<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2008年 12月 23日
YOKO "La Japonesa Salsera"
海外で一番知られている日本のサルサ・オルケスタと言えばオルケスタ・デ・ラ・ルス
NYやプエルトリコやらと海外での公演もこなし、海外のサルサ・スポットで自分に話しかけてくれる人たちが「ラ・ルー(La Luz)を知ってるよ」と話題を振ってくれるのは定番。

でも、彼らは海外へ出たサルサの第一世代。野球で言えば王貞治が大リーグでもその実力を知られてる、って感じか。

今は第二世代。大リーグにはイチローも松井も松坂もいる。本場の中で活躍する選手がいる時代。サルサの世界でも誰かそういう人は出てこんのか?!と心待ちにしていたら、来た!

"La Japanese Salsera" / Yoko (El Chance Music/2008)

b0015362_22324170.jpg


El Diarioの記事を読んでみましょう。El DiarioNew York Post New York Daily Newsとかに並ぶ、NYのヒスパニックでは最大の読者をかかえる新聞。

b0015362_22265379.jpg
それが1ページ割いて記事にするのはすごい。フアネスヨランディータ・モンヘの記事を右隅に押しやっている。

→スペイン語の記事を読んでみたい人はこちら


「Yokoとサルサの関係は一目ぼれってやつだ。そしてその気持ちは時とともにどんどん膨らみ、自分のオルケスタを率いるという夢を叶え、デビュー盤をアメリカでついにリリース。」という出だしで始まる記事。

彼女がスペイン語で歌うことに魅せられ、大学でスペイン語を学び、来日したウイリー・コロンのコンサートでノックアウトされた事、最初のバンド、コンフント・マンボラマで関西のサルサ・ファンには懐かしい"Pata Pata de la Salsa"に出演した時の事、オルケスタ・デ・ラ・ルスの元メンバーからなる"Las Estrellas"で歌った事などが書かれている。

大学卒業と共にアメリカに渡り、マサチューセッツ、そしてニューヨーク、サルサの夢を常に追い続け、機会がある毎に歌い、キャリアを重ねていった。

2004年にエルマン・オリベーラの日本でのギグに同行、その後、チノ・ニュネスのオルケスタに加入し、NYサルサ・コングレスにデビュー。

チノの二枚目のアルバム"Doctor Salsa"(2007)であのレイ・セプルベーダとデュエットし、これがNYやPRでスマッシュ・ヒット!

そして今年秋、ついにオルケスタを率いて、デビュー・アルバムをリリース。
サルサの世界でこんな風に海外で、それもNYでたたき上げでデビューした歌い手は過去いないでしょう。すごいよね。


YouTubeでそのステージを見ることができます。

b0015362_2228456.jpg
レイ・セプルベダとのデュエット。チノ・ニュネスの2枚目のアルバム"Doctor Salsa"からのスマッシュ・ヒット。ニューヨーク、リンカーンセンターでのステージ。
→YouTubeで見る


b0015362_2228478.jpg
チノ・ニュネスのオルケスタでのステージ@latin Quarter, NYC
→YouTubeで見る



b0015362_22291860.jpg
チノ・ニュネスのオルケスタでのステージ@West Gate Lounce "La Vida es un Carnival"
→YouTubeで見る



b0015362_22294111.jpg
ジョニー・リベラ@Capacabana, NYC
→YouTubeで見る



b0015362_22301830.jpg
SOBsでのCDリリース記念のライブ
→YouTubeで見る



b0015362_22305024.jpg
ジョニー・パチェーコと共演@West Gate Lounge

→YouTubeで見る


◆◆◆


さて、Descargaに頼んでやっと着いたアルバムを聴いてみた。(Descarga、配送遅い!Disc UnionLatin Ongaku Netの方が早かったかも。。)

b0015362_22563827.jpg
通して聴いた感想は、好きなことやってるなーって。ニューヨークの腕っこきの作る最新のNYの音に、彼女の好きなポンセーニャウイリー・ロサリオと言ったテイストがしっかり埋め込まれ、とてもタイトでバイラブレな音!

