<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2009年 05月 23日
河村要助展"good news" @銀座松屋
河村要助さんの展覧会に行って来ました。

b0015362_2121376.jpg


展覧会の概要や河村さんの経歴はこちらへどうぞ。→
http://www.enjoytokyo.jp/OD004Detail.html?EVENT_ID=255343
http://designcommittee.jp/#history/2009/656

b0015362_2281321.jpg
河村さんは絵と同じくらい、又は時にそれ以上に音楽がなくてはならない人だから、昔から音楽雑誌やLPのジャケット、ライブのフライヤーと、自分が音楽を聴く中でその作品が常に目に前に現れ、魅了され続けてきました。







b0015362_2263987.jpg
特に雑誌、「Good News」「ミュージック・マガジン」などでの、得体の知れない筆圧でこちらを見ているミュージシャンのポートレートは、その素晴らしい色使いとも相まって自分の中に不思議な空気を生み出しています。










b0015362_2295825.jpg
ポートレートで言えば、単なる写真の代わりや似顔絵ではなく、常に絵の中になにか動くリズムがある。音楽家の中に潜むエネルギーを、独特のユーモアと色とタッチで溶け合わせて、ビートを伝えているのに頬が緩み、脳が絵をじっと見つめさせてしまう。



今回の展覧会では、そんな雑誌の表紙の他に、ポスターサイズの連作もあった。

b0015362_2322611.jpg
その中の、”Hot Spring””Indoor Fishing Pond””Japanese Bow”と言った、日本文化をアメリカの50-60年代匂いを振りまいて表現する連作がある。この作品を見ているとき、河村さんのサルサへの思いと音を紹介した名著『サルサ天国』を思い出した。

河村さんのこの本には、とにかくサルサという音楽への熱愛が溢れている。



b0015362_2333350.jpg
河村さんは70年代にサルサという名前が生まれて日本に入ってきた頃からの筋金入りのリスナーだが、今のように情報がネットで取れるような時代ではなかった当時、日本に入ってきた音盤を次から次へと、かつめちゃくちゃよく聴きこまれて、そしてジャケットから中袋まで、限られた情報から、まだ見ぬ音楽家だけでなく、その音が流れている場所、その音を聴く人たちの生活から心意気までを想像する。その素晴らしい想像力と音楽への愛が、この本には溢れてるのだ。






b0015362_2352263.jpg
そんな想像力と、たっぷり聴きこんできた音盤のレコード・ガイドとしての両方の側面があるから、本当にお世話になった、そして今も読み返してお世話になっている本なのです。もちろんミュージシャンのイラストも満載なのも楽しいし。









b0015362_2371136.jpg
しかし、その中で一番頭が下がるのは、そんなにサルサという音楽に入り込んでいるのに、常に「自分はそういう風に想像するだけ」「自分たち日本人には決して分からないかもしれない」という、相手へのレスペクト、違う文化へのレスペクトがある事。










b0015362_2383469.jpg
最近はサルサに関する本も色々出てるし、ネットからの情報もある。でも、それだけに、コピペとは言わないけど、大して勉強してなくてもサイトに「サルサの歴史」なんて掲げる事ができる。それは河村さんの「まだまだ分からないことだらけ」っていう、「謙虚さ=好奇心の連続」とまったく逆の現象だ。









b0015362_240980.jpg
この間びっくりしたのは、「最近ボビー・バレンティンとラ・セレクタを全部聴きました」って書いてる人が、そのずっと前に「サルサの歴史」なんて書いている事。そんなものが、玉石混合のネットには浮かんでいる。その人のラ・セレクタのデータが間違っていたので、ちょっと指摘してあげたら、「セレクタはほんとに良い!」って書いてたブログの1ページをいきなり削除してしまった。

別にデータの間違いなんて良くある事で、訂正すれば済むのに、「自分が良いと思ってみんなとシェアしたいと書いていた気持ちも含め全削除」って、ちょっと理解しがたい事だった。

きっとたいして好きでもなかったのに、「自分は知ってる」って主張したかったのかも。河村さんの「知らない」「分からない」そして「好きである」事を常に軸足にする誠実さとなんと違うことか。

◆◆◆


b0015362_242217.jpg
ちょっと話がそれたけど、河村さんのこの”Japanses Cultureシリーズ(?)”は1987年の日本グラフィク展の年間作家賞最高賞をとった年の個展”JOYFUL TOKYO”でも評判だった作品だが、「アメリカ人に日本文化を紹介した絵」は、日本の事をわかってない外国人に、分かってる日本人が説明してみたら、なんと別のイメージを生み出して、「実は自分たちは日本の事、わかっていなかったのでは?」と思わぬ視点を与えてくれる作品だと思うのだ。







b0015362_2445951.jpg
それは河村さんが「日本文化ですら分からない」「世の中にはわからないものがいっぱいある」というレスペクトと「だからおもしろいのだ」という好奇心とそれから生まれる新しい視点を楽しみ、やっぱり分からない事に身もだえし、切なくなり、しかし愛をもって表現する、という立場を取っている事だ。

