<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2011年 01月 29日
旅日記 '11.1 捕獲CDから(1) モハメド・アブドゥ
ドバイ、レバノンで地元CDを捕獲。

旅先でのCD捕獲は、店のおっちゃんや兄ちゃんに教えてもらえるのが楽しい。
ネットの情報見てネットで買うのとやっぱりちがう。

*カタカナ表記は日本のネットや本、聞こえた通りの音で。アルファベットはCDになければネットのを。でも結局アラビックの発音からするとどれもピッタリでないのだ。

まずはネットでも日本語情報の限られる湾岸地域の音Khaleej(カレージ/ハレージ/ハリージ)

1.モハメド・アブドゥ(Mohammed Abdu)

b0015362_0442845.jpg

このかぶりもの(ゴドラ/ガットゥラ/グドラとアガール/イガール)と服(カンドーラ)だけで泣けます。まさに湾岸の男。但し、この服は薄茶色とちょっと湾岸っぽくないですが。

このサウジアラビア出身のおとっつあんは1949年生まれだからもう61才。でもまだまだ新譜を出し続けてる大御所です。アシール(Aser/Asseer/Asir)というサウジの南西地方の出身。
ペルシャ湾岸ではなく紅海側ですね。山脈が連なりかなり雨も降るという一般のサウジと違うイメージの場所。

b0015362_162075.jpg

このアシール地方は相当古い歴史をもっています。で、もし聖書とか、ユダヤって何?とか思った事あって突っ込んで見た事のある人なら『聖書アラビア起源説 』(草思社/カマール サリービー 著, 広河隆一、 矢島三枝子訳)読んだ事あるかも。すごく面白い。

「古代イスラエルは今のパレスチナ地方じゃなくて、このアラビア半島のアシール地方にあった」って研究の本なのです。

b0015362_046080.jpg

そんなアシール地方出で、3歳の時に孤児になって、でも苦労して高校まで出て郵便局に勤める傍ら、歌い曲を作って、ラジオ局に認められ・・・という苦労人のアブドゥとっつあんのすこしざらっとした声は魅力的。郵便局員で作曲そして・・・というと、ティテ・クレ・アロンソが浮かびますね。

なにせ、オーセンティックなアラブ・湾岸歌謡の大御所ですからサウンドはストリングス隊とダルブッカ(タブラ)などのお約束の音に、アラブ特有の1/4音(微小音程/中立音程)を使うマカームによるメロディーの歌が美しい。何歌ってるかはよくわからないけどメロに乗るとハマる。

途中からテンポが上がる曲でも、ストリングスと掛け合いが激しくなる曲でも、アブドゥとっつあんは、熱くなる事無く、落ち着いた「語り」のような歌いぶりがこれまた魅力です。

アラブと言っても湾岸とトルコとレバノンとエジプトとマグレブでは相当違うし、湾岸と一言で言ってもサウジ、オマーン、カタール、UAEと違いがある。

そんな所を、音を手掛かりにゆっくり紐解き、アラブの事、ユダヤの事、イスラエルの事、パレスチナの事、マグリブからアンダルースの事・・・をもっと知ってカリブの音の手掛かりも探し続けたいなあ。

(例えばエジプトの男の衣裳をガラベーラ(Galabera)っていうのけどそれって西語圏カリブのグァヤベージャ(Guayabera)とどっか関係あるのか?とかね)
[PR]

by mofongo | 2011-01-29 01:07 | Musica
2011年 01月 29日
旅日記 '11.1 ベイルート
久しぶりのベイルート。タクシーでダウンタウンヘ。
好きなラジオをかけてもらう。

ロマンティックで正調アラブな男性の声。なかなかいいね。

モフォ「歌ってんの誰だろ?」
運「うーん、ちょっと待ってな、、ああ、カーズィム・アル・サーヒルだ」

b0015362_0253814.jpg

Kazem El Saher "Alrasm Bel Kalemat" (2009)

Kazem El saher - Hal Endaki Shak [English Subtitles]
YouTubeでカーズィム・アル・サーヒルを聴く

モ「カーズィム・・・って、たしかイラク人だっけ?」
運「ああ、イラクだよ。俺とおんなじイラク」


そっか。


戦火に見舞われる事の多かったレバノンやシリアの人たちは、昔からよく国外へ働きに出ていた。

60年代以降石油で潤うようになった湾岸諸国の建設を支えたのは、彼らだったとよく言われる。

欧州、アフリカや中南米にも昔からたくさん移民した。シャキーラもサルマ・ハエックもポーラ・アブドゥルも皆レバノンの血をひく。

エクアドルなんてブカラム元大統領、マワ元大統領とかレバノン系だし。


でも今は戦火を逃れた後、国外に残って働いているイラクの人たちがずっと増えた。

イラク・アンミーヤ(方言)が聞けるラジオはとても大切なものなのだと思う。



◆◆◆

ダウンタウンに近づくとビルが多くなる。古いアパートにベランダの外に日よけのカーテンがかかっているのをみるとなんだかほっとする。中近東の一角
b0015362_0303854.jpg
に来たなあというか。

ダウンタウンの真ん中には昔のグリーン・ラインが大通りとして今も健在。
東ベイルートと西ベイルートを分ける緩衝地帯だった。

ぷらぷら散策する。ここそこに銃をもった警官や兵隊が警戒をしている。


レバノンでは先週ヒズボラ系閣僚が一斉辞任して連立政権が崩壊したばかりだ。

現首相の父のハリリ元首相暗殺事件(05年)を審理にからんでイスラム教スンニ派のハリリ首相側に反発するシーア派組織ヒズボラ系の閣僚11人が一斉に辞任したのだ。

ヒズボラは元々対イスラエルで武力行動を行ってきたから、こじれるとまたレバノンに戦火がやってくる可能性がある懸念もある。

そんな緊張感をダウンタウンの日常に感じる。

やはり頭に流れるのはフェイルーズの「ベイルートよ(Li Beirut)」

b0015362_0343710.jpg

このアランフェス協奏曲のメロを聞くと、日本じゃまずイエペスのギターか、チック・コリアがジム・ホールってことなんだろうけど、こっちじゃそんなもんほとんど思いつかないのじゃないか。何といってもフェイルーズのこの曲だろう。

Fairouz- "Li Beirut"
YouTubeでFairuzを聴く

そして夜は、ここの友人と大宴会。地酒のアラックは何本もあけて大笑い。

b0015362_0401040.jpg

友「俺たちは4000年前のフェニキアの時代から、あっちから責められたり、こっちから侵攻されたり、キリスト教、イスラム教のシーア、スンニ、ユダヤ教・・といろんな宗教が共存する中で生きてきた。

だから現実的だし、同時に享楽的なんだよな。モフォさん、人生は一回きりだからさ」

モ「そだよね。享楽的と現実的がひっついてるのが真面目に生きてるってことかもねぇ」

友「がはは、ま、ややこしい事言わないでさ、そうそう、こんな話があるよ、アラブの富豪のじじいがさ・・・」

こうやって昨晩は更けていったのだった。
[PR]

by mofongo | 2011-01-29 00:40 | Viaje/漫遊記