれだったのか?
ジャズじゃ浮かばない。やはりラテンでしょう、となると・・。

b0015362_2258393.jpg

見つかりました。
ザビア・クガート。日本では入ってきた頃は「ザヴィエル・クガート」。

Miami Beach Rhumba! これだったのか。クガートのテーマと言っても良い曲

b0015362_1343446.jpg

(解説を読みたい方はここをクリック)


b0015362_23185688.jpg
数年前に、捕獲したXavier Cugatのコンピ"Original Latin Dance King "にも入っているけど幼稚園のころ耳に入れていた曲とは全然覚えていなかったよ。

でも、無意識の部分に刷り込まれてるかもなあ。

YouTubeでザビア・クガートの "She's a Bonbshell from Brooklyn"を見る

ザビア・クガートは1900年、スペインのヘローナ生まれ。
クガートが大スターとなったのは40年代初にNYの高級ホテルウォルドーフ・アストリアからのボール・ルームからの生放送での演奏が大人気となった為。

マチートペレス・プラードなどに先がけ、全国規模で有名・人気になったラテン・オルケスタは彼が最初なのです。

◆◆◆

他にもラテンは色々。おや?と目に付いたのはこれ。

オルケスタ・アルベルト・イスナガ。
b0015362_964011.jpg

イスナガはニューヨークの40年代のラテンでは欠かすことの出来ないアーティスト。
1906年ハバナ生まれ。1929年アメリカに渡ってきて、NYに移り40年代にはトップ・バンドのひとつとして活躍。











b0015362_13532944.jpg


(解説を読みたい方はここをクリック)

しかし、このSP盤の解説、情報がない時代だからなかなか面白い「アフリカのリズムがキューバに渡ってサンバとして発達してブラジルに渡って・・・」とかね。

よくわかんないラテンの事はとりあえず「キューバ」って感じだったんだろうなあ。ま、今もさして変わらないかも。



で、目に付いたのはアルベルト・イスナガ(Alberto Iznaga)の名前だけではない。
A面の曲「F調のマンボ」 モラレス作

イスナガに関係あるモラレスといえば、ノロ・モラレス
うーん、プエルトリコとの関係は、この頃に埋め込まれていたのか。

b0015362_13551155.jpg
ノロ・」モラレスは1911年、プエルトリコのサン・ファン生まれ。NYに渡り1942年「セレナータ・リトミカ」のヒットでスターに。

NYのストーク、コパバーナ、チャイナ・ドールといったクラブを総なめにする人気で、かれのバンドに参加し、人気をあげたラテンのスターの多さはすごい。

マチート、ティト・ロドリゲス、ペジン・ロドリゲス、ビセンティーコ・バルデス、ビティン・アビレス、ティト・プエンテ、サブ・マルティネス、マニー・オケンド、レイ・サントスなどなど。

YouTubeでTito Puente演奏、Noro Morales作の"Maria Cervantesを見る

◆◆◆


うーん、こういうのが幼稚園児の脳に刷り込まれたせいで、問題の多い大人が出来上がったのだとしたらこれは危険だ。

親の因果が、という訳だろう。確かにギタリストの友人にギタリストの息子さん、トロンボーン吹きの親御さんにバストロ吹きの娘さんなどという因果応報な例も多い。

雑食性で育ててしまった我が家はいったいどうなるのだろうか?
[PR]

by mofongo | 2008-04-27 22:55 | Musica
2008年 04月 27日
実家のレコード(1) マイルス・デイビス
用事で実家に行きました。用を済ますとふと父親のレコード・コレクションの事を思い出した。

物心ついた幼稚園の頃からレコードをターン・テーブル載せ遊んでたのはうっすら覚えている。
b0015362_2215456.jpg
自分で初めて買ったレコードはビートルズだったかクリームか、はたまたジャクソン5などのLP/アナログ盤だったかだけど、親父のレコードはSPからLPまで色々。
SPは150枚くらいか。大学の頃集めたものらしい。




b0015362_221538100.jpg

幼稚園の頃何を聴いてたのかよく覚えてないが、それでも好きだった2-3枚は覚えている。たしかSP盤。

でも、曲目は当然覚えてない。盤の解説にあった絵や写真が頭にあるのです。

ということで果たして何を聴いてたのか?100年ぶりに掘り返して見ることにした。

◆◆◆


覚えてるのは、まず楽器を吹いたり弾いたりしている絵のやつ。結構好きだった記憶あり。ラッパの音してた記憶にあるんだけど。
b0015362_2263068.jpg
うーん、これだよ。たぶんこれだ。この絵だよ。