その立場が「サルサ天国」にも当然一貫してるから、あの絵から本の事が頭に浮かんだのだと思う。







b0015362_2453537.jpg
しばらく健康を害されていたと聞いていたけど、展覧会初日に現れた河村さんと話した人によれば、昔の口調で体調が戻ってきているとの事。

ぜひともまた活動を再開して、フレッシュな刺激を与えて欲しいです。


http://puertorico.exblog.jp/2268432/
[PR]

by mofongo | 2009-05-23 02:47 | Musica/SALSA
2009年 05月 22日
Salsa Vibes Vol.2@歌舞伎町Studio Ms
今週末のお勧めのサルサのクラブイベントをご紹介!

『Salsa Vibes Vol.2@歌舞伎町Studio Ms 』
b0015362_1583677.jpg


今年1月に同じ場所行われたイベントのVol.2。
1月に行ったのだけれど、このイベントの魅力はDJ。

b0015362_1593236.jpg
前回も昔からサルサ・シーンで定評のあるメンツが久しぶりに集まったって感じで、踊りやすくてかつ構成ががしっかりしてツボの選曲。

DJってなんだろう?いやサルサのDJってなんだろう?ヒップホップやハウス、トランス、レゲエのDJとどう違うんだろう?DJにもうまい下手はあるの?

なんていう疑問にも答えてくれる音かも。今回のDJはキャリアも長いこともあるけど、とにかく音を良く知っていて、音の背景や歴史に対するレスペクトが抜群。そしてみんな各々の好みがあるからね。そこが踊りどころ、聴きどころ。

と、いうことで、オーガナイザーのアナウンスから抜粋の転載です。↓

………………………………………………………………………………
   ◆ ◆ 新 宿 ☆ S A L S A ・ V I B E S ☆ vol.Ⅱ◆ ◆ ………………………………………………………………………………
六本木以前、かつて新宿がラテンの聖地だったことを知っていますか?
 ~伝説となった90年代の新宿ラテン・バリオが帰ってくる! ~
 2 0 0 9 年 5 月 2 3 日( 土 )  1 7 : 0 0 ~ 2 3 : 0 0
--------------------------------------------------------

【SALSA VIBESとは?】
実力派の精鋭DJ5名と有名ダンサーによる本格サルサクラブイベント

http://www.salsaclub.jp/

【Music & Dance】
新宿がラテンの聖地だった時代から10年以上にわたって東京サルサシーン に影響を与え続けてきた実力派DJ5人を選抜。 楽曲を中心に据え、他に類をみない究極のSALSA CLUBをここに実現 バリオのクラブにスタイルは無用。ダンスはフリースタイルで楽しめます。

【Show Time】 そして今回は2組のスペシャルゲストを招聘。
・ドミニカ共和国からラテン界の貴公子
・本国でCDが赤丸急上昇♪ベネズエラの秘宝
 詳細はこちら→ http://www.salsaclub.jp/

最強の音響システムと最上の音楽で最高の夜をお楽しみください。
………………………………………………………………………………
  フロアに降りて踊ればわかるド肝を抜く驚きの重低音
………………………………………………………………………………
前回のSALSA VIBESフォトギャラリー
http://www.salsaclub.jp/salsa_vibes/photo20090131/v_sub1-20090131Photo.html

………………………………
エントランス&ドリンク
………………………………
\3,000 w/1DK (※フライヤー持参で\500ディスカウント → \2,500 w/1DK)
★さらにお得な「DJ紹介優待システム」
出演DJの優待者リストに名前を載せてもらえれば【\2,000 w/1DK】になります。

(↑これお勧め。\もし出演DJの人を知ってたら連絡取ってみるといいですね。もし、行きたい人でDJの人に知り合いがいなければmofongoまで連絡下さい。)

※同伴者もディスカウント対象(何名でも可)ですが、入場時1回限り。
※当日は一度入場すると再入場できません。

…………………………
●DJs & Performance  (タイムテーブルは後日発表!)
…………………………
DJs -- 全員がダンスフロアラウンジ両フロアでプレイ。

 El Caminante Okamoto - LOS BRONXXX
 DJ OYAMA  - Los Borrachos
 T-Rod.   - We Love SALSA / Super Barrio Brothers
 Yuqui   - Pa'lante Quisqueya
 Salserin  - Tokyo Pachanguero


Performance : Luis Sasaki - Rep.Dominicana
Mini LIVE : Steven Damian - Venezuela
携帯サイトURL http://www.salsaclub.jp/vibes_m.html
…………………………
●SALSA VIBES 会場 …………………………
【STUDIO M's 】
新宿区歌舞伎町2-24-3 新宿興和ビルB1 (LAWSONの斜め向かい。)
PHONE :03-3200-9966  http://www.clubms.jp/

