<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2010年 06月 06日
ジョー・バターン / Joe Bataan@アサヒ・アートスクエア June 5,'10
b0015362_0264549.jpg


銀座線でダウンタウンの銀座から北へ。神田あたりを境にムードが変わる。NYの4・5・6番なら96丁目って感じ。とすると飾らぬ下町浅草は116から125丁目?駅を出た先には、ハーレム・リバーならぬ隅田川。

川を渡って開演チョイ前のアートスクエア前は当日売りを待つ列。横をすり抜けてホールへ。オール・スタンディングのフロアに入るとなにやらにーちゃん、ねーちゃんって風情多し。クラバーっつーのともちょっと違う。空気にエネルギーがたまっている。良い感じ。

b0015362_1155168.jpg
がっつりと不良なNYラテンがかかる中、まずビールで渇きを止めてフロア真ん中へ。タフで、でかくて、かっこいい!に―ちゃんたちの一群。あのアッパーのロゴは北の国のローライダーの男達。ビール片手にめちゃ熱い。

やばい、やばいよ」「もう、声でねー」「おれの気持ちわかってくれっか」「生バンドでジョーだぜ」あぁ、そうなんだよぁ(涙)。


ステージにメンバーが現れる。リズムが動き出しMCのチャーリー宮毛がイントロダクション。
にいちゃんたちの興奮高まる。「あー、おしっこもれそう」「やべー、うそだろー」
周りを見るとみんな同じ目でステージを見つめてる。あ、自分もか。


来た!ジョー・バターン

赤のジャケットをスポットが照らす。フロアから強力な圧力の歓声。ついに来たぞぅ。

「Good Everning, Tokio!」
b0015362_029562.jpg


◆◆◆
あとはひたすらジョーの世界に浸るのみ。

3曲目「My Cloud」の出だし "Thank you Lord for cloud you made me・・・"で一挙にソウルの甘い世界へとパンチを喰らい、「When Sunny Gets Blue」"でスイングに感電。

The Prayer」でロー・ライダー組、ひらすら泣き。こちらも泣き。彼ら、つれあいとしっぽり。

Subway Joe」はフロア爆発!

Puerto Rico Me Llama」はピーター・"チャッキー"・キンテーロが歌を受け持ち、バターンとイヴォンヌがコロ。マサ・池田のトロンボーンが吠える。さすが、80年代ジョーと共演したツワモノ。パンチがベビー。

b0015362_035127.jpg
メンバーは:
ピーター・"チャッキー"・キンテーロ/Peter "Chuckie" Quintero Jr.(timb)
イヴォンヌ・ニトジャノ/Yvonne Nitollano(coro)
マサ池田(tb)
ウィリー・ナガサキ(conga)
田中哲也(tp)
塩川光二(t.sax)
佐藤誠(g)
あびる竜太(p)
北原実(b)
ジーン重村(ds)

・・・・

曲目はうろ覚えだけどこんな感じだった気が。

1. LATIN STRUT
2. GOOD OLE DAYS
3. MY CLOUD(from Singin' Some Soul")
4. WHEN SUNNY GETS BLUE
5. ORDINARY GUY (AFROFILIPINO)
6. I WISH YOU LOVE (Part 2)
7. THE PRAYER
8. SUBWAY JOE
9. RAP-O CLAP-O
10. PUERTO RICO ME LLAMA
11. CHICANA LADY(SPECIAL GIRL)
アンコール: LATIN STRUTで登場
12.GYPSY WOMAN

◆◆◆

b0015362_030494.jpg
ジョーの浮遊感のあるスモーキーな声は健在だった。いや、艶を増していたのが驚き。
68の親爺なんだよなぁ。ああでなくちゃ。不良性の色気とイナセなかっこよさ。
それはやっぱ"Ordinary Guy"なんだと思う。