ああメトロノーム・オールスターズだったのかぁ・・。
早速かけてみる。うーん、これだ。










b0015362_22183879.jpg
メトロノーム・オールスターズはアメリカの音楽雑誌「メトロノーム」誌の1949年から人気投票でのトップ・ミュージシャンを集めたオールスター・バンドの録音があるのです。これは1950年のもの。まだ自分が生まれるずっと前のものを聴いてたんだなあ。(写真はスタンゲッツとマイルス)



b0015362_22482638.jpg

(解説を読みたい方はここをクリック)

解説を見るとこんなメンバー。

ジョージ・シアリング (p),スタン・ゲッツ (ts), マイスル・ディビス (tp), サージ・チャロフ (bs), リー・コニッツ (as), ジョン・ラポータ (cl), マックス・ローチ (ds), ビリー・バウアー (g), テリー・ギブス (vib), カイ・ウィンディング (tb)

記憶に残ってたラッパはマイルスだったのね。

リー・コニッツとのソロもカッコいい。シアリングも素晴らしい。タイミングは『クールの誕生』の後、『ディグ』の前。50年当時の「クール・ジャズ」の人気の分かるメンツですね。

マイルス・デイビス "Coolの誕生"よりBoplicity (1950)を聴く。

マイルス・デイビス at Montreux ”Boplicity" (1991) を見る。

◆◆◆


次に覚えているはサングラスのおじさんの写真。これはアタリがついていた。ジョージ・シアリング。ということで、見つかりました。

b0015362_22304716.jpg
George shearing Quintet
"Jumping with symphony Sid"と"Don't Blame me"のカップリング。

YouTubeでジョージ・シアリングのSwedish pastryを聴く



シアリング・サウンドだなあ。これ好きだったのかぁ。ぜんぜん覚えてない。







b0015362_2244640.jpg

(解説を読みたい方はここをクリック)

メンバーはGeorge Shearing (p), Chuck Wayne (g), John Levy (b), Denzil Best (ds), Marjorie (Maggy) Hyams (vib)とおなじみの編成。

シアリングの演奏は、一聴すると耳に心地よく、また人気があったせいかなんだか軽く見られてるけど、ハーモニーの響きがとても面白い。
b0015362_11414686.jpg
この秘密を教えてくれたのが加藤総夫さんの本『ジャズ・ストレート・アヘッド』だ。加藤さんは今はお医者さんとなり脳、神経科学の研究の第一人者で、ジャズの本は書かれていないのだけれど、自分が知っている頃は、某大学のフルバンを率い、ばりばりピアノを弾かれていた。

その著書の中の「ジョージ・シアリング論」は、プレイヤーで、かつ耳が良くないと書けない文章で目からウロコだった。

「シックッスド・ライン・ボイシング」「4ウエイ・クローズド・ボイシング」「メカニカル・ボイシング」と後で理屈される、ビッグバンドでの編曲手法をピアノ・小アンサンブルに移し変えたシアリングのアイディア、そしてそれがビル・エバンスはもちろん、ハンコックジョー・ザヴィヌル/ウエザー・リポートの響きに繋がっている事に気づかされたのです。

なんで、自分はああいう響きが好きになったのか?というのは、実はこのシアリングのSP盤の幼児体験もあるのか?と今回しみじみ。

b0015362_11424783.jpg
あと、メンバーのDenzil Bestは作曲にも優れたドラマー。彼の曲で好きなのは、トミー・フラナガンの名盤『Eclypso』の二曲目、その名も「Denzil's Best」。ジョージ・ムラーツのベースが奏でるテーマはとても魅力的。

Denzilはブラシワークの上手さが有名だが、このフラナガンの盤ではエルヴィン・ジョーンズがこれまた刺激的なプレーを聴かせてくれている。

この曲は今でも楽器を触ると演ってしまう曲。これもDenzelの刷り込みがあったと言えるのかなあ?

b0015362_22444450.jpg
さて、このSP盤の「ジャンピング・ウイズ・シンフォニー・シド」レスター・ヤングのポピュラーなブルース。
タイトルの"シンフォニー・シド"はNYの有名なDJ。

シドは40年代からジャズの人気DJとして活躍したが、ラテンへの関わりへと傾き、60年代後半のNYラテン、サルサへと繋がる。





b0015362_22425018.jpg
だからジョー・バターンもこの「ジャンピング・ウイズ・シンフォニー・シド」を演ってたりするのだ。

ジョー・バターン "jumping with Symphony Sid"を聴く

しかし、こういいラテンつながりも幼児体験として刷り込まれてたって事?
いや、ラテンの音盤もあったはず。

音楽の幼児体験への旅は続く。

続く
[PR]

by mofongo | 2008-04-27 22:00 | Musica