何より、選曲から歌詞の内容、ソネオ(インプロビゼーション)の内容、「歌」に彼女自身の姿がしっかり見えるのがとても素晴らしい。

歌ってとてもデリケートな表現方法だ。人の言葉のニュアンスを人の耳が容易に感じるように、僕らの耳は歌が何かを伝えているか、力をもっているかを聞き分けるのだと思う。

彼女は音符一つへの微妙な音圧のかけ方を選んで言葉を押してくるのだ。だからオルケスタのスピード感に流されないで、自分の思う音を聴く方に伝える事が出来る。

プエルトリコに住んで、ラジオのサルサ局かけっぱなしの生活をした自分には、スペイン語の微妙なイントネーションがずれた日本発のサルサに出会ったときとても居心地が悪いときがある。しかし、彼女のNYのプエルトリカンを中心としたヒスパニックの現場で叩き上げた歌は、スパニッシュの言葉を道具として扱って、その上で自分を表してるのだ。

自分自身で作り上げたソネオもなかなかかっこいい。それは、サルサにとって当たり前のこととは言え、誰でも出来ることじゃない。

◆◆◆


バリトン・サックスの効いたスピードと哀感のある1曲目、"Este Ritmo Original”は、デビュー・アルバムにふさわしい気合いをストレートに表している。

b0015362_2256643.jpg
2曲目はプエルトリコの至宝、ティテ・クレ・アロンソ作曲、ラ・ルーペが1968年に大ヒットさせた、名曲"La Tirana"。
「あなたにとって私はあなたの物語の中の悪い女、女王様かもしれないけど」と始まる、"強い女"の愛の思いを歌う曲。

強力な個性のラ・ルーペが歌い、インディアも取り上げたボレロの曲だが、ボレロではなくサルサで歌いこむ。

3曲目は、ユーモアあふれる"La Pastillita"。レイ・ビエラの作曲。彼らしい、ペーソスのある曲を変に軽くならず、と言って重くするわけもなく、キュートにスイングさせる。ノベルティー感と言い、アレンジの色とと言い、ちょっと島のグラン・コンボを感じさせる。

4曲目の"Vengo Inspirada”。Guarachera・YokoがNYらしい緊張感と重さの中でかっ飛ばすチューン。踊り手の熱気が見えるよう。

5曲目は"Averiguadas"。トミー・ビジャリニ編曲のフランキー・ルイスの曲のように思わずフロアに出たくなるイントロから。アレンジはウイリー・ルイス

テーマからはCalleな内容のテーマに入り、モントゥーノ部のソネオも気持ちよく盛り上げてゆく。気がつくとたっぷり踊ってるって感じ。いいすねー、こういう曲。

b0015362_22412940.jpg
6曲目は、イスマエル・ミランダの1972年のアルバム"Oprtunidad"から彼自身の作曲の"Las Mujeres son" (女ってのは)"が原曲。オリジナルは男が女の事をを歌う歌詞だが、今回はそれをひっくり返し"Los Hombres son" (男ってのは)思わずにやり。

「男は女性になんでもいいから奉仕するために生まれたのよ。働くために生まれたんだから、つべこべ言わず金稼いで来るのよ・・」と、ガツンと来る歌詞から始まりソネオの中でまたガツとさせるキツイ歌詞。でも今の日本の男のポジションってこんな感じかもね、ははは。

ピアノとアレンジは同じくNYで活躍する中井知恵美。ピアノソロから16小節の後、バックが短い掛け合いに入るところの2小節のサウンドとその後の続き方がかっこ良くて好き。他のアレンジとちょっとテイストが違い、このアルバムのスパイスとなっているのも魅力。

7曲目は"Empezo La Fiesta"。さあ、パーティーが始まった!というのはYokoがいよいよ始まった自分のオルケスタでの真剣勝負の活動を楽しんでいるような曲。NYのスイング。

最後の8曲目"Mi Oportunidad"。Yokoの作品。タイトルの通り、これまでの支えて来てくれた人達への感謝にあふれた優しい曲。

7曲目までの時にドスの効いたスピード感にあふれた面とこの曲でのナチュラルでしなやかな面の両方が彼女なのだろう。

NYで一度彼女と話をしたことがある。その時の印象がこの8曲目まで聴いた時、急に浮かんだ。ナチュラルで自分をもった強さと。サルサや音楽の話で時間を忘れたのを思い出す。
◆◆◆


この作品をしっかり支えているメンバーの事もちょっとばかし書いておきます。

まず、ベースのホセ・タバレス。今のNYのバイラーブレな音にはなくてはならないベーシスト。マーク・アンソニーの"El Cantante"やジミー・ボッシュの作品などNY発の音には彼の名前を見ることが多い。