レギュラー・メンバーでない為の小アクシデントもあったけど、ジョーが観客の反応を見ながらバンドをコントロールしてゆく様は、単に「プロの仕事」とまとめるより、コミュニケーションしてなんぼという場数とジョーのDNA。即興の歌詞でNYと東京、リズムとダンス、感謝と語りかけを織り込んでゆき歌で会話をする。曲順もその場で指示してた。


b0015362_0475551.jpg
あと、自分にとって楽しかったのは、ジョーがいじるリズム。同じ曲の中でサルサなクラーベ、ソウルなオフ・ビート、ブガルーな8つ打ちとクラップを変化させていくのに、フロアが何の違和感もなく手拍子や"ゆれ"で反応していった事。

多分フロアにはサルサ的ラテン、ソウル的ラテン/ラテン的ソウル、チカーノ的ラテン、'80ラテン・ディスコ、ダンス・ジャズ/クラブ・ジャズ、レア・グルーブ・・・といろんなバック・グラウンドのファンが来てたと思う(ラベルの貼り方は適当)。

ジョーの音が色々な物を含みつつ、彼にしかない個性で出来上がっている点に強いレスペクトがあるから、垣根など関係なくあるがままにリズムを飛び越えていくのだろう。

◆◆◆

フロアにはサルサを愛すると共に、いろんな音楽の話をフラットに出来る友人たちがたくさん来ていた。終わってからも冷めやらぬ気分を鎮めるもう一杯とステップと会話と笑い。


至福の一夜。
[PR]

by mofongo | 2010-06-06 23:59 | Musica
2010年 06月 01日
今年のプエルトリコ・サルサ・コングレス
今年もイスラ・ベルデのエル・サンファン・ホテル&カジノが会場。7/24から7/31の1週間です。

b0015362_212136.jpg
もう14回目になりますね。初回のコングレスが懐かしいです。たしかカリベ・ヒルトンだったなあ。

日本からは山崎清美さんやmacomoさんが来られて、まだアニバル・バスケスも元気でマンボ・レジェンドでロベルト・ロエナとパフォーマンスを見せてくれて、アンジェル・オルティスも若かった!しかし、初回に演奏したグラン・コンボは今年もまだまだ元気で水曜日に登場。

気になるプログラムは「サルサ・ロマンティカ30年スペシャル・ライブ」と銘打って、12人の歌手が登場する木曜日!バックはサルサ・コングレス・オールスター・バンド。

b0015362_2332100.jpg
歌い手はホセ・アルベルト"エル・カナリオ"(Jose Alberto "El Canario")、ウイリー・ゴンサレス(Willie Gonzalez)、ペドロ・ブルル(Pedro Brull)、プリミ・クルース(Primi Cruz)、ウイッチー・カマーチョ (Wichie Camacho)、メル・マルティネス(Mel Martinez)・・・・あと6人ってだれだ?







b0015362_2332831.jpg
フランキーはムリとして、ラロやエディーなんて来るのか?エル・カナリオが出るなら、ドミンゴ・キニョネスだってトニー・ベガだって、ティト・ニエベスだっていいじゃん。でもそれじゃギャラが足りないなぁ。じゃビティとかか?








b0015362_2344093.jpg
あと、金曜の「若手の日」NG2とティンバレーロのサミー・ガルシアのオルケスタ"エル・サボール・デ・プエルトリコ"と、グランコンボやヒルベルトに曲を提供しているキューバン、ファン・ホセ・エルナンデスのサンファン・アバナ。この辺の元気の良い音は要チェック!






なんてことを確認しに、夏休みにプエルトリコ旅行はどうでしょうか。


【スケジュール】
7/24(土)前々夜祭ですね。
8:00 pm Salsa City ウイリー・オテロ(Wilito Otero)の率いるオルケスタ。 NYからジミー・ボッシュ(Jimmy Bosch)が参加の可能性あり (to be confirmed)
11:00 pm プリミ・クルース(Primi Cruz)率いるオルケスタ。

7/25(日)そして前夜祭。
8:00 pm ラフィー・サンタナ(Rafy Santana)率いるオルケスタ。ラフィーとなれば、当然内容はエクトル・ラボー・ナンバー。