・JR新宿駅東口より徒歩10分。
・西武新宿駅より徒歩5分。
・地下鉄大江戸線、副都心線東新宿駅A1出口より徒歩4分
コインロッカー200個完備

………………………
●ご注意とご案内
………………………
★出かける前に、Yahoo!Map等で地図をプリントすることをお勧めします。
 目印の「コマ劇場」は閉館した為Yahoo!Map等には表示されません。

=========================================================
主催:サルサヴァイブス実行委員会
共催:サルサ倶楽部、 STUDIO M's
後援:We Love SALSA, Samurai Latino Web, ビエントラティーノ, Studio Pepe
協賛:Latin Club Leon
=========================================================

Enjoy!
[PR]

by mofongo | 2009-05-22 01:59 | Musica/SALSA
2009年 05月 22日
プエルトリコからTUNAが来た!
『プエルトリコからTUNA!』ってなんだそれ?

「輸入物のシーチキン?」と思った人、無理もありません。

「マヤグエスにはツナ缶の工場があったよな」、と思った人、それマニアックすぎ。


TUNA/トゥナというのはスペイン起源の伝統の大学生バンド。つっても12世紀末から の伝統を持ってます。

写真を見ると、「わお!ヨーロッパの中世だ!」って感じですね。
b0015362_0534576.jpg

パレンシア、サラマンカ、バジャドリード、レリダなどと言った中世からの大学が起源。そ れ以来、700年もの間、その形が受け継がれてきてるってのがすごいですね。


元々、学生が生活費や学費が必要だったり、旅行や帰省代を旅の途中で稼いだりという必要があった中で、ヨーロッパに昔からある「トロバドール」(町から町へ物語や紙を歌に託して渡り歩いていた吟 遊詩人)や旅芸人(juglares)と同じように歌で稼いでいったのが始まり、と言われてます

楽器は①ギター ②バンドゥリア ③リュート などが基本型です。
バンドゥリアは12弦のマンドリンの兄弟のような楽器。リュートはその上の兄弟のような同じく弦楽器です。タンバリンのような打楽器もポピュラー。

スペインのTUNAは時にアコーデオンやらカスタネットやらも加えたりしますが、プエルトリコでは何といってもクアトロがよく参加してます。クアトロはプエルトリコ独特の小型ギターのような複弦5コースの楽器ですね。

スペインだけでなく、中南米のラテン国の大学にはこのTUNAのグループがかなりあります。
プエルトリコのいくつかの大学でも。
 
◆◆◆

b0015362_0543746.jpg
さて、今回来日のトゥナメリカ/TUNAMERICAは1993年設立の比較的若いグループ。名門プエルトリコ 大学のTUNAです。日本で言えば東大ですね。だから、このグループの第一の掟は「勉学第一」だそう です。

でもね、そんなこと言いながら、勉強の合間に音楽するのか、音楽の合間に勉強するのか、と にかくプエルトリコの中だけでなく、チリ、ボリビア、ペルー、ベネズエラ、エクアドル、アメリカ、スペイ ン、ポルトガル、フランス、オランダ、ベルギー、英国、ケニア、メキシコ、コロンビアとがん がん海外公演をこなし、ついにはアジア初参戦として日本にやってきたという訳です。




CDも2枚出してますよ。(下は最新作"Toda-Via")

b0015362_0581457.jpg
彼らのレパートリーを見ると、欧州伝統の「正調TUNA」の曲をこなすのは当然として、 やはりプエルトリコの大作曲家ラファエル・エルナンデスの「ラメント・ボリンカーノ/Lamento Borincano(プエルトリコ人の悲しみ)や「ボリクア・エン・ラ・ルナ/Boricua en la Luna(月のプエルトリ カン)とかあるのが、母国愛の強い彼ららしいです。




◆◆◆

YouTubeでちょっと見てみましょう。

b0015362_058341.jpg
YouTubeでTunamericaのテネリフェ公演を見る




ほらね、やっぱクアトロ入れてるだけじゃなくて、途中からプレーナとかやっちゃうし。(スペインのカナリー諸島への遠征の画像)
◆◆◆

公演は既に5/17からスタートしていて5/30まで聴くチャンスがあるようです。
ぜひともプエルトリコ国旗持って行って、応援しましょう。

昨日は富士山見に行ったらしいけど、ほら、やっぱり旗出してる。

b0015362_17355.jpg

5/17 (日) 藤沢・湘南台 18:00-
5/22 (金) 熱海 18:00- (チケット完売!)
5/23 (土) 三島・清水町 14:00-
      三島・広小路 18:30-
5/25 (月) 三島・大学 10:00-13:00
5/30 (土) 東京 18:45-  (どこでやるんだ?だれかおしえてくれー)


プエルトリコ、そしてスペインの文化に興味のある方、もう二度と見れないですよ。
ぜひどうぞ!
[PR]

by mofongo | 2009-05-22 01:00 | Musica