ピアノのエドウィン・サンチェスもNYを支える一人。ジミー・ボッシュやフランキー・ネグロン、プエルトリコのメル・マルティネスの作品などおなじみ。

b0015362_23154222.jpg
プロデュース、アレンジ、コロとこの作品でYokoのやりたいことを形にしているのはウイリー・ルイス。レイ・バレット、ラリー・ハーロウ、ラファエル・デ・ヘスース、コンフント・クラシコ、オルケスタ・イマヘン、レイ・セプルベーダ、ジョニー・リベラ、スパニッシュ・ハーレム・オーケストラ、ソネーロス・デル・バリオなどなど参加したバンドは数知れずのツワモノ。

もちろんティンバレスやコンガなどでチノ・ニュネスも参加している。

こんな仲間に囲まれて、しっかりと一歩を踏み出したYoko。なんとかNYでギグを見に行きたいなあ。



彼女のサイト:
http://www.yokosalsa.com/
[PR]

by mofongo | 2008-12-23 22:43 | Musica/SALSA
2008年 12月 23日
Honda Sweet Mission
という東京FM(80.0MH)から毎朝全国38局に放送されてるラジオ番組があります。

b0015362_12261733.jpg

キャスターの一人はSheilaさん。日本&キューバのハーフのモデル&スポーツ・キャスター&タレントさん。NHKのスペイン語講座に出演していたのを見たことある人もいるでしょう。

もうひとりはパンツェッタ・ジローラモさん。Leon誌のチョイワル・オヤジ系ですね。


で、今週はプエルトリコの特集コーナーが!
プエルトリコの紹介とか、プエルトリコ在住の女性に電話インタビューとかだそうです。

時間は東京FMは朝の8:10am-8:20amの間。
出勤前/通勤中にラジオが聴ける方、家にいる方、是非どうぞ。

番組のブログでもプエルトリコが紹介されています。

http://sweetmission.exblog.jp/

http://www.tfm.co.jp/sweet/ (こちらは番組のHP)
[PR]

by mofongo | 2008-12-23 12:21 | Cosas/出来事
2008年 12月 08日
12/14 (日)Los Borrachos @Cuban Cafe
12/14(日)にプエルトリコでNG2とビクトル・マヌエルが演ってるその地球の裏側では、日本で Los Borrachosがプエルトリコのサウンドで年末・ナビダーの島の空気を楽しませてくれます。

場所は東京・築地のCuban Cafeです。大江戸線の築地市場からすぐですね。

b0015362_22541682.jpg


年末だから、島に負けずにプレーナとかやって欲しいですよね。
[PR]

by mofongo | 2008-12-08 22:54 | Musica
2008年 12月 08日
Feria Bacardi 2008 ・バカルティー祭り
来週末、プエルトリコに行かれる方にお勧めのイベント、それは"Feria Bacardi"。

b0015362_22165474.jpg
オールド・サンファンから出ているフェリーで対岸のカターニョ(Catan~o)にわたってタクシー、または小型バスですぐのバカルディー・ラムの工場で開かれる年末恒例のイベントです。

今年は12/14の日曜日。若干の入場料はかかりますが、それを払っても惜しくないと思います。午前中から夕方まで一日たっぷり楽しめます。

何といっても、ライブあり、プエルトリコの民芸品のお店、地元ならではのスナックの屋台(日本なら縁日のお好み焼きやたこ焼き)、ラムのカクテルの屋台(ピニャコラーダ、モヒート、マルガリータ、フローズン・タイキリ、ラム with オランジ&クランベリーなどなど)、お祭りに付き物の民族衣装(ベヒガンテス)とか、楽しむものはいっぱい。

ライブの出演はこんな感じ。

バツケアロ(Batukealo):
b0015362_2217376.jpg
サルサにも影響を与え、クリスマスには欠かせない地元の音楽、「プレーナ」のグループ。ブラジルのバツカーダを組み合わせたノリノリのパーカッション&ブラス&歌のグループ。バヤモンの誇るこのグループ、地元のお祭りや、バスケの試合の応援、パーティーなどに欠かせません。CDも出してます。

ステージへ登場は11:00/12:15/13:10/14:15/15:10
小刻みに何度も出るのは、このプレーナの音がないとクリスマス気分が盛り上がらないからなんでしょうね。

YouYubeでバツケアロを見る


エネヘ・ドス(NG2):
b0015362_22264464.jpg
言わずと知れたサルサの若手ナンバーワンと言っていいでしょう。 11:30am


YouTubeでNG2の"Como Amigo No"を見る






リミテ21(Limite 21):
b0015362_2227397.jpg
メレンゲ・グループのベテラン! やっぱりお祭りにはメレンゲは欠かさないのです。13:30