7/26(月)さて朝10:00amからのワークショップがこの日から始まります。
b0015362_2133240.jpg
8:00 pm :エル・ソン・デ・サンファン(El Son de San Juan)
11:00 pm :ドン・ペリニオン率いるオルケスタ・ラ・プエルトリケーニャ (Don Perig??n and La Puertorrique?a)。歴史も長く、数々の歌手を擁して来た名門のサウンドを楽しみましょう。







7/27(火)パフォが始まります。
3:00 pm : パフォ(子供と青年の部 )
7:00 pm : パフォ(一般の部)
9:00 pm : オルケスタ・サルサボール(Salsabor)。フロントはホスエ・ロサド(Josu? Rosado)とルイシート・ベルガラ(Luisito Vergara)。二人ともウイリー・ロサリオのとこにいましたね。
そして2人ともパルミエリともやっている。どっちも好きだなあ。

Faniaがプッシュしているようです。


7/28(水)この日からダンス・マッチが始まります。
b0015362_2264024.jpg
1:00 pm : ダンス・マッチ/第一ラウンド
7:00 pm : パフォーマンス
9:00 pm : エル・グラン・コンボ・デ・プエルトリーコ!!(El Gran Combo de Puerto Rico)。見逃す、聴き逃す、踊り逃すわけには行かないですね。








7/29(木)
3:00 PM : ダンス・マッチ/第ニラウンド
7:00 pm : ダンス・マッチ/セミ・ファイナル
9:00 pm : 「サルサ・ロマンティカ30年スペシャル・ライブ」と銘打って、12人の歌手が登場!バックはサルサ・コングレス・アールスター・バンド。

b0015362_2234386.jpg
b0015362_227750.jpg
歌い手はホセ・アルベルト"エル・カナリオ"(Jose Alberto "El Canario")、ウイリー・ゴンサレス(Willie Gonzalez)、ペドロ・ブルル(Pedro Brull)、プリミ・クルース(Primi Cruz)、ウイッチー・カマーチョ (Wichie Camacho)、メル・マルティネス(Mel Martinez)など。



7/30(金)
3:00 pm : パフォーマンス
7:00 pm : パフォーマンス
9:00 pm : "The New Puerto Rican Salsa"と銘打ったライブ。 エネヘ・ドス(NG2)、エル・サボール・デ・プエルトリコ(El Sabor de Puerto Rico)、サンファン・アバナ(San Juan Habana)が登場。

エル・サボール・デ・プエルトリコはティンバレーロのサミー・ガルシアのオルケスタ。楽しみ。


b0015362_2230100.jpg
注目はサンファン・アバナか。キューバからサンファンにやってきたファン・ホセ・エルナンデスは、グランコンボの “Arroz con habichuela”や最新盤"Sin Salsa No Hay Paraiso"、NG2の“Ella se menea”、ヒルベルト “Conteo regresivo"など最近多くの曲を提供してる若手のコンポーザー兼歌手兼ベーシストでもあるし、是非聴いて見たい。今までアルバムも2枚出している。

デビュー盤ではイスマエル・ミランダやらジェリー・リバスやらルイス・ベルガラやら、サミー・ガルシア、ハビエル・オケンドとかがサポート。




7/30(土)
2:00 pm : ダンス・マッチ/青年の部(18才以下)決勝Salsa Open Finals YOUTH (18 years and under)
4:00 pm : ダンス・マッチ・ペア/決勝
6:00 pm : ダンス・マッチ・チーム/決勝
9:00 pm : 締めはオルケスタはホセ・アルベルト"エル・カナリオ"(Jose Alberto "El Canario")です。弾けそう。


ダンサー、インストラクター、チームの参加は:
b0015362_231346.jpg
プエルトリコからはおなじみのステイシー・ロペス(Stacey Lopez)、ホルヘ・サンタナ(Jorge Santana)、ビビアン・アヤラ(Vivian Ayala)、パパ・タンボール(Danzarines de Papa Tambor)以下、Sabor Latino、Jhesus Aponte、Tito Ortos & Tamara Livolsi、Las Reinas del Mambo、Jayson Molina、Young Blood、Dicky Colon、T&T Dancers Coabey Dancers、Rompecabezas、Esencia Caribe?a、Jean Carlos Rosario、Essence、Unique Style、Razaとかなりな数。

