<   2009年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2009年 07月 01日
クアトロ完成!
マイ・クアトロ、手に入れてからも10年経つけど、ハイ・ポジションがちょっとスムーズでないので、もう1本欲しくなっていました。

b0015362_02322.jpg

クアトロって、いわゆる楽器屋にずらっと並んでいてそれから選ぶ、って言うような形じゃなくて、工房に行って買うのが主流。

工房で、職人さんが手作業で作っているのです。だから、好みの音、形、かざり細工などにこだわるなら、まず工房・職人さんを選ぶところからスタート。

で、どのマエストロのクアトロにするか?






b0015362_032910.jpg
プエルトリコのクアトロ奏者のトップ2エドウィン・コロン・サヤスプロディヒオ・クラウディオに相談してみました。(最初の写真がエドウィン。2番目がプロディヒオ)

すると、二人から出てきた名前は、やはり予想通り、巨匠ハイメ・アリセア


アリセア名人はベガ・バハの緑深い山の中に工房を構える、まさにヒバロな職人。エドウィン、プロディヒオ、ペドロ・グルスマン、ヨーモ・ロト、キケ・ドメネチ・・・と彼のクアトロを愛用するプレーヤーは数知れず。

このドン・アリセア、もともとクアトロ、ヒバロ音楽の大好きなお百姓だったけど、どうしても自分の気に入るクアトロがない、って作り始めて、その楽器の素晴らしさが評判となって、クアトロ作り一本でこの道一筋。だkらクアトロも上手いし、一家全員が音楽やってる。楽しいねえ。

→一仕事を終えて工房の端っこで演奏するアリセア一家をYouTubeで見る


一度、マガジンハウスの「Brutus」誌がプエルトリコ特集をした時にも紹介されていたので、知っている人もいるかも。(いや、ほとんどいないかも)

b0015362_051612.jpg


良い物は基本的に注文を受けてから作る受注生産。注文する人の音の好みを聞いて、寝かせてある木
から最適なものを選んで、じっくり削りだしてボディーを作るのです。

ほんとは工房に通って、ああだこうだ、ボディーはラウレルの木が良い、いやマホも悪くない、いやグァラグアオの木だ、とか話して楽しみながら仕様を決めるのだけど、さすがに毎週末、ビールとレチョン携えてお邪魔するにはプエルトリコはちょっと遠い。

なので、プエルトリコ人の友人に間に入ってもらい、音の好みとか響きとか色々話してお願いしておりました。

そして、昨日連絡が来ました。ついに完成!写真を送ってきてくれました。

じゃん!

b0015362_085834.jpg

丁度、来週日本人の友人が島から帰国するので、引越し荷物に入れてもらう事に。一月ほどで日本にやってくる予定。

どんな響きかな。楽しみです。
[PR]

by mofongo | 2009-07-01 00:09 | Musica