YouTubeでLimite 21の"Como tu me quiere a mi"を見る





ラ・セクタ(La Secta):
b0015362_22282853.jpg
プエルトリコのロックを代表するグループ。ラテン風味も。 14:30

YouTubeでLa Sectaの”No Puedes Para en No Te Duermas”を見る







ビクトル・マヌエル(Victor Manuelle):

b0015362_22285126.jpg
そしてサルサ好きならビクトルを見逃してはいけませんね。Sonero de Juventud、ビクトルのあやうい魅力をぜひプエルトリコの空気の中で楽しんでください。15:30

YouTubeでVictor Manuelleの"He Tratado"を見る

ステージ前や横で日本人がリズムに乗って一人で踊っていれば、地元の人が必ず誘ってくれますよ。

日差しが強いかもしれないので帽子はお忘れなく!
[PR]

by mofongo | 2008-12-08 22:26 | Musica
2008年 12月 06日
2008 Banco Popular de PR クリスマス企画盤
今年のバンコ・ポプラール企画盤

BBSの方でアルフレドさんが情報をアップして下さいましたが、今年はなんど年末恒例バンコ・ポプラール盤初のドラマ仕立て。
と言っても「愛憎のテレノベラ」ではなく、音楽が軸になった1時間のドラマ。タイトルは「ECO」。

b0015362_21254268.jpg
主人公は9歳の少年アンドレス。演奏会に出るため家族で車で出発したけど、渋滞に巻き込まれてしまう。時間が迫る彼はあせって車の中で練習を始めようとするがうまくいかない。いらいらしたアンドレス君はティプレを床に投げ出してしまう。すると時間は止まり、彼は不思議の国へ!


プエルトリコの自然と、ティプレやクアトロといった楽器に代表されるヒバロの音楽を通じて、命の価値を教えてくれるようなお話。


音楽の方はアギナルド(プエルトリコのクリスマス・ソング)を始めとしてヒバロの音が満載。

b0015362_2142319.jpg
アイボニート、オロコビス、モロビス、ラレス、バランキータス、ナランヒートス、シドラ、カジェイ、ウトゥアドなどなど山間の町にはヒバロの音楽がしっかり受け継がれ、"Colon"、"Zayas"、"De Jesus"、”Sanabria"、"Suarez"、"Sanchez"なんて名字のファミリーは楽器や歌(トローバ)の名手をたくさん産んでいます。


(右:ラレスのヒバロ歌い Odilio Gonzalezの"El Jibarito de Lares Vol. 2" (Ansonia ALP-1321)



この作品のサウンドトラックにもこんな苗字が一杯。
その中で2人だけ紹介しましょう。

b0015362_21334696.jpg
まずビクトリア・サナブリア(Victoria Sanabria)姐さん。サナブリア家の紅一点ですね。男性がほとんどのヒバロの歌い手(トロバドール)の中で男性に引けを取らない名手。

(左:Victoria Sanabria "Vamos de Parranda" (Echa Compay 2007)

→YouTubeでビクトリア・サナブリアを見る




b0015362_21342086.jpg
もう一人は"Aguinaldo de pastorcillos"を歌うクリスティアン・フォンテイン(:Cristian Fontaine)君。14才、これまたヒバロ地帯のJayuyaに住む生粋のヒバロ。
去年CDデビューも果たしました。こんなかわいい顔して、CDではセイス・チョレアオやセイス・チャカレラ、アギナルドとしっかり歌いきっています。

(右:Cristian Fontaine "Si fue quien me dio la Vida" (CF 2007)

→YouTubeでクリスティアン・フォンテインを見る



◆◆◆


こういう子供時代から即興の歌(デシマ)を歌うことやってるから、サルサのソネオやレゲトンのインプロが出来るんだろうね。

b0015362_21505770.jpg
エクトル・ラボーもヒバロ地帯を背後に控えたポンセの生まれ。彼の親父はヒバロ地帯出身でラボーもそんな音の中で育ち歌っている。

(左:Willie Colon with Hector Lavoe "Asalto Naviden~o Vol. 2" (Fania))

→YouTubeでエクトル・ラボー"Canto a Borinquen"を見る

この感覚があることがサルサがそれまでのニューヨーク・ラテンと、そしてもちろんキューバ音楽と大きく違う点の一つなのだ。
[PR]

by mofongo | 2008-12-06 21:43 | Musica