海外からは、NYかはPalladium Mambo Legendaなどなど、あとニュージャージーやバンクーバー、イタリア、スペイン、アルゼンチン、ブラジル、マルティニーク、ベネズエラ、ルーマニ、パナマ、カナダなどなど。

オフィシャルDJはプエルトリコ、イタリア、アルゼンチンから

参加の料金は、「パス」で通しで見る・聴く・踊るのと、個別のプログラム毎払うのと2通り。

パスは①FULL PASS(ワークショップやパーティーと夜の部): $300.00 ②CERTIFICATION FULL PASS(①に5時間の特別レッスン) : $500.00 ③NIGHT PASS(夜の部のみ): $200.00

あとバラでレッスンやパフォ、競技見学、コンサート参加するなら各$10-$30くらい。



コングレスで踊り足りない人はオールド・サンファンに繰り出しましょう。例えばホテル・シェラトンの"Latin Roots Restaurant-Club"では7/21-7/23はこんなプログラム。

http://www.thelatinroots.com/

7/21(水)8:00 pm:CAMPEONATO NACIONAL PUERTO RICO? 1ra. Ronda Music: LR Orchestra Entrada Libre
7/22(木)8:00 pm CAMPEONATO NACIONAL PUERTO RICO ? 2da. Ronda Latin Roots Big Band (Palladium Memories)Entrada Libre
7/23(金)CAMPEONATO NACIONAL PUERTO RICO FINALES。ウイリー・ロサリオが出ます。


行かれる方、楽しんで来てください!
[PR]

by mofongo | 2010-06-01 02:01 | Musica/SALSA
2010年 06月 01日
夏のフィエスタ・パトロナレス
あー、夏がなんとなく見えてくると、プエルトリコの夏のイベントが色々頭に浮かんできます。

学校はもう7月には休みに入ってるから、海岸では若者向けの週末イベントが目白押し。ウマカオ、アティージョ、マナティ、マヤグエス、ポンセ・・・。
ビーチ・バレーやらサーフィンやら、そしてライブです。レゲトン、サルサ、メレンゲ・・・・


FM局やら飲料会社やらの大スポンサーの付く大きなイベントの一方で、昔からの各々の町のお祭り、『フィエスタ・パトロナレス』も楽しまなきゃ。

b0015362_1321029.jpg

フィエスタ・パトロナレスは、その町その町の守護神のお祭りなので、その町によって期間が異なります。1年を通して行なわれるけど、7月であれば、こんな感じ。









7/9(金)-7/11(日)アロージョ(Arroyo)、シドラ(Cidra)、アティージョ(Hatillo)、モロビス(Morovis)

7/16(金)-7/18(日)ビエケス(Vieqes)、バルセロネータ(Barceloneta)、カターニョ (Catan~o), アドフンタス(Adjuntas)

7/23(金)-7/25(日)
アイボニート(Aibonito)、ファハルド (Fajardo)、グァニカ(Guanica)、 サンタ・イサベル(Santa Isabel)、サン・ヘルマン(San Germ?n)、そしてロイサ・アルデア!(Loiza Aldea)

フィエスタ・パトロナレースではないけど、夏の定番のお祭りもあるよ。

7/2-7/4 サン・セバスチャン (San Sebastian)のハンモック・フェスティバル (Festival de Hamaca)、そしてアイボニート(Aibonito)のフラワー・フェスティバル(Festival de las Flores)。ここはきっとヒバロが聴けるね。

しかし、どこもサン・ファン近郊じゃないから、遊びに行くには、レンタかなあ。住んでないとちょっと道が不案内かも。

b0015362_1354397.jpg
Fiestas Patronales De Carolina 2009 のTV CMをYouTubeで見る




b0015362_1411572.jpg
Yabucoaの超ローカルなフィエスタで歌うCano Estremera "Trucutu"をYouTubeで見る。

Canoのソネオが好きなんです。Trutucuに合わせ"U"で韻を踏んでいる。Pikachuまで取り入れるとは!

あー遊びに行きたいなあ。
[PR]

by mofongo | 2010-06-01 01:42 